FC2ブログ
ふつうのブログ。
好きなもの、スキナコト、たのしい、うれしいを。いつも。ふつうに。
南三陸へ。
ようやく行ってきました。

行きたかったのだけれども、
行ってもいいのか。と
なんとなく思っていたりとかして、
行けなかったのだけれども、
この3連休の1週間前くらいに
時間とか日程とかの感じとして行けるな。って、
思いだしてからもう行くしかない。
みたいな気分になって。

東京から仙台。そして南三陸へ。
DSC_0067.jpg
台風の影響が心配されたけれども、
強風だけで、晴天。海は穏やかでした。

目的地の南三陸さんさん商店街は、
大変にぎわっていて、海鮮丼的な食事を求めて、
行列ができているところもありました。

Fotor_153888876470512.jpg
お土産屋さんを眺める途中で見つけた写真屋さんの
展示館へ。
そこで見た写真たちがとても衝撃で、
何度も映像で見た気がする、あの津波の
凄まじさを、この日初めて、
ようやく知れたような、そんな気がしました。
津波の恐ろしさのとなりで、
救援を待つ間の寒さとか、
卒業式の準備で満ちた体育館が
避難してきた人でいっぱいであったのとか。
それまでと、それからのいくつもで。

なにも知らなかった。というか、
わかっていなかった。という思いが、
めちゃくちゃ来ました。
でもだからこそ、来れてよかった。とも。

DSC_0074.jpg
防災対策庁舎の当時と今。


お土産は、ほたてと、ビールと、秋刀魚ラーメン。
Fotor_153908147665329.jpg
このパッケージ、なんだかとても素敵です。

また来ようと思います。

2018年10月7日。


おわり。





スポンサーサイト
さいごのぼくりり。
9月21日。
夜のニュースで発表された
"ぼくのりりっくのぼうよみ"終了のお知らせ。
(活動は2019年初頭まで)

Fotor_153787512412959.jpg

それから4日後。
「僕はもう......」と題されたツアー初日。
どんなココロモチで行けばいいのか
わからないままとりあえず会場へ。
そして開演。

バンマスのカズタケさんとDJ HIRORON、
新しくギターの方が入った新しい編成。
ぼくりりくんが登場して、熱が上がった会場。
で、イスに座ってうたう。
(あ、そういう感じで演るの?って
びっくりはしました。笑)
はじまりの数曲はそのまま進む。

MCのタイミングで
イスに座ってると後ろの方見えないですか?
と問いかけて応えて、立ち上がってうたう。

コトバ少な目にどんどんうたう。
わりと早めに「つきとさなぎ」が鳴って
天を仰ぎました。これやるのか。って。

曲順は定かではないけれども、
「Newspeak」が聞こえたときは、
なんとなくひさしぶりな感じがして、
でもMVを初めてみたときの記憶とか
その映像とかを憶えていて、
遠く時間を経たような気分になったりしました。

前回のツアーでめちゃくちゃたのしくて、
以来まんまとどんどん好きになっていた
「Butterfly came to an end」もうれしかったです。

で、ぼくりりのおわりについての話と、
文化や芸術の話とをつないで、「For the Babel」

曲に対しての話をこんなにも(あんなにも)
コトバをつかって、伝えてくれるのが
はじめてのような感じがして、
ようやく20か30くらいだった理解が、40か50くらいまで
いったかもしれないな。と、
いっていたらいいな。と、思いたい気分になりました。


めずらしく1曲1曲を抜粋して書くのは、
最後だし、おおむねギュウギュウにのせてくるだろう。
と思ってたのを覆されたからです。

あっという間というのも惜しいほどに、
終わってしまった。

それでも、聴くことのできたそれぞれが、
とてもたのしくて、やっぱりぼくりりのうたごえや曲が
好きだなぁー。って思ってきました。


ライブで初めて聴く「輪廻転生」がめちゃくちゃ
素晴らしかったです。
もう聴くことができない。と、文字にして、
実感するのだけれど、だからではなくて、
あの日のライブの1曲として、素晴らしかったです。


新宿のタワーレコードで「hollow world」を試聴して、
なんだこれ。すごい。と思った日を
いまだにめちゃくちゃおぼえています。

3年間ありがとうございましたー!

おわりー!







見たかったものを見に行く日。
3連休の中日に謎の頭痛に見舞われて、
全然なんにもできなかったので、
最終日の今日は早めに行動。
行きたかったところ。
クリープハイプのすべ展。へ。

DSC_0039.jpg
歌詞可視化してました。すごい。

「寝癖」の展示が素敵だったので、
ゼヒ見にいってほしいです。

帰りに「イト」のガチャをまわしたら、
まさかのうしろ姿尾崎さんでした。笑。
Fotor_153776009908856.jpg

その後は、銀座。
the HIATUSの写真展へ。
慣れない街でウロウロして、
ようやく見つけた会場は
とても静かにずっと見ていられる空間でした。
メンバー5人が揃っている写真が、
完全に素敵でした。

音楽が聴きたい。


そんな1日。


明日はついに、アルバムフラゲ日です。
待ち遠しかった。
「泣きたくなるほど嬉しい日々に」

そして、さらにおよそ2カ月後くらいに、
the HIATUSのツアー。
待ち遠しいを一層詰め込んで、
期待して日々をすごしていきます。

謎の頭痛はしんどかったけれど、
今日行くことができてよかったです。

そういうふうにできている。


おわり。


THE LITTLE BLACK。
去年の9月の初ライブとか、
RO JACK優勝!とか、
初ワンマンだとか、
完全に大好きだし、応援したいバンド、
THE LITTLE BLACKの初!
MVが、公開されました!


やったー!が第一声。
完全にカッコイイ。それがうれしい。

2018年に入ってからのライブ音源を
今年に限って、一定期間内で
無料ダウンロードさせてくれるおかげで、
たくさんの楽曲を耳にすることが
できているのだけれど、
これは、別物。桁違い。

ミニアルバムが10月3日に発売!

もうすぐ。

待ち遠しいとかもあるけれど、
単純にカッコよすぎて、何回もみちゃうな。


「ドロミズ」


おわり。




アートアクアリウムとか。
暇だったのもあるし、
出かける先を探してたときに
みつけてしまったのもあるし、
もしかしたら、ええ感じの写真撮れるかも知れん。と
思ったのもあるし。ということで、
日本橋。アートアクアリウムへ。

行く前に奈良のまほろば館に寄ったら、
期間限定で二十世紀梨を売っていて、
思わず買いそうになったのだけれども、
梨もってアクアリウムもないな。と思って、自粛。

入場。
暗がりに赤。とシンプルに言えたら、
よかったのだけれども、大音量の音楽と、
人。ひと。ヒト。つまり、混雑。

それでも照明と金魚やら鯉やら、
そのあたりの種類のお魚やらで、いろとりどり。

Fotor_153710792544730.jpg _20180916_232125.jpg
Fotor_15371079876324.jpg
照明によって、赤の金魚の見え方が全然変わる。
のがおもしろかったし、屏風の体裁でデザインされた景色は
すごかったです。だいぶ夢中で、見てきました。
新しい昔話を創作できそう。とか、
思ったりしました。できないけれど。笑。

屏風の写真はええ感じのが撮れなかったので、割愛。笑。

大きめに育った品種が、小さめの希少な器に展示されていて、
なんとなくもう少し広いところで泳がせてあげたら。と
思ったりしましたけれども、まぁ。そういうもんですよね。とも。
自分があの金魚だったら、しんどいな。とは、
思わずにはいられなかったですけれど、
でも、見に行っている方なので。美しかったです。

そんな連休の中日。


そういえば昨日は、日曜日に読み始めた
「映像研には、手を出すな!」について、
twitterでも感想をつぶやいていたのだけれども、
それが作者の大童 澄瞳さんのアカウントに
リツイートされていて、
めちゃくちゃ驚いた土曜日でした。

そういう世界というか、こういう世界というか、
"今"ってすごいな。と単純に思います。
思い描いてはいなかったけれど、未来。

ちなみに、作者さんにリツイートされたのは、
シノダさんの「地球物語」感想につづいて、2人目です。

うれしみしかない。

大好きな作者に声が届くなんて。

今という未来がどんどん進んでいってほしい。

追いつけないけれど、追いつく努力をして
もっと未来へ行きたい。




そんな1日。



おわり。

copyright © 2018 ふつうのブログ。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.