ふつうのブログ。
好きなもの、スキナコト、たのしい、うれしいを。いつも。ふつうに。
in fantasia ツアーファイナル‼
アルバム「fantasia」が4月に発売されてから幾星霜。
待ちくたびれて、夏が来る。
それくらいに待っていました。
LAMP IN TERRENさんのツアー"in fantasia"ツアーファイナルへ。

スペシャアプリで配信されるとの予告が
ありつつ、でも私にとっては、最初で最後の"in fantasia"なので、
とにかく、いつもどおり、目の前のライブを楽しもう。と。

で、開演。
大さんの気負いがすごい。
音が、歌詞が、とぶ。。。
チカラのは入りようがすごい。
そして、とぶ。だいぶ。笑。

で、最初のMCで、ガチガチ感を発表。笑。
手が震えてるようにもみえました。
気のせいかもしれないけれど。
ライブ配信の存在がかなりプレッシャーになっていた
感じでした。たぶん。

それでも、曲をすすめていくうちに、
メンバーのMCで笑ったりするうちに、
どうにか取り戻してきた感じがして、
そこからの巻き返しは、さすがでした。

めちゃくちゃ楽しかった。
「heartbeat」が素敵でした。
大好きな「とある日木漏れ陽より」や
「multivers」がうれしかったです。

「地球儀」の間奏、ギターの真ちゃんの見せ場で、
大さんがフロアに降りることで、
(意図的ではないにせよ)
その見せ場を華麗にかっさらっていったところが、
ハイライト。笑。
すごいシーンみたな。って。

あとは、ぱらっちのMCがおもしろかったのと、
あいかわらず健仁さんが客席にとばしてくれる
笑顔がさわやかでした。雑。笑。

秋からのツアーも発表されてたので、
また来ます。

いい夜になりました。最高。





素敵なバンドなんだ。
みんなに聴いてほしいんだ。
素敵なバンドなんだよ。


おしまい。





スポンサーサイト
源くんワンマン!ついに!!!
いつかのRADWIMPSさんと同じように、
行けるとしたら、ここしかないなぁ。と、
申し込んでみたら、まさかの当選!奇跡の当選!!
していたので、行ってきました!

星野源さんのワンマン。ついに。ようやく。です。
ツアー「Continues」!
Fotor_149708338461164.jpg

ツアーはまだまだはじまったばかりなので、
詳細は省略。

ただ、ライブがはじまって2・3曲目で、
源くんの表現方法に"音楽"があってよかったな。と、
源くんが音楽好きでよかったな。と、
そう思いました。

なぜそんな感情がきたのかは
わからないけれども、
そう思ってしまうようなステージでした。

そして、バンドが豪華。というか、贅沢。
管楽器も弦楽器も打楽器も。あとは・・。
とにかくこの体制でツアーまわっているなんて
すごいな!っと。
もちろんそこで鳴る音も贅沢。

音だけではなくて、ライブを構成する
そのすべてが、贅沢で、すばらしくて、楽しくて、
ついでにあの場所にいたお客さん全部でできた
環境がすばらしくおもしろくて、
ほんとう、今日来てよかったな。と。
ありきたりだけれども、そう思えました。
この日が最高なんじゃないかって。笑。

あと、恋ダンス踊れる人の多さにびっくりしました。
両サイドほぼ完ぺきの人で、ビビりました。
そのくらい浸透しているんだねぇ。

ほいで、源くんがギター弾くときに
"スイッチ入る"感じが見れて、知れて、
うれしかったです。
(スイッチ入る≒演奏に夢中になると、カラダの動きが
硬く・固くなり、機械っぽさがでちゃう感じのこと。を
私が勝手にそう呼んでいます。
ちなみにTurntable Filmsの井上さんのギターで
顕著にみられる光景です。笑。)


次はいつかなぁ。

でも、きっと、絶対、また行くよ。

素晴らしい夜でした。



おわり。
ヒトリエ"IKI"ツアーファイナル!!!!!
初ワンマン!で、ツアーファイナルです。
期待感バシバシ。
待ちに待った感もバシバシ。

そのバシバシを完全に超えてきました。

はじめっから熱狂。
ちょっと泣きそうになる実感。ワンマン来た!って。
2曲目に大好きな"ワンミーツハー"。
フロアギュウギュウ。
からの「IKI」の曲たち続々。
ライブで聴くアルバムの曲は、
どの曲もめちゃくちゃにかっこよくて、
楽しくて、口角上がりっぱなし。笑。

"極夜灯"のwowakaさんの声が、
ていねいで、やさしくて、
つよくて、エネルギーに満ちていて、
その強弱がほんとうに素晴らしくて、
こんな声でうたうんだな。って。
発見でも、実感でもないけれど、
そんな風に。
受け取ることができました。
すごかった。

それからはもう。
全開。笑。
めちゃくちゃカッコイイのね。ほんとう。
"超えてきてる"の度がすごい。
楽しいもすごい。

で、MCで尽くしてくれるコトバがつよい。
正面から、
"がんばって。がんばるから。明日を。生きよう。"
みたいなコトバを飛ばしてくれると、
それはもうほんとうに、自分の中に届くというか、
正面から受け止めるしかないというか。
その感じが、とても誠実な感じがして、
澄んだ時間だったような気がします。たぶん。

それを経ての"リトルクライベイビー"は
もはやずるい。笑。くらいの美しい流れ。

アルバム「IKI」を一層好きにさせてくれるラインナップでした。

Fotor_149415520120942.jpg

またワンマンで。
逢いましょう。

あ、nexUsも楽しみです。ね。



この曲のイントロ素敵すぎます。ベース入るトコロが好きです。



おわり。

2017年のフェスはじめ!
ビバラロック!!です。
IMG_6rnrjc.jpg
ヒャッホイ。

フェスはじめのはじまりは、
DENIMS!
いつか、たしか、横山健さんがMステに出演した日の夜、
下北沢ではじめてみたの以来の2回目。
めちゃくちゃ楽しみにしていました。
カマチューさんの声がやっぱりすてきで、
おかゆさんの跳ねるように弾くギターが健在で、
"BENNY"が聴けてうれしくて、最後の"たりらりら"に
おどろいた。そんなステージでした。
期待通りに楽しかった。です。

次いで、mol-74。
立ち位置が個性的で、ドラムが左横にいるので、
ふだん(奥にいることが多い位置)なかなか見られない
ドラムの感じをみる機会になりました。
ほいでシンリズム。初。
シティポップ感あるなぁ。って。
ほんとうのシティポップがどんなものかはよくわからないけれども。笑。
ルーツが一体どこなのか。って、気になってみたりしました。
yahyel。こちらも初。
くせがすごい。ひとことにすると。ね。笑。
満員のなか、VJの山田さんがチラッとみえたりして、
うれしかった。です。

VIVA LA J-ROCK ANTHEMS。
錚々たるバンドメンバーのなか、ゲストボーカルを迎えて、
楽曲を演奏。
石毛さんの"ultra soul"で開演。アツい。
そしてウケる。この感じすごい。笑。
ホリエさんがミスチルの"名もなき詩"を熱唱。
引き続き、この感じすごい。笑。
そして登場。SKY-HI×ぼくりり。
まさかのメドレー。まさかの"LOSER"も(超絶びっくり)。
そして、SKY-HI氏のお兄さん感がすごかったです。笑。
素敵すぎました。ふたりとも。
ラストに谷中さんのモンパチ。このインパクトがもう。
最後にみんなで「肩組もう!」て、なったときの
ぼくりりと谷中さんの身長差もすごかった。笑。
語彙ゼロですけれども、なんやかんやでスゴスギました。

ほいで、ストレイテナー。
安定の。いや、それ以上のステージ。
かっこいんだよな。バンド。
去年もこのステージで聴けた気がする
"DAY TO DAY"がうれしかった。
そろそろワンマンに行った方がいいような気がしています。

ラストはG&TGNT。
ここちよくちからをぬいてきいていられるおだやかなじかん
すてきでした
(雑なんじゃなくて、こういう空間なんです。笑。)

ギュウギュウに詰め込んでヘトヘトになるまで
遊んだ素晴らしい1日でした。

次のフェスはいつかなぁ!


おしまい。




サイダーラボで重大発表!!
サイダーガールの自主企画「CIDER LABO Vol.4」へ。

大好きなテレンと、
音楽もライブも初めてのONIGAWARAとのスリーマン。

トップにテレン。
林檎の理はじまり。好き。
そして、きづいた、気合バチバチ。
気負いもバチバチ。
エネルギー爆発させてました。
大さん。
つよそうでした。なんとなく。笑。

ひさしぶりの「緑閃光」とか、
だいぶひさしぶりの「send me」がうれしかった。

そして、アルバム『fantasia』からの「地球儀」が
とても楽しかった。ツアーが楽しみです。
あと「pellucid」すきだな。って再確認。素敵。


で、ONIGAWARA。
事前知識ゼロだったのですが、
めちゃくちゃ楽しかったです。楽しかったというか、
おもしろかった。爆笑の領域で。
左のひとなにしてんの?って、
何回も思いましたけれど、
それがめちゃくちゃ重要なんだな。とも。笑。
テレンとは別のエネルギーが全開でした。
会場がざわつくレベルで。笑。
新しい世界。


ラストにサイダーガール。
ゆりんさんののびる声が、
とてもきれいに響いていて、素晴らしかった。
緊張しているのがヒシヒシ伝わるMCと
コールレスポンスの感じで、
(なんとか盛り上げたい!
でも、スッとはいけない。。みたいな風)
ベースのフジムラさんのキャラクタが、
わかりました。なんとなく。ほほえましい。笑。

「魔法」が、好き。
「夕凪」が、好き。
「アイヴィー」がよかった。
それ以外の全ても。

もっと、ずっと聴いていたい。と思うような。
それでも終わりはきて。

アンコールを待っている間に、
ステージ上に幕。
映像。


メジャーデビューのお知らせ

会場内騒然。歓喜。悲鳴。拍手。

すごい瞬間に立ち会えました。


デビューシングル「エバーグリーン」を、
早速鳴らしてくれました。


これから、たのしみだな。もっと、ずっと。


そんな風。

とても濃い夜になりました。



音楽はすごい。


おわり。



copyright © 2017 ふつうのブログ。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.