ふつうのブログ。
好きなもの、スキナコト、たのしい、うれしいを。いつも。ふつうに。
THE LITTLE BLACK はじまり!!!
Getting Betterというイベントで
ライブやります!という発表を聞いて以来、
この日が待ち遠しすぎました。

どんな音楽が聴けるのか、どんなステージになるのかを
想像して朝からニヤニヤしちゃうくらいには。笑。


おなじイベントには他に3組。
トップバッターはGarasさん。
このイベントの主催の片平さんのバンド。
VJ、DJ、ギター、キーボード的なもの、コーラス、ボーカルで
編成された音楽は、キレイな感じで響きました。
あと、ボーカルの人、めっちゃ肩動くなぁ。って見てました。笑。

続いて、entさん。
ストレイテナーのホリエさんのソロです。
今年発売の「ELEMENT」からたくさん演奏してくれました。素敵。
そして、ラストにAerosmithのカバー。
「I don't want to miss a thing」。これまた素敵でした。
ホリエさんのうたごえいいよねぇ。

で、Yap!!!
活動休止中のthe telephones 石毛さんの新たなバンド。
なんだかめっちゃ楽しそうで、よかったねぇ。って思いました。
あとは、高音すごいな。と。こんなに維持できるもんかね。と。
そしてすごいロックでした。DISCO!!って叫ぶ端々に、
ロックがすごいいました。


そしてまさかのトリ!に、THE LITTLE BLACK!!!
はじまってすぐ、もうカッッコイイ!
のび太さんがうたう曲が、ハズすリズムが、
つよい音とその裏で叩く細かめの音の
マットさんのドラムが、
彩さんの響くベースが、
今まで以上に弾くギターが、そういう全部で。
完全にかっこよかったです。それしかない。
届く日本語詞がなんだか新鮮だったりもしました。

もっと聴きたい。また見たい。が、すごいです。

待ち遠しかった今日だけれども、
このライブをみて、"これから"が、
また待ち遠しくなりました。


次はいつかなぁ。



おわりー。



スポンサーサイト
久しぶりのライブ!tacica!!
フェスだらけの8月にひとつもフェスに行かず、
もちろんあらゆる場所でフェスだらけなので、
通常のライブの予定もなくて、
この日までが長かった。ほんとうに。

tacicaさんの「新しい森」発売ツアー、
"PLEASURE FOREST"さいたま公演へ。

ツアー3本目なので、詳細は後日にまかせて、
残ったキオクを羅列。

全編4人編成のステージは、勢いがすごい。
アツい。
ドラムの城戸さんが出す楽しそう感がすごい好き。
素敵。右手でスティックを振り回す様がいい。
初めて城戸さんがたたくステージを見たのですが、
ほんと、なんかいい。笑。雰囲気が。いい。

猪狩さんがメンバーそれぞれと目を合わすというか、
お互いと見合う感じが新しかった。多かった。気がする。
たぶん。

「mori」のベースがめちゃくちゃすごい。と目の当たりにした。
あんなにも指うごくかね。くらいに。
あと、やっぱりグッズ紹介の時間がおもしろい。
3人が小西さんをいじる感じがすごいいい。笑。

そして、どの曲が鳴ってもうれしい。
好きな曲ばっかりだな。を実感するライブでした。さすが。

MCの際、
"言いたいコトはすべて作品=新しい森に詰め込んだ"って
言い切ってくれました。猪狩さん。

さまざまな場所を回ってかえってくる
11月末のツアーファイナルが楽しみです。

たくさん聴いて、恵比寿リキッドルームで逢いましょう。
みんなで。








サイダガメジャーデビュー!!!
オドロキの「CIDER LABO Vol.4」からおよそ2か月。

ついにこの日がやってきました。
サイダーガールメジャーデビュー。
それを記念したイベント、「ぼくらのサイダーウォーズ2」へ。
行ってきました。

開演を待つ会場で
ストレイテナーの「ROCKSTEADY」が鳴って、
この世代にもテナーが!って若干エモくなったりしつつ、
はじまり。

群青。
オーバードライブ。

で、いくつかやって、
デビューシングルのカップリング2曲を
立て続けに。
CDで聴いていて、「光って」がなんだか
どうにも好きだったので、聴けてうれしかったです。
音源とは若干違う印象。
また次に聴くことができたら、
もっと違う印象になっているんだろうな。とも。

それからメンバーからコメント。
ベースのフジムラ氏は、
25歳の誕生日までにデビューできなかったら、
別の道に進むことを決めていたそうで、
それがまさかの昨日!(7月25日)で、
本人曰く、昨日はフラゲ日で、CDは世に出ていたから、
セーフ。とのことでした。笑。
劇的。笑。

ほいで、3年前にはじめてライブをした時の映像を
みんなでみて、やせてたね。とか、MC上達しないね。とか、
ほほえましいやりとりがあって、演奏再開。

どの曲をとっても、しっかり楽しくて、
このバンドの音楽すきだわーって、
ちゃんと思える内容でした。
最後は「エバーグリーン」でおしまい。

アンコールで演奏してくれた、
アレンジバージョンの「寝ぐせ」が素晴らしかったです。


これからはじまり。楽しみです。
たくさんの人に聴いてもらえるバンドになるといいな。と。

そんな風。





おわり。





in fantasia ツアーファイナル‼
アルバム「fantasia」が4月に発売されてから幾星霜。
待ちくたびれて、夏が来る。
それくらいに待っていました。
LAMP IN TERRENさんのツアー"in fantasia"ツアーファイナルへ。

スペシャアプリで配信されるとの予告が
ありつつ、でも私にとっては、最初で最後の"in fantasia"なので、
とにかく、いつもどおり、目の前のライブを楽しもう。と。

で、開演。
大さんの気負いがすごい。
音が、歌詞が、とぶ。。。
チカラのは入りようがすごい。
そして、とぶ。だいぶ。笑。

で、最初のMCで、ガチガチ感を発表。笑。
手が震えてるようにもみえました。
気のせいかもしれないけれど。
ライブ配信の存在がかなりプレッシャーになっていた
感じでした。たぶん。

それでも、曲をすすめていくうちに、
メンバーのMCで笑ったりするうちに、
どうにか取り戻してきた感じがして、
そこからの巻き返しは、さすがでした。

めちゃくちゃ楽しかった。
「heartbeat」が素敵でした。
大好きな「とある日木漏れ陽より」や
「multivers」がうれしかったです。

「地球儀」の間奏、ギターの真ちゃんの見せ場で、
大さんがフロアに降りることで、
(意図的ではないにせよ)
その見せ場を華麗にかっさらっていったところが、
ハイライト。笑。
すごいシーンみたな。って。

あとは、ぱらっちのMCがおもしろかったのと、
あいかわらず健仁さんが客席にとばしてくれる
笑顔がさわやかでした。雑。笑。

秋からのツアーも発表されてたので、
また来ます。

いい夜になりました。最高。





素敵なバンドなんだ。
みんなに聴いてほしいんだ。
素敵なバンドなんだよ。


おしまい。





源くんワンマン!ついに!!!
いつかのRADWIMPSさんと同じように、
行けるとしたら、ここしかないなぁ。と、
申し込んでみたら、まさかの当選!奇跡の当選!!
していたので、行ってきました!

星野源さんのワンマン。ついに。ようやく。です。
ツアー「Continues」!
Fotor_149708338461164.jpg

ツアーはまだまだはじまったばかりなので、
詳細は省略。

ただ、ライブがはじまって2・3曲目で、
源くんの表現方法に"音楽"があってよかったな。と、
源くんが音楽好きでよかったな。と、
そう思いました。

なぜそんな感情がきたのかは
わからないけれども、
そう思ってしまうようなステージでした。

そして、バンドが豪華。というか、贅沢。
管楽器も弦楽器も打楽器も。あとは・・。
とにかくこの体制でツアーまわっているなんて
すごいな!っと。
もちろんそこで鳴る音も贅沢。

音だけではなくて、ライブを構成する
そのすべてが、贅沢で、すばらしくて、楽しくて、
ついでにあの場所にいたお客さん全部でできた
環境がすばらしくおもしろくて、
ほんとう、今日来てよかったな。と。
ありきたりだけれども、そう思えました。
この日が最高なんじゃないかって。笑。

あと、恋ダンス踊れる人の多さにびっくりしました。
両サイドほぼ完ぺきの人で、ビビりました。
そのくらい浸透しているんだねぇ。

ほいで、源くんがギター弾くときに
"スイッチ入る"感じが見れて、知れて、
うれしかったです。
(スイッチ入る≒演奏に夢中になると、カラダの動きが
硬く・固くなり、機械っぽさがでちゃう感じのこと。を
私が勝手にそう呼んでいます。
ちなみにTurntable Filmsの井上さんのギターで
顕著にみられる光景です。笑。)


次はいつかなぁ。

でも、きっと、絶対、また行くよ。

素晴らしい夜でした。



おわり。
copyright © 2017 ふつうのブログ。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.