ふつうのブログ。
好きなもの、スキナコト、たのしい、うれしいを。いつも。ふつうに。
サイダーラボで重大発表!!
サイダーガールの自主企画「CIDER LABO Vol.4」へ。

大好きなテレンと、
音楽もライブも初めてのONIGAWARAとのスリーマン。

トップにテレン。
林檎の理はじまり。好き。
そして、きづいた、気合バチバチ。
気負いもバチバチ。
エネルギー爆発させてました。
大さん。
つよそうでした。なんとなく。笑。

ひさしぶりの「緑閃光」とか、
だいぶひさしぶりの「send me」がうれしかった。

そして、アルバム『fantasia』からの「地球儀」が
とても楽しかった。ツアーが楽しみです。
あと「pellucid」すきだな。って再確認。素敵。


で、ONIGAWARA。
事前知識ゼロだったのですが、
めちゃくちゃ楽しかったです。楽しかったというか、
おもしろかった。爆笑の領域で。
左のひとなにしてんの?って、
何回も思いましたけれど、
それがめちゃくちゃ重要なんだな。とも。笑。
テレンとは別のエネルギーが全開でした。
会場がざわつくレベルで。笑。
新しい世界。


ラストにサイダーガール。
ゆりんさんののびる声が、
とてもきれいに響いていて、素晴らしかった。
緊張しているのがヒシヒシ伝わるMCと
コールレスポンスの感じで、
(なんとか盛り上げたい!
でも、スッとはいけない。。みたいな風)
ベースのフジムラさんのキャラクタが、
わかりました。なんとなく。ほほえましい。笑。

「魔法」が、好き。
「夕凪」が、好き。
「アイヴィー」がよかった。
それ以外の全ても。

もっと、ずっと聴いていたい。と思うような。
それでも終わりはきて。

アンコールを待っている間に、
ステージ上に幕。
映像。


メジャーデビューのお知らせ

会場内騒然。歓喜。悲鳴。拍手。

すごい瞬間に立ち会えました。


デビューシングル「エバーグリーン」を、
早速鳴らしてくれました。


これから、たのしみだな。もっと、ずっと。


そんな風。

とても濃い夜になりました。



音楽はすごい。


おわり。



スポンサーサイト
ぼうよみを聴きに。
ついにこの日が!
ぼくのりりっくのぼうよみのワンマンへ!

「Black Bird」ではじまり。
きれいでのびのびとした声が響いて、
シンプルにすごいな。と。

ファースト『hollow world』の曲と、
カバー曲。そこにまさかのゲスト!!
ほいで新曲。
「SKY's the limit」が聴けました!
夏。感がすごくてキラキラしていて、
とても好きな感じです。

そして、ふんわりしたMC、
メンバー紹介。
ふんわりしたまま終了。笑。

ここまでが1幕。

2幕は『Noah's Ark』のすべて。
これがめちゃくちゃかっこよかった。

「Noah's Ark」の世界をていねいに
表現していて、
冷静さと、閉塞と、つめたさと、
あきらめと、狂気と、
歓喜と、解放と、熱。
なんというか、そういうさまざまが
ちゃんとみえました。聴けました。
素晴らしかった。

「liar」からのラスト3曲は、
"ぼくのりりっくのぼうよみ"なんだけれども、
それを超えたような。そんな感覚になりました。
すごい。


いつかのnexUsからもう全然変わっていて、
またこれからも変わっていくんだろうな。と。
だからもっとどんどん聴いていきたいなとおもいました。



この曲大好き。

おわり。


RADWIMPS!! in 名古屋。みゃー!
行けるとしたら、ここしかないなぁ。って、
申し込んだ名古屋公演。
まさか!と思ったけれども、
ちゃんと当たっていたので、初!の
RADWIMPSさんのライブへ。

Fotor_149103503564652.jpg
ヒャッホイ!

最初から最後まで、夢みたいな時間でした。
エイプリルフールだったので、
嘘だったらどうしよう。って、
なんとなく思ってしまうくらいに。笑。

からだ全部を使って、
ステージ全部を使って、
ギターで、ピアノで、声で、
そこにある環境すべてで、
音楽という表現を鳴らしている。
そんな感覚をもらいました。
素晴らしかった。です。

やっぱり夢かな。笑。

あ。あと、ツインドラム。
が、めちゃくちゃかっこよかったです。
きっと貴重。


またいつか。きっと。


おわり。



新しい音楽と、たしかな音楽。
木曜日と、日曜日の話。
ライブに行ける日が増えると、
春がきたな。と思います。
同じ感じで、秋が来たな。もあります。

まずは木曜日。
新しい音。サイダーガール。
出逢った直後に、イベント出演を発見したので、
もう早速に。行ってきました!

はじまってまずは、
あの声!あの音!
そしてそれにプラスして、
ギターの人、めっちゃ楽しそう!がすごい。
コーラスなのか、口ずさみたいのか、のギリギリ。笑。
くらいにみえて、それがめちゃくちゃ楽しそうで、
それがどうにもグッときました。
バンドの曲が大好きなんだね。と。
その感じで、鳴らすギターがめちゃくちゃカッコイイから、
なおさら。
「魔法」が聴けて、「夕凪」が聴けて、
「夜が明けるまで」が聴けてうれしかったです。
また来月!!


続いて、日曜日。
tacicaさんのTime Line For "jacaranda"。
そのタイトル通りにアルバム「jacaranda」に焦点を当てて
開催されたライブ。

素晴らしく楽しいのはもちろん、
美しいな。と。この音。この曲。このうた。が。
そうビシビシ感じるシーンがたくさんありました。

はじめての4人編成も、
バチバチにかっこよくて、
こんな風に響くのか!って。

創作されたすべての曲たちを
ほんとうに大切に鳴らしてくれるので、
なんというか、ほんとうに、ずっと新しい感じがします。

この先もずっと、確かに、聴いていくんだろうな。と。
そんな風。



音楽って、バンドって、いいよねぇ。


おわり。



思い出すための行動。
豊洲PITでNO NUKES2017。

どうしても日常ばかりで、
忘れてしまいがちで、
だけれども、今なお続いている。

それを思い出すために、
考えるために行ってきました。

そしてもちろん音楽を楽しむために。


初めてみた、
いとうせいこうさんのステージ、
水曜日のカンパネラさんのステージは、
はじめ(なにがはじまったのか?と)ポカンと
しました(笑)が、どんどん引き込まれました。
引力。

NAMBA69さんはどうにも楽しそうでした。
バンドみんなで。それがとても素敵だなと。
個々なんだけれども、一体。
それがとても。

the HIATUSさんは、楽しいと美しい。
ずっと聴いていたい、体感していたいと思うステージで。

BRAHMANさんは"エネルギー"という表現では足りない、
エネルギーを超えたエネルギーみたいなものを
爆発させているようなつよさがとどきました。
超越。

最後のASIAN KUNG-FU GENERATIONさんは、
ロックスターでした。笑。いい意味でです。
求心力。

アジカンのステージの最後の最後に
坂本教授といとうさんと難波さんと
細美さんとTOSHI-LOWさんが出てきて、
みんなでセッション。
なかなか見られないおもしろいシーンが満載でした。

それの終わりの帰り際、TOSHI-LOWさんが
「やっぱり練習ちゃんとしなくちゃだめだね」みたいな
ことを言っていて、
"ソレ、前も言ってたよね。"って、
ココロでツッコミいれてきました。笑。


その全部で、ほんとうに楽しい1日でした。
素晴らしい体験。




この日までに読み終えたかった
フクシマ論」を
読み終えられなかったので、
それを読みつつ、7年目以降のはじまりとしたいと思います。



おわり。







copyright © 2017 ふつうのブログ。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.