ふつうのブログ。
好きなもの、スキナコト、たのしい、うれしいを。いつも。ふつうに。
世界のどこかで。
世界のどこかで起こっているコトを知るために、
今年も「世界報道写真展」へ。
Fotor_149949892867416.jpg


今回の大賞は、
駐トルコ・ロシア大使が射殺された事件を捉えた写真。
ニュース映像で見たときを覚えていて、
鮮烈な印象だったのだけれども、
写真をみて改めて"思い出した"感覚がありました。

それがなんだかとてもショックでした。
忘れてしまっているコト、
記憶から遠くなってしまっているコトが。
うまく表現できないんだけれども。

それからいくつもの作品をみてまわって、
どうしてこんなことになってしまうのかとか、
このひとが、このひとたちがなにをしたのか、とか、
敵意とか、憎悪とかの感情について、とかを考えて、
ぐむむ。となってみたり、
仮に今じぶんが、ドゥルルルルっと、
この写真の世界に入り込んだとしたら、
どういれるだろうかとか、
きっとなにもできずにしんでしまうのだろうなとか、
なかなかにしんどい感覚に見舞われました。

だけれども、見ないよりは、見ることができて、
知ることができて、よかったな。とも。

目をつぶったままではいられないし、
もうそういえるくらいな年齢だろうとも思えたし、
なんというか、
きちんと、さまざまを知っていきたいと、
考えていきたいなと。



それにしても、しんどかった。

世界で起こっているコトだ。


おわり。


スポンサーサイト
パソコンについて。
酔っぱらって、大した高さではなかったものの、
テーブルから落とした結果、パソコンが壊れました。
厳密には壊しました。泣。

どうにか回復しないかな。と、
アレを押したり、ソレを押したり、
ググってみたり、解析ツールみたいなものを
稼働させてみたりした結果、
HDDがどうかしてしまったことを確認。

保証書なんてなくしていて、
そもそも保証期間なんてものは
とっくに過ぎていて、さてどうしようか。と。

できればデータくらいは取り出したいけれども、
その方法も、解決方法もよくわからん。
HDDのあたりを開けてなんやかんやするのかしらん。
てくらいに、機械に弱くて、途方に暮れる。

修理を頼んでみるという手段も
なくはなかったけれども、
前述の通り、保証もなくて、八方ふさがり。

とりあえず、HDDあたりを開けるための
ドライバー(細め)を探しに。


・・・気付いたら、でもないけれど。
新しいパソコンを手にしていました。ヤバイ。笑。

HDDなんやかんやが、自分の手に負えないコトを
認識していたので、それしかないかな。と、
うっすら思っていたけれども、今日の今日で、
持ち帰ってくるとは。
謎の決断力。

設定とかもよくわからないけれども、
どうにかこうにか開通。開演。

この1台は大切に使用しようと思います。
(あの1台を粗末に扱っていたわけではないけれども。)


あらためて、2017年宜しくお願いします。


HDDのなんやかんやをご存じな方、
ゼヒご一報ください。笑。

ちなみに、
細めのドライバーも買ってきましたけれども、
ネジ固すぎてびくともしませんでした。笑。



おしまい。







停電。
しました。東京。
仕事中に。

3分くらい。

その前に予兆のようなものがあって。

ジジッという、なぞの音と、
一瞬消える電気。

なんだろ?というギモンを抱えたまま、でも回復。
そして数分。

またなぞの音。一瞬消える電気。

ざわつくオフィス。

で、またもどる。

妙な感じのまま、それでも仕事。

で。

バチン。

電気、消える。
でもなぜか、いくつかは、点いている。

PCも落ちてしまったものと、
立ち上がったままのもの。

管理会社に連絡しようと受話器をあげるも、
電話も電気。つながらない。
でも、別の一角の電話は使えるよう。

混乱のなか、なんやかんやしていた数分後。
(感覚的には3分くらい。で。)

回復。


オフィス近辺で工事をしていたので、
その影響かな。ということで、通常業務へ。

外を覗くと、その工事現場の方へ、
近くのオフィスビルの人らが向かう様子も。

この辺一帯がそうなのかもね。と。

で。
ニュース。NEWS。
North、East、West、South。
(google辞書で検索したら、eastだけ、頭文字が小文字でした。謎。)


東京広域で停電。

そうですか。
とりあえず原因がわかったので、安心。

という、夕方でした。



初回のジジッで、電気が一瞬消えたときに、
ポルターガイストや!って思ったけれども、
現実味がなさ過ぎて、口をつぐんだ自分をほめたいと思います。笑。




あと。
近くの工事現場に詰め寄った人々と、
詰め寄られた人の心理が知りたいです。
なんとなく。

犯人探しと、気まずさと、俺じゃない。
みたいな。


知る由もないけれど。
なんとなく。


おわり。



世界報道写真展。
っということで。
今年も行ってきました!

世界報道写真展」2016へ。
Fotor_147470583054094.jpg

毎年ブログにキロクしてるかと思っていたけれども、
してたりしてなかったり。
あいまい。よくない。

っというコトで、とりあえずキロク。


見に行かないと知らないこと、
知れないことばかりの世界なので、
兎に角、これだけは、この写真展だけは、行こう。と、
決意している重要な場です。

写真について文字で起こすのは、
無粋な感じがしますし、
適切に表現できる語彙も持ち合わせては
いないけれども、それでも。

"難民"について、思いを巡らす時間になったし、
学ぶ場となる学校的な場所が、非常に苛酷な
(苛酷という言葉では足りないくらい)環境である
国があることを知ったり、
大国中国の、日本には届かない事故や大気汚染が
写されていたりしました。
絶滅寸前の動物たちと、それを保護する人も。
抗えない自然現象と、その影響を受ける人々も。
中には、どんなに精巧に描いても、
創れないような、描けないような、雲もありました。


シャッターを切ったその前で起きている、
2016年の出来事に、
何を思うコトが適切かはわからないけれども、
それがあったことを、今日一日でも、
知れたことがよかったと思います。
知らないままの明日よりか。


そんな風。



おしまい。



絵と漫才を観に行くの巻。
っというコトで。
イロイロ観に行ってきました!


まずはコチラ。
IMG_-8i39ck.jpg
羽海野チカさんの原画展です。

入るとすぐに、
コミックの表紙画だったり、タイトルページだったりの
カラーイラストがたくさんならんでいて、
とても鮮やか。
で、ふと気づいたのが、"塗らない"白。
画用紙そのままの白の使い方が、すごいな。って。

でも、会場中をまわるうちに、わかりました。
マンガって、基本白黒だわ。って。笑。

線を引くか、引かないか、
黒を塗るか、塗らないか、
トーンを貼るか、貼らないか。
そういうシンプルな世界。

そのなかで、あらゆるシーンを
描きだすのだから、白という表現が重要となるのは、
わかるなぁ。と。
なんとなくだけれども。

あと、マンガとして読むときには、
(印刷によって)感じられなくなっている
黒塗りや、線の強弱が、当たり前だけれど、
はっきり見えて、ほんとうに、手で、書いているんだな。っと。
その質感によって、生み出されている現実感が、
伝わりました。

すごかった。

もう終わってしまったけれども、
もし機会があったならば、どうぞゼヒに。



それから、漫才を観に、東京キネマ倶楽部へ。
ツッコミの西野さんが独演会と銘打って、
8月12日~19日まで、毎日公演。
そして、この日は"独"演会の名の下の
キングコングライブです。
相方梶原さんをよんでの漫才です。

キングコングとして、漫才をした後、
独演会としての西野さんひとりしゃべりが
あるのかな?っと思っていたけれども、
時間全部で漫才でした。
およそ1時間30分。

ものすごいエネルギーの中、
めちゃくちゃ笑ってきました。
まじで最高。
笑い過ぎて涙。みたいな経験を
たぶんおそらく初めて体験しました。笑。

それくらいすごかったです。

その空間にいる人たちみんなで、
ただただ笑ってるってすごいです。
平和。

またきたい。そう思います。



いい1日でした。
8月15日。


おわり。

copyright © 2017 ふつうのブログ。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.