ふつうのブログ。
好きなもの、スキナコト、たのしい、うれしいを。いつも。ふつうに。
なんとなく。
9人のひとがいなくなるまで、
気付かれなくて、
捜索願を出されてた人がいるかどうかも
わからないけれど。

年間どれだけのひとが
行方不明になっているのか。
それもわからないけれど。

それらはいなくなるまで、もしくは、
いなくなってしまっても、事件にもされなくて。
気付かれなくて。

でも、どこかの国のえらいっぽいひとが
来るらしいことで、
駅の各所に警官的な人がいて、
その周辺にも警棒を手にした
警察官らしき人がうろうろしていて。


その人員で、どうにかできること、
もっとあるだろな。と。

なんとなく思った文化の日の次の日。

あーぁ。
どこへむかっているんだろうな。


そんな、なんとなくな、なんとなく。


おわり。

スポンサーサイト
気になるから目につくのか。目につくからキニナルのか。それとも。
5月のビバラのステージで、
ぼくりりくんとの共演をみて、楽しすぎたので、
過去の音源を聴いたりしてみてたSKY-HI氏。

その後も「Silly Game」とか、
キョウボウザイラップだとか、
0570-064-556とか、
そういえばペプシの#いざ鬼ヶ島だとかも。
そういうなんやかんや、
話題の中にいるので、さらに気になって。

リリースに関連してないのに、
MUSICAの表紙を飾ったのを
まんまと手にしちゃったりして。
Fotor_150563763167686.jpg

気にしているからやっぱり
目につくんだろうな。と。



で、話は変わってぼくりりくんとササノマリイ氏が
feat.した作品が電波少女のアルバムに入ってるって聞いて、
(それで初めて電波少女さんを知ったのだけれども、)
おもしろそうなので、聴いてみたら、
クビナワfeat.ぼくのりりっくのぼうよみ&ササノマリイ
がよくて。とても。ほいで、さらに全体で楽しくて、
ずっとループして聴いちゃって。
その中でNIHA-Cという好きな感じの声と
トーンというのか、リズムというのか。な人がいて、
これが一体どういう人なのかを検索してみたら。

"NIHA-Cは日本のラッパー。SKY-HI主宰のレーベル・BULLMOOSE所属。"

と出てきました。
ここでまさかのSKY-HI氏。

これって一体なんなんだろうな。
まんまとSKY-HI氏まわりのマーケティングに
はまってしまっているんだろうか。な。

気になっているのは気になっているけれども、
想定しないエリアから入ってこられるのは、
結構びっくりする。

これっていったいなんですか。

恋かな。笑。

これからも楽しみにしておきます。
どこでどうつながっていくのか、
もう終わりで、全然気にならなくなっちゃうのかを。


おわり。


影響されて気になっちゃった方は、
こちらへどうぞ
配信限定アルバム「Marble」
発売ですってよ。奥さん。


ほんとうに、おわり。



マジカルミライに行ってみた。の巻。
初音ミク10周年ということで、
なんやかんや盛り上がっていて、
ハチさんの「砂の惑星」やwowakaさんの「アンノウン・マザーグース」
なんかも手伝って、気になっていたので、
行ってきました!幕張へ。

DSC_0907.jpg Fotor_150440460523079.jpg
当日券の用紙がなくなったとかで、ミドリの細いやつをもらって入場。
ほんとの入場リストバンドはアオイロでした。一応キネンに写真。

初音ミクの存在は知っていたのだけれども、
米津さんやwowakaさんの後追いでその作品を聴いたり、
メカクシティレコーズ的な感じをチラッと聞いてみたりしていただけなので、
会場に入って、ほんとうに驚きました。
こんなにもか。と。

ミクのTシャツやハッピ的な服を着た青年たち、
おじさんたち、ジョシたち、
そしてコスプレする人たち、そしてコスプレする人たちに
写真を撮らせてくださいと依頼する人たち。
ミクと散歩するというサービスに並ぶ人たち。
隣のエリアで行われているライブの歓声。

あっというまに飲み込まれそうでしたが、
フラフラしてたら行きつきました。
南方研究所「砂の惑星」の制作工程の展示たちに。
DSC_0911.jpg
こういうのとか、
DSC_0916.jpg
こういうのから、
DSC_0919.jpg
こう。

この感じを表すのに適切かどうかわからないけれども、
エモい。と感じました。なんだか。とても。
制作過程、エモい。笑。

ほいで、さらにフラフラして、
さまざまな場所の人々が投稿したらしいミクの絵の展示。
DSC_0921.jpg
この制作者ごとにそれぞれの初音ミクという存在があることが
すごいと思いました。ひとつとしておなじではないこと。が。

Fotor_150440723418568.jpg
あなたがどこからきたか、シールを貼ってください。
的なものでも確認できました。
さまざまな場所への浸透が。

初音ミクというカルチャーのすごさを、
はじめて、ほんとうに知ったような気がした場所でした。
マジカルミライ。


めちゃくちゃおもしろかったです。
これからどうなっていくかなぁ。






おわり。

セイカツノキロク。
更新する要素がなくて、空白が続いているので、
とりあえずの感じで、生活の記録。

今日から夏休み。
起きて、テレビで高校野球。
5対1くらいのところ、7回。
先攻の方が負けてる。
あっというまに、9回。表。ツーアウト。
からの連打で逆転。
続いて、9回ウラ。ツーアウト。
1塁3塁。あと一本が。
でない。ゲームセット。劇的。
この感じが高校野球っぽいな。っていうのと、
この感じは夏休みっぽいや。が共存。

それを思い出した後は、帰省の準備。
お土産タスク。
小さい子からリクエストがきていたので、その捜索に。
が、なかなかみつからない。
もう別のものでゆるしてもらおうかと、
あきらめたくなったところで、
ようやく発見。安心。
思っていたよりか、かさばって、さらに重かったので、
帰宅。
それにしても、おもちゃとかじゃなくて、タオルという
消耗品を希望するって、一体どんな感覚なのか。
こどもは不思議。

その移動中はここ最近読んでいる本に夢中。
終盤だったので、重たいお土産荷物を
何度も持ち替えつつ、とりあえず読み進めて、終了。
上下巻の本で、ここしばらくかかっていたのだけれども、
そのどちらにも、一字ずつ誤字を見つけてしまって、
なんだかもやもやした読書時間でした。
がんばれ、校閲。


それから、米津さんが「割とうたっています」と、
お知らせしてくれた曲を聴いて過ごした夏休み1日目。




明日から出かけます。
本気出します。


おわり。

晴耕雨読。
雨降りの日曜日。
読み進めていた本をどんどん読んで、
夢中。
(晴れてたとしても、畑は耕していないです。笑。)

読み進めるのが早い方ではないので、
時間も進む。

お昼の頃にストーリが佳境に入ってきたので、
ご飯片手にエンディング。
(行儀の向こう側へ。)

日曜日の午前を夢中にしたのは、
黒川博行さんの「螻蛄」。
いつかに読んだ1冊(たしか「国境」。正確には2冊。)が
めちゃくちゃおもしろくて、
このシリーズが大好きになりました。

その期待に違わず、今作もめちゃくちゃ
楽しかったです。
"平日働いて、土日休み"という暮らしからの
異世界感がすごくて、
でもどこかで、遠くないどこかで、
きっとこんな世界があるんだろうな、と
いう感じもあって、そういうのと、
そういうのではない何かとで、
ぐっと入っていけます。すごい。

そのあとは急に切り替えて。

見てみようかと、借りてたDVD。
僕のヒーローアカデミア」。
まだ見始めたばっかりなので、
なんとも言えないのですけれども、
それでも、おもしろい。です。
2巻まで見終わって、続き借りてこよう!って、
思っちゃうくらいに。
さすがジャンプ。

ここからどうなっていくのかな。がすごい。

このテンション維持してきたいな。と。
そんな風。
少なくとも「ピースサイン」がOPになるあたりまでは、
おいかけたい。です。


おわり。

そんな今日の1曲は、「RAIN」。


です。


ほんとうに、おわり。





copyright © 2017 ふつうのブログ。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.