ふつうのブログ。
好きなもの、スキナコト、たのしい、うれしいを。いつも。ふつうに。
東のエデン 劇場版
やっと観に行ってきました。

公開初日に行こうと思っていたのに、肝心のDVDの
最終巻がずっとレンタル中で。。

で、DVD見た後も、なんじゃかんじゃで。
映画館に行く機会がなく、今日になってしまいました。


感想ですが。
エンドロールが始まった瞬間、「ここで終わりかよ!?」っと
思ってしまうくらい、中途半端なところで終わりました。

だから、絶対次の、劇場版2も観に行こう。と思いました。

完全に制作サイドの思うつぼです。
おもしろいからいいんですけどね。

でも、正直なところ、テレビの方が見どころが多かったような気もしています。。
それでも見ちゃうんですけど。

好きなんです。あのキャラクターたちが。


あとは、「飯沼 朗」が、過去を知って「滝沢 朗」であることを
受け入れて以降の表情が、完全にテレビの時の「滝沢 朗」になっていたのが
なんかよかったです。うれしかったです。

以上、見た人しかわからないトークでした。


ご存じない方は是非ツタヤへ!アニメーションコーナーへ!!

東のエデン 公式サイト
スポンサーサイト
衝撃。
今さっきネット上で知りました。

フジファブリックのボーカル・ギターの志村正彦氏、急逝。


超びっくりです。

今月13日のイベントで、初めてその音楽とライブアクトを見たのですが、
楽しい楽曲を、うれしそうに、楽しそうに奏でるバンドだなー!っと。

そんな風に感じていました。

だから余計に驚いています。。

この間あんなに楽しそうだったじゃない!?っと。


詳細はまだあきらかになっていないようですが、彼らのHP上でも
コメントが出ています。
http://www.hit-r.com/fujifabric/

ご冥福をお祈りします。

おおきく振りかぶって
が好きです。

最新の13巻では、三橋は“強かった”ことがわかります。
ちゃんとしっかりしてました。


それに気付いて、また、チームのつながりの大切さに気付いて、
ぐっときました。

チームっていいなぁ。
人とつながってるって、いいなぁ。
って。

そんなことを思いました。


おおきく振りかぶって。
おみやげ。
年末の帰省に向けて、おみやげを何にしようか、ワクワクしながら
選定してます。

地元を出て、8~9年くらいたち、その毎年のお盆と年末年始には
帰っているので、もう“自分の食べたいものを持ち帰る。”みたいな
行事になっています。

ただそれにしても、老齢の家族や若者の兄弟が喜んでくれそうなもの、且つ、
日持ちもして、地元では買えないものを選ぶのは、なかなか。です。


今回はちょっと変化球で、横浜あたりのお土産銘菓(ハーバー)と、
群馬県の有名なお菓子屋さんのラスクでも持って帰ろうかと思っています。

あと、父親がなぜか好きな東京駅のバウムクーヘン。


自分の食べたいものを選んでもって帰っても、結局食べずに戻ってきて
しまうことがよくあって、「ちょっともったいなかったかな?」っと思うことも
ありますが、でもまあ。

おうちで喜んでいただければ、もう満足!と思ってしまいます。


皆さんが、おススメのおみやげやおもたせは、ありますか?


自己の哲学。
という本を読み終えました。
(正式表示は「<自己>の哲学」)
著者は、成城大学名誉教授である黒崎宏氏。

哲学は、学生時代に出会い、でも、授業を受けた限りでは、
宗教的だな!?っという印象のみで、ほとんどよくわからず終いでした。。

それから、社会人になり、「爆問学問」というNHKの番組で、
東京大学の野矢茂樹教授の出演されている回に出会い、単純におもしろく、
なんだか気になる分野に変わりました。

その後、野矢教授が書かれたいくつかの本を読み、その世界に
“笑える”とは異なる方の「おもしろさ」を見出しました。

ただ、完全初心者なので、なかなか没頭もせず、気の向いたときに、
哲学っぽい本を読むような程度で過ごしてきている。
そんな感じです。

掲題の本も、今年の夏くらいに買って、読みかけてほったらかしでした。。
でもなぜか、読みたくなって昨日今日で一気に読み終えました。
年末なので、やり残したことを少しでもへらしたかったのかな?


まあ。そんなこんなで。


で。
やっぱりおもしろいなぁ。っと。
もちろん、わかりきれた!っと言えるほどではないですが、
所々、イメージが掴めるところがあって。
それが非常におもしろい、楽しい。うれしい。

ただ、過去のさまざまな哲学者の文献や記録に対する、
“著者の解釈”が書かれているものなので、
その対象であり、基となる方の、思想や傾向を知りたくなっています。


これから、より広く知るための「きっかけ本」のになりそうです。


…もっと勉強しなくちゃ!

ワイルド・ソウル
という本を読みました。
作者は、垣根涼介氏。

これすごいです。

作品との出会いは、電車に乗る間の時間を潰すために立ち寄った駅の本屋さん。
他の本屋さんでも見かけていて、でも特に気にならなかった、最近の文庫新刊。
ほかに気になるものもなく、まあ、なんとなく。で、手にとって、電車へ(ちゃんと購入して)。

が。


のっけから、なんかすごい。出会ったことのない世界。
怖い・恐ろしい空気感。
でも、先を知りたい。

そんな場面の連続です。

ほんとうにすごい。



読み終えた今の感想は。
うーん。。なんと表現したらいいか。難しい。
でも、たくさんの人に知って、読んでもらえるといいなぁ。と思う作品です。

まちがいなく。

"笑える"という意味じゃない方の「おもしろさ」があります。





あと、事実を基に。っというところが衝撃です。
日本をもっと知らないと。勉強しないと。

知っておきたいことは、なくなりません。

はじめます。
なんだか、急に。ここ一週間くらいで、どうしてもブログをはじめたい!っと思い出して。
こんな時間に、セカセカ登録・設定しました。

日々のキロクやキオクを、たのしく素敵に、書いていきたいと思います。

よろしくどうぞお願いします。


さて。今日は。どんな一日になりますか。



copyright © 2017 ふつうのブログ。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.