ふつうのブログ。
好きなもの、スキナコト、たのしい、うれしいを。いつも。ふつうに。
2010.06.29.
日本サッカー界の歴史が塗り変わる日です。

スポンサーサイト
チャンスをつかむ人、ピンチをつかむ人。
著者、松田公太さん。

なんだか最近、感覚が鈍くなっているような気がしていて、それを取り戻す足掛かりを掴みたくて、こんな本を読んでみました。

ピンチとチャンスは、点で見たらイメージ的にも、実質的な意味でも全く逆ですけど、線でみたらつながる、関連しているものなんです。と。

未来を、先を想像して、今なにをやるかを考えなくちゃ。ですね。

さっき読んだ「おおきく振りかぶって」の最新刊にもそんなシーンがありました。


…目的を設定しよう。です。
ばかのうた。
カテゴリも、取り扱いもミュージックですが、
単純に「星野源」くんがすきです。

なぜかわからないけど。
理由とか考えたことないけど、
でも容姿も声もすべて好きと思えます。今は。


だから、ばかのうた。
http://hoshinogen.com/bakanouta/index.html
気になります。

好きと言いたい。
そう感じる自分でありたいと思ってます。

KING KONG LIVE 2010
に行きたいな!?っと思ったところ、
名古屋公演なら、いけそう。なスケジュール。

日曜だし。

でも、日帰りライブってどう思いますか!?

西野くんが何を語るか見たくて。
語らないのはわかってるけど、観たくて。

みなさんなら、日帰りで遠出しても見に行きたい
範囲ってどのくらいですか。

私は再遠で、去年、広島日帰りをやったことあります。。。

BARFOUT!
Volume178が、すきです

堂本剛さんが、巻頭なのはもちろん、藤原竜也さんのロンドンインタビューや、アジカン、RIZEのアルバムへのコメント、さらに星野源くんの記事も。

大好きな人集約です

っというか、6月23日。どれだけの素敵なミュージックアルバムが発売するんだ

タワーレコード大繁盛だね
旅に出たい。
ここではないどこかへ行きたい。と思う。

だけど今週末はオランダ戦。
楽しみにしている未来と、移動したいと願う今が錯綜する。


あぁ。。。


アウトレイジ。
観てきました
北野監督作品を初日に

っといいつつ、北野映画は初映画館です。

「全員悪人」がキャッチコピーになっている映画がどんな終末を迎えるのかを確認しに行ってきました

すごかったー。怖かったー。
でも見終わって「おもしろかった」と思える作品でした。

目をおおいたくなるシーンも何度か酷ですよっと。

だけど、ちょいちょいおもしろい。
出て来るみんなが、「コノヤロー」という怒号を言い過ぎなとことか。


あとは、ビートたけしと椎名桔平の役がなんか好きでした。

楽しかったです
奈良。
奈良人気、サバシ(from KOHEI JAPAN)

薬師寺ライブに合わせて、宿泊施設を予約しようとしたら。
一ヶ月先でも、空きが少ない
非常に驚きです。

チケット発売は今月末。
さぁ、どうしましょうか。
薬師寺ライブ
が、あるらしい。。
来月、7月の9日と10日に。


との情報を、入手してしまったので、それが、ほんとうかどうかも、チケットを獲得できるかどうかも、全く未確定の今、その週末の奈良行きチケットと、ホテルの予約申し込みをしてしまいました。。

まあ、記念年だし、本堂の改修が終わった唐招提寺も見に行きたかったし。っと。

自分に言い訳してみてます。



だけど、なんとか、どうにか、行きたいなー。ほんとうであってほしいなー。


あいたいなー。

出会ってしまった。
混乱のミュージックシーン。と思っていた最近ですが、
出会ってしまいました。

心もってかれるミュージック。

「世界の終わり」という、曲名みたいなバンド名。
ちょっと前から、CDショップで出会い、いいなーっと
試聴してましたけど、気になりすぎて、今日ついに
CDを買っちゃいました!

全然知らないけど、twitterもフォローしちゃいました。

それくらい、なんか惹かれます。

ポップなミュージックに合わせて唄うコトバが、
なんか今まで出遭ったことない表現で、
でも、それ込みで好きかも。っと思えます。

声も好き。

ミュージシャンの声が、その音源・表現を好きか嫌いかを
左右する位大きなポイントになる自分ですが、
とても入りやすい、非常に素敵な声のヴォーカルです。


新宿のタワーレコードありがとう!
これからも新しい音楽をよろしく。


世界の終わり 「EARTH

TOWER RECORDS
copyright © 2017 ふつうのブログ。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.