ふつうのブログ。
好きなもの、スキナコト、たのしい、うれしいを。いつも。ふつうに。
世界報道写真展。
東京都写真美術館へ行ってきました。
「世界報道写真展」2010を見たくて。

昨年は気付いた時には終了してしまっていたので、2年ぶりです。

で。

やっぱりスゴイ。写真のチカラ。

そして、

世界。セカイ。せかい。は広い。広すぎる。
まだまだ知らないことが多い。多すぎる。

目に見えないことが多い。多すぎる。

個人レベルではなくて、”ニュース”というありふれた表現でも。


そして、それらの事実は、やはり重い。オモイ。おもい。

思想や権力、生きることへの取り組みによっておこる生死などなど。
なんというか。なんと表現すべきか。

みんな生きているし、今この瞬間悲鳴をあげる”生”もある。
もちろん”死”も。

アタマでは理解していても、視覚に響くことで、もっと変わる。影響する。


今この瞬間消えようとする”生”を、止めることはできないかもしれないけど、
今日感じ取った事実を記憶し、記録して、
明日や今に活かしたい。

それすら、危機からはなれた日本で語るウワベと知っていても。。。


スポンサーサイト
埼玉スタジアムへ。
ワールドカップの長谷部選手のコメントに感化されて、Jリーグ、観に行ってきました。

ほんとうは鹿島の試合が観たかったのですが、今日の鹿島はアウェイの磐田戦。
さすがに静岡までは。っというわけで、埼玉へ。

カナリ久しぶりのスタジアム観戦でしたが、やっぱりサッカー好きだなっと再確認しました
めちゃめちゃ楽しかった

そしてサポーターに感動。
試合中ずっと響く声援や素晴らしいプレーに送られる拍手、ラフプレーに対するブーイングも含め、なんか素晴らしいなっと。


今度は鹿島戦

連休の空。
2010年7月17日 海ほたるから眺めた夕日と富士山。
100717_1835~02
富士山がちょっと遠いけれど、素晴らしくきれい。


2010年7月18日 青天の山梨!
100718_1420~02
少し写る屋根は甲斐善光寺。

もう一枚は、何もない青。
100718_1444~01

七色の雲は見つけられなかったけど、充分素敵な空に出会えました。

この夏は、空を見上げる機会が増えそうです。
デジカメ、買おう。

山梨、甲府へ。
いいお天気に誘われて、思いつきで、山梨方面へ。

ネットで、山梨にも「善光寺」があることを発見したので、そこを目的地に。

甲府から乗り換えて、最寄の駅で降りるはずが、乗っていた電車の車両のトビラが開かない

「一両目しか開きません」とのアナウンスを聞いて、向かうものの、一両目に着いた瞬間にトビラ閉まる。。。
まさかの降り遅れ。

幸い、次の駅で折り返すことができましたが、こんなことあるんだなー。っと。
貴重な体験です。


なんじゃかんじゃで、辿り着いた甲斐善光寺は、なんだか非常に壮大でした。
長野のそれより大きいように自分には見えました。

あと、梁の彫刻に見惚れましたかっこよかった。

帰りは、近くにバス停を見つけたので、乗ってみようかと思ったものの、1時間に1本が出発した直後でした。

甲府駅まで歩けそうな気がして徒歩で出発。
10分くらい進んだところで、甲府駅行きのバスに追い越されました。。
まさかのバス遅延。

二度の交通ハプニングにちょっと笑ってしまいました。


でも、素晴らしい青空と緑を楽しみながら帰れたので、それらのハプニングも「あり」だったなー。っと。


山梨の空は広かった。
青かった。
楽しかった。

昨日の千葉も含め、空の写真、後日アップしたいと思います
千葉へ。
今年初の海を見に、梅雨明けの千葉へ。

鴨川シーワールド。
シャチやベルーガという初見の生き物をみたり、練習プールにいるイルカとたわむれたり、亀に出会ったり、海に癒されたり。
とても楽しく、また、素晴らしかったです。

帰り道はアクアラインを通って。まさかの富士山が見えたり、きれいな夕焼けが見えたりして、しばらくぼうっと眺めていられました。

素敵に穏やかな時間を過ごしました

さて、明日はどこに行きましょうか。
鹿男あをによし。
万城目学さん作。

小説より先に、テレビドラマを見て、それが妙にはまってしまっていたので、原作は読まないでおこう。と、なんとなく思っていた作品です。


でも、奈良に行く機会があって、本屋さんで平積みに出会ってしまったら、もう読まないことの方がムズカシイ。。

っということで、奈良からの帰りの新幹線で読みはじめました

本筋は、だいたいテレビで掴んでいましたが、ちょいちょい違う箇所もあって、やっぱり楽しめました

少し声を上げて笑っちゃう箇所も。

イメージは、やっぱり玉木宏や多部ちゃん、アタックチャンスのあの人や、蔵之介さんだったりしますが、でも、それがピッタリで素晴らしかったです

ドラマの方も見返したくなっています
奈良、京都2。
続き。

今日11日は、京都を歩きました。
修学旅行以来の「清水寺」
さすがに観光地。外国の方がたくさん。
そういえば、今回は奈良にもたくさんいました。外国の方。以前には感じたことなかったけど、1300年祭効果なのでしょうか

その後、都度都度、ゲリラ的な雨に見まわれながら、お土産屋さんや神社さんを歩きました。
京都はきらびやかですね。色がある。
同じく都のあった、ちょっとした距離の奈良と違う。すごく違う。

街の感じの落ち着きや空の広さ、これまで参ったお寺の感じとか、大好きな人が好きな場所とかさまざまな要素から、今は奈良を好んでいますが、京都は京都で、これまでの歴史や、観光地として培われたさまざまな優しさが、素晴らしいと、改めて感じました。

歩いていて、世界遺産に出会うなんて、普通、なかなかないですよ。
それを世界にちゃんと伝える術を確立している。

さすが。と。


長々しいですが、とにかく楽しかったと。
日本は素晴らしいと。

そういう週末でしたと。
奈良、京都。
忘れないうちに昨日と今日の記録。

奈良。
全然行ったことのない奈良を見たくて、初めての土地に行きました。

石上神社。
天理駅で降りて向かいましたが、その道すがら通った商店街でなんだかタイムスリップしたみたいな感覚に襲われました。
その理由を歩きながら、考えて気付いたのは、並ぶお店たちでした。東京なら「残るはずのない」ような店々が"未だに"ある。むしろそれしかない。

だからなのかなっと。
あと、その他さまざま、感じたことのない空気感や違和感にも出会いましたが、それを語れる自信は今はないのでここで止めます。
でも、信仰についてちょっと知りたくなりました。

石上神社は、ニワトリに驚かされました。


大神神社。
なんらかのメディアで、出会っていたのか、なんだか気になっていた場所だったので、参ってきました。
"覚悟"について祈ってきました。
折角、三輪に行ったのだからそうめん、食べたかったのですが、おなかすいてなかったのと、電車の時間が気になったので逃してしまいました。。


興福寺。
いつ行っても素晴らしい。大好きな場所です。猿沢池からみる景色はもちろん、あの五重塔はかっこよすぎ。


その後は、薬師寺さんへ。です。
京都は次アップで。
奈良。薬師寺さん。
行ってきました念願の。

堂本剛さんのライブです。
もう素晴らしい楽しかった

かっこよすぎです

それぞれの曲への想いを、作成に至る記憶を、さまざまに語ってくれました。

遷都1300年の奈良の空の下で、ファンクをかましてくれました。

素晴らしい歌声と、大切なコトバを届けてくれました。

奈良きれいな空を魅せてくれました。

薬師寺さんの広さをうかがいしることができました。


「時空」を感じさせてくれました。

(たぶん、おそらく)「悟り」のエフェクターを響かせてくれました。


そして、やっぱり、愛を、たくさんの愛をくださいました。


そんな機会を与えて頂きました。もう、愛してやみません。


ありがとう。今日。

期日前投票。
11日は、関西の方へお祭りに出掛ける予定なので、
初!の期日前投票。っというものに行ってきました。

今までも3~4回くらいしか、投票に行ったことがないので、
なんか、あの投票所の雰囲気って独特だなー。っと思いつつ。

しかも、区長選挙も同時で。みたいなことで、
投票やってきたんですけど、全然知らない。。。

この一票で左右されるとは思わないですが、
ふんわりした気持ちで投票するのは、心地悪いものです。。

でも、投票した人がどうなったかはきっと気になるので、
日曜日の夜は、選挙ステーション的なものを
見てしまうと思います。

そんな今日でした。




週末の奈良や京都が晴れますようにと願いつつ。の夜。
東京さんぽ。
なんとなく思いたって、東京の行ったことのない場所に行きました。深川不動尊へ。

下町っぽいイメージはありつつ、でも、下町といったら浅草。っと思っていて、浅草にはわりとたくさん行ってるのにこちらにはきたことがありませんでした。だから。

参道におせんべい屋さんがたくさんありました。
不動尊自体はなんだか改修していました。
お隣りに富岡八幡宮があって、こんなにも近くにっと驚きました。

ほんとう、お隣りさん。一応お参りしましたけど、なんか骨董市の日だったらしく、ざわざわしてました。


そこからふらふらあるいて、日本橋辺りへ。
ずっと前から行きたかった、奈良のまほろば舘に寄りました。かわいい鹿のストラップと、春鹿さんの「ときめき」をお土産に。

夏みたいなお天気にたくさん歩いた、とても楽しい一日でした。

東京は奥深い。
copyright © 2017 ふつうのブログ。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.