ふつうのブログ。
好きなもの、スキナコト、たのしい、うれしいを。いつも。ふつうに。
おしまい。12月。おしまい。2013年。
っというコトで。
おしまいです。12月。2013年。

12月は注目の映画を何とか見れたり、
楽しい、新しいオンガクに出逢えたり。
まぁ、これまでの月とだいたい同じですが(笑)、
それでも"新しい"が、こうも毎月あるというのは
素敵にうれしいモノです。

あとは、来年のライブのチケットが続々当たったりして、
未来のワクワクがたくさん生まれた月でした。

いい月。



2013年全体は、うーん。
これまで以上にオンガクに積極的に出会いに行ったような、
そんな年だったように思います。

今まで聴いてたジャンルはもちろん、
それ以外のトビラを開けることになったり、
今までよりもう一歩踏み込んで、
CDだけじゃなくて、ライブへ行ってみようと、行動したり。

そんな感じで、"楽しい"の幅が広がった年になったような気がしています。

来年もそんな風にしていきたいと思います。



出かける機会は少し減りましたけれど、
沖縄!や、高知!みたく、海がきれいなあたたかい場所に行けたのが
うれしかったです。

とくに高知はまた行きたい!的なファンになるくらい楽しかったので、
うまく時間を見つけて遊びに行きたいと思います。



2013年最後の東京は快晴です。

支度して、西高東低の「低」の地域へ帰ります。
サムイのやだな。と思いつつ。


本日、本年以上。
ありがとうございました。


2013年、あと1日。

スポンサーサイト
コーラを。
買ってきました。いつもの自販機で。
いや、近所のスーパーで。
KIMG0766-1.jpg
ただそれだけの今日。

あと、空が青かったです。


そんな風。


本日以上。
ありがとうございます。

2013年、あと3日。
清州会議。
っというコトで。
ようやっと行ってきました。大好きな三谷作品です。

歴史上の清州会議についてはまったく知らなかったのですが、
なんとなく歴史上の重要点感はつかめました。


三谷作品恒例の豪華な演者さんたちが
やはりとても魅力的で、そしてそれがすべてでした(笑)
そこにその人か!っと、グッとくる感じと、
そこにその人?って、不思議に思うところと、
なんやかんや入り乱れました。


小日向さん演じる丹羽氏、
佐藤さん演じる池田氏が、まんまと素敵でした。
そして、1位は中谷さん演じる寧です。
ステキすぎました(笑)

あ、あと。
それとは別に、秀吉がすごい。です。さすが。です。
中学生の時、歴史を学んでいく中で、一番大好きだった(大好きという表現は違うかも?)、
豊臣秀吉。
その感じ、"巧く"平和な感じが、とてもよかったです。


これまでの三谷作品の感じとは、すこしちがう感覚でしたけれど、
観に行ってよかったです。


天下泰平。
そんな風。


本日以上。
ありがとうございます。

2013年、あと10日。
PANDORA。
っというコトで。

ちょっとおくれてますけど、開けちゃいました。遂に。
1386763005788.jpg

SiMさんの「PANDORA」です。


入口は、10月末のBowline 2013
一緒に行ったトモダチが、SiMさんを好きだというコトで、
年明けのツアーファイナルに誘われました。

一回見たステージがおもしろかったので、あまり知らないけれど、
イイヨ!っと返答(笑)

せっかく行くのだから曲を聴かないと!っと思っていて、
ようやっと、最新作である「PANDORA」をはじめました。


最初の感想は、「楽曲はオモシロイけれど、声にひっかかりがないな。」でした。
(私はたいていヴォーカルの声が好きなオンガクを中心に聴きます。)

だけれど、通勤途中で、休日の昼下がりに、散歩中に、
どんどん聴きこんでいるうちにまんまと夢中(笑)です。

なにが理由なのか、まだ言語化できないですけれど、
ずっとループしてます。ほんとう、夢中。

あと、"sushi-go-round"って言いたい(笑)
(聴いた人ならわかってくれるハズ)



年明けのライブが楽しみになっています。
PANDORA聴く前は、GUESTのクリープハイプさんが見れることが
うれしかったのですが、もはや上回りました、たぶん(笑)

楽しみです。DEAD POP FESTiVAL
STUDIO COASTで逢いましょう。


またひとつトビラ開きました。
うれしい。


本日以上。
ありがとうございます。

2013年、あと14日。
ジョセフ・クーデルカ展。
っというコトで。
思い立って行ってきました。

東京国立近代美術館へ。ジョセフ・クーデルカ展を見に。
KIMG0764 - コピー

全く知らない写真家さんだったのですが、行ってみると、
おもしろかったです。カナリ。

写真の構図?っというのか、デザイン?というのか、が、
ほぼ一貫していて、その感じを発見してから、
どこにそのポイントが入っているのかを見つけるのが楽しかったです。
たぶん、ちょっとニヤニヤしてました(笑)


直線や斜線、四角形や立方体をどこかに、そして広く捉えていて、
そのまんなか当たりにそれとは異なる被写体(その多くは人や動物)をおくことで、
その中心の被写体が引き立つ的な。
そんな風。

もともとは航空技師さんだったということで、
そういう実績なんかもそのデザインに反映されているのかな。なんて。

あとは、主にジプシーの人々を映している作品が多く、
その映っている人たちの様子に共通項をみつけて、
その理由について考えたりもしてました。


いい時間でした。
それから、所蔵作品展をふらっと見ておしまい。
来年の1月13日までやっておりますので、キニナル方はゼヒ。



帰り道、雲一つない青い空を見ながら、散歩をしていて、
『あ、もしかして「SPEC」で当麻とセカイたちが対峙した場所はあそこかな?』
なんて、見上げてきました。
KIMG0763 - コピー
平和な日曜日の午後。


本日以上。
ありがとうございました。

2013年、あと16日。
おもいつきのキロク。
っというコトで。
なんとなくおもったコトを。

好きなことが 少なくなり
嫌いなことが 沢山増えた
(米津玄師さんの「恋と病熱」の歌詞より)

ということを、感じることが多くて、
ある瞬間にふと、
それは一体なぜだろうとか、好きなこととか、嫌いなことについてを、
考えてました。


年齢を重ねるにつれて、さまざまなコトについて、
〝みる″方向が固まっていく?、狭まっていく?から(可能性がなくなるとは異なる)、
好きなことが限定されてき(い)たり、
同じことをたくさんみることで
嫌いなことがみえてきたりするのかな。なんて。
あとは、「新しい!」の感覚が減るコトも大きいかも?(上述と同じかな)

そういう、思考法や脳の性能が、冒頭の感覚を生んでいるのかしらん。
答えは出ないけど。


そんなとこから、好きなコト、嫌い(ニガテ)なコトについて。

雑が嫌い。
適当(テキトーではなく、テキトウ)が好き。

カッター・はさみが好き。
0.7のボールペンが嫌い。

夏が好き。
冬が嫌い。

冷たいが好き。
あたたかいがちょっとニガテ。

多弁が嫌い。

退屈が嫌い。

カタカナスキ。

速いが好き。早いじゃなくて。

ありがとう。 が好き。
すいません。 は好きな方だけれど、できれば距離をおけるタイプになりたい。

はい。が好き。
はーい。が嫌い。


2が好き。3は嫌い。

考えない。が嫌い。

ドライが好き。っていうか、理想。

見直しがニガテ。


そんな風。


思いつきを羅列してみらけれど、とくに何も見つからないな(笑)


本日以上。
ありがとうございました。

2013年、あと18日。


原宿でライブ!!
っというコトで、行ってきました!

アジカンのゴッチさんが立ち上げたレーベル?的なイベントです。
only in dreams showcase live」

音源だけは聴き続けていたにもかかわらず、なぜかライブに行ったことのなかったアジカンさんと、
ゴッチさんプロデュースの引っ掛かりから気になっていた、the chef cooks meさんを見たくて。


トップバッターがまさかのシェフ!です。
10人編成のバンドでとっても楽しい空間を作ってくれました。
シモリョーさんが、指揮者的に踊り、うたう感じがとても楽しそうで、よかったです。
ライブを見るとニヤニヤしますね。
あと、イメージよりかプックリしていて、妙な感じでした(笑)

2番手は岩崎愛さん。
かわいらしくて、ふわふわする(笑)音を聴かせてくれました。
ふんわり楽しかったです。

続きましては、Dr.DOWNER さん。
岩崎さんに続き、初。でしたが、すごい。
カッコ良かったし、めちゃくちゃ楽しい音を響かせてくれました。
来年のワンマンに行っちゃうかも的なノリ。それくらい、ゼロから楽しめたバンドです。


ラストは、ASIAN KUNG-FU GENERATIONです。
ナゼ私はこれまでライブに行ったコトがなかったのか!?(笑)
そんな大好きなバンドの生音です。

登場から素敵。
楽しい、うれしい曲をたくさん、たーくさん鳴らして、うたってくれました。
ゴッチさんの一挙手一投足、一語一語にキュンキュンしてきました(笑)

その瞬間の思いをふつうに声に出す。
ふつうの表現をふつうに返す。

そういうふつうの感じがとてもうれしかったです。


それから、たくさんたくさん、アジカンもゴッチさんのもカッチョイイシーンに
出逢いましたけども内緒!にします。

一晩立ってなお、アジカンの音楽でニヤニヤしちゃうこの感覚。
幸せです。



2014には、NANO MUGENがあるみたいです(多分)。

一緒に騒ぎに行きましょう!?


本日以上。
ありがとうございました。
劇場版SPEC ~結~ 爻ノ篇。
っというコトで、観に行ってきました。
おしまいのSPEC。

「清州会議」を観る予定で出かけたのですが、
気づいたら「SPEC」と言っていました(笑)


で、その内容。は、止めときまして、感想だけ。

豪華。

つっこみどころ満載。

映画にまで引っ張っ(てしまった)た結果の映像たち。

ちょいちょいはさまれる笑い。


そんな風。

SPECシリーズを最後まで見届けた。ということが、大切。
と思っています。


あとは、やっぱり瀬文さん好き。


そんな風。です。

気になった方は劇場へ。


本日以上。
ありがとうございました。


2013年、あと30日。

copyright © 2017 ふつうのブログ。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.