ふつうのブログ。
好きなもの、スキナコト、たのしい、うれしいを。いつも。ふつうに。
渋谷でライブ!&おしまいの2月。
っというコトで、行ってきました!

古川本舗さんのワンマンです。
初!のバンドセットです。

古川さんのほかに、ヴォーカルキクチリョウタさん、ちびたさんと、
4名のミュージシャン。

開演時刻きっかりにスタート。

バンドミュージックと、背景に流れる映像が世界観をくれます。

キクチさんとちびたさんが、ええ感じにうたい繋ぎ、MC。

正直、古川さんがうたうものだと思っていたので、
衝撃はありましたけれど、ふたりの声がとても素敵でよかったです。


バンドセットの魅力と、アコースティックの感じを両方詰め込んだステージは、
全編素敵にいい雰囲気でした。


あと、やっぱりすきだなぁ、古川さん。とも。キャラクターがすてき。


アンコールで大好きな、スーパー・ノヴァとAliceが立て続けに鳴って、
テンションが上がりました(笑)


ほんとう、楽しかった。椅子に座っていたけど(笑)




帰りによったドリンクバー、「生ビールは600円。ドリンクチケット+100円」っていうのに、えぇー!?
っと思った以外はサイコウでした!(笑)










っという、2月のおわりです。

ぼんやりしてたら、あっという間に人生終わっちゃうな。と
毎度思わされますけれど、ぼんやりしてるタイムが多かったような2月です。

生きねば。



おわり。

スポンサーサイト
横浜でライブ!
っというコトで行ってきました!
Ken Yokoyamaさん(以下、KEN BAND)のライブです!
初!

PIZZA OF DEATHさんから、WANIMAさんとDRADNATSさんという2バンドも登場。

熊本出身の3ピースバンド、WANIMAさんは、今回のキャパがなかなかないらしく、
登場から、テンションあがっていて、とても楽しそうでした。
MCの度に、語尾に「WANIMAです。宜しくお願いします。」って
何度も言っててなんだかおもしろかったです。

DRADNATSさんも3ピース。
次のアルバムはKENさんプロデュース。
腹くくってます。という覚悟のコトバと共に、力づよくいい感じの音を
鳴らしてくれてました。


それからついにKEN BAND。
登場から会場の温度が全然違います。
求心力。

曲が始まるともう大騒ぎ。
大好きな音を、曲をたくさん鳴らしてくれました。

それから、
もう会場のほとんどは、ファンばかりで、
楽曲すら知っている人たちが多いはずなのだけれど、
「次は○○って曲をやるから。
この曲は○枚目のアルバムに入っていて、
これこれこういう意味があるんだ。」とか、
「次は△△っという曲。みんな聴いたことのあるカバー曲だから、
みんなでうたってよ。」的に、
とてもていねいに、それぞれの曲を紹介してくれて、
聴かせてくれました。それがとてもうれしかったです。
イイ感じです。

あとは、バンドメンバーさんたちとのやりとりも素敵にたのしい。
お客さんとのやりとりも。

アンコールでは、お客さんが聴きたい!っと叫んだ曲を
演ってくれたりなんかもして、すごい時間を体験してきました。
こりゃみんな好きになるわ(笑)

私もやっぱり、改めて。大好きになっちゃいました。

次に機会があったら、もう少し騒ぎたいと思いました。
(人の上ゴロゴロまではいかなくても、ワチャワチャするくらいには)


あぁ。本当に楽しかった。一日たっても楽しかったといえます。
多分、昨夜の夢の中でもうたってた気がします(笑)
それくらいに。


もうみんな知っている方ですが、どうぞ聴いてください。
KEN BAND 「Best Wishes



おわり。

傾国。
っという作品に夢中でした。

ふつうに生きていたらイチミリも知らない、
警察、公安の世界を描いてくださる浜田文人さんの作品です。

カナリ?前から、著者のシリーズにはまっておりまして、
それから、警察や公安という組織に、関心を下さる作品たちです。
そういう感じの最新作。です。

相変わらず、身近じゃない世界観に夢中になるとともに、
身近な世界観がリンクしたりして。なんやかんや。
え-!って思うような展開も。


オドロクだけじゃなく。勉強せな!と
思う気分にもなっております。


傾国



未来について話そう。



まんまと思いつき。



おわり。

アタリ!
っということで、雑誌「Talking Rock!」の3月号に感化?されて、
EARTH × HEART LIVEの抽選に応募してみたら、
アタリ!です!

やった。

ストレイテナーさんも聴かなくちゃ。


ちなみに。
今日当選発表。
明日21時支払期限。


鬼か。笑。



おわり。

なんだかなぁ。
都知事選の前日から結果までを、
大雪に代えて、あんまり報道しなかったテレビ。

大雪で、生命にかかわるくらい大変な地域があることを、
オリンピックに代えて、あんまり伝えなかったテレビ。

なんやかんやあるんだろうけれど、
なんだかなぁ。


本分は権力の監視。は、フィクションか。


おわり。

雪の休日。
っということで、今日も東京は雪。

交通機関が混乱しているニュースが続いていて、
特に必ずしなければならないこともなかったので、
家の中でなんやかんやしてました。

でも、あまりにも退屈だったので、やっぱり外へ。

轍が雪を退けてくれていて、道路には2本の歩行者用通路が
うまいコトできていました。

2本のどちらかを歩いていて、対面からやってくる人と
同じ通路にならんように、ちょっとした駆け引き(笑)みたいな、
左右ウロウロする感じで道を歩いてきました。

真ん中の白い線(雪)をはさんで、左右を歩く感じが、
小学校の廊下を思い出させました。
(中学校の廊下にはなかった中央線)

今の学校にはないのかな?っとか、もしかして自分の通っていた
小学校だけだったのか?とか、答えの出ないコトを考えつつ、
本屋さんへ。

目的もなく冷やかしていると、このところの引力がすごい、
アジカンさんが。
1392455547822.jpg

いくつかの音楽雑誌にも登場していて、それらを立ち読みしつつ、
表紙を飾っているのってめずらしいかも。っと、
なんとなく、思っちゃったので、購入。

帰宅して、ガッツリ読み込んだ結果、まんまと春のEARTH × HEART LIVE
行きたくなってます(笑)。


行き当たりばったりで過ごす雪の休日。
悪くないです。

今日で、未来が変わるかも。
ひとつの出逢いで、流れが変わるかも。

そういうの、おもしろくて好きです。



おわり。

ぜんぶ雪のせいだ。
っというコトで。

降ってます、雪。
帰りの電車は大変だったけれど、無事帰宅です。

暖房を入れてもなかなかあたたまらない部屋で
思うコトをつらつらと。


少し前に久しぶりに会った人とのお話。

その人は、私にオンガクの楽しさや、ライブで騒ぐ楽しさを
教えてくれた人。

久しぶりに会ったこの間の機会も、音楽的イベントの場所。
あまり聴いたことのないバンドさんがたくさん出るイベントでしたけど、
新しいトビラが開いたらいいな?っと、遊びに行きました。

イベント中は、近況や最近行ったライブの話なんかを話しつつ、
その時間を楽しみました。

帰り道、その人から、ふと、
"あなたの音楽の趣味がわからない。"的なコメントをもらいました。

そのコトバに、なんというか、違和感的なものを感じました。


そもそもジャンルを気にして聴くことがなかったし、
さらに、最近は、トモダチの影響なんかも手伝って、
出逢う範囲が広がっているような気がしています。

それを説明するには、時間が足りなかったし、
そもそも、私は、あなたにわかってもらいたいと思ってオンガクを聴いていないよ、
っとも、思ってしまいました。

相手を理解しよう、とする気持ちと、
相手を理解している。という気持ち。
そういうちょっとした違いを感じちゃいました。

そして、それとともに、
自分がいつまでたっても、自分を説明することが
ニガテなんだなぁ、っというコトを一層つよく、思い知らされました。
反省。


あと、
ずっと昔から知っている人との関係性ってなかなか変えられんよな。とも。


ぐだぐたつらつらです。すいません。


そういえば、今さっき、
実家の父親から雪を心配するメールがきました。
その中になぜか、「火星は大丈夫かな」の一文。ナゼ?




ぜんぶ雪のせいだ。



おわり。


コラプティオ。
っという本に夢中になりました。

"震災後の日本に現れたカリスマ総理は、'禁断の原発政策'に
日本復興を託すが、その矢先、一人の日本人がアフリカで殺される。
事件の背景に広がる政権の闇を追いかける新聞記者と、総理を支える
若き側近は、暗闘の末、最後に何を見るのか。"
っという背表紙的な概要文が引っ掛かり。

読み始めてみたら、かっぱえびせん的なスピードで、
夢中に読了。


ストーリー自体はフィクション。と分かっていても、
ある部分は、どこかしらは、「ほんとうなんじゃないか?」っと
思ってしまって、自分のいる現在にあてはめて
読んでいるトコロがありました。

あと、登場人物である若き側近さんが、政治学者的一面も持っていて、
その彼が研究しているのが、”政治への無関心”的内容。

奇しくも、東京都知事選のあったばかりの東京で、
さらにさまざま思うところのあった結果なんかが、
より一層ひっぱりました。


なんというか、詳しい内容は語れないのですけれど、
現在や未来を想像するいいきっかけをくれるような作品でした。


いい時期にいい本に出逢えたなぁ。と、思います。


イチミリでも気になったら、手に取ってみてください、
立ち読みしてみてください。


コプラティオ




あ、あと、もう冬よくない?
春の出番ですよね?


アジカン写真展。
っというコトで、行ってきました。
ASIAN KUNG-FU GENERATIONさんの写真展へ。
なかなか行かない街(笑)、青山です。

地図とにらめっこして、ソワソワしながら歩いて発見です。
オサレナタテモノ。
img_shop_info_02.jpg

入り口。イイ感じにご案内です。
1392097787354.jpg

中はというと、洋服屋さんの壁・壁に新旧のアジカンさん写真。
映像なんかも流れていて。

2階と3階は、ボードが用意されていて、たくさんの写真たち。

みなさんがとてもいい顔してる作品ばかりで、
うれしい気分でした。
ニヤリとしている自分に気づいて、
「マスクをしてくればよかった」と思ったほどです。

あやうく(笑)、写真集を購入する勢いでした。
あと、ゴッチさんのTシャツも(笑)


KIMG0804.jpg
みんながもらえるバッヂをもらって終了。


ずっと好きだったはずだけれど、
なんだか、ここ最近で急激に好きになってる感じがします。

いい感じです。



おしまい。








っていうか、今日、さむくない?


copyright © 2017 ふつうのブログ。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.