ふつうのブログ。
好きなもの、スキナコト、たのしい、うれしいを。いつも。ふつうに。
おしまい。6月。
っというコトで。
6月のおわり。上半期終了。

正直、先週27日の米津玄師さんのライブと
andymori復活!が、未だ想いの多くを占めていますが、
ジメジメ雨の6月、とてもいいひとつきだったように
感じています。

Gotch Bandも行けたし、ワールドカップにもまぁまぁ夢中になれているし、
夏の予定もジワジワ決まってきているし。

うん。
いい感じです。


梅雨の後半もマケズに、"楽しい"を探して歩きたいと思います。

2014年の後半は、もう少し"新しい"のトビラを開けるように、
さまざまなものやコトに、人に(過ぎない程度に)影響されながら、
感覚や思考を広めていけたらと。
行動も伴ったふるまいができるようにとも。
そんな風に思っている次第です。


あと、理解できない解釈変更問題の件。
を。なんとか。


おわーりー。





スポンサーサイト
超高速!参勤交代。
っというコトで、観に行ってきました。
久しぶりに映画館へ。

佐々木蔵之介さんが主演というコト以外、
ゼロ知識のままに。

江戸時代、湯長谷藩(現在のいわき市)。
貧しいけれど、なんやかんややりくりしている小藩に
無茶ぶりの参勤指令。
参勤阻止の為に手配された(敵的な)輩もなんやかんや出現。
そして、参勤できなければ、藩がつぶされてしまうかも。の危機。

藩を、民を、守るために湯長谷藩のお殿様と家臣たちが、
文字通り走る。さてどうなりますか。
っという作品です。


全体を通して、くすくす笑えるポイントが多いおもしろ映画でした。

けど、湯長谷藩(現在のいわき市)っというのが、
今の日本で観る湯長谷藩(現在のいわき市)っというのが、
ポイントポイントで、グッとくる作品でもありました。

民を守るために知力を尽くし、権力に立ち向かおうとする感じとかが、
なんというか。
勝手にさまざま想像して、うわぁー。ってなってました。笑。


あとは、やっぱり佐々木さんさすがだなー!!っというのがすごい。
そして、甲本さんカッコイイー!っというのもあり。

さらに、上地さん演じる秋山のふるまいも素敵。


少なくとも昔はあんな心意気の日本人がいたという事実を信じたいです。笑。


いい映画でした。
気になった方はゼヒ。


「超高速!参勤交代」


おわり。
代官山でライブ!!
っというコトで、行ってきました!
米津玄師さんのライブ「帰りの会」です。

チケット抽選に当たった時からからソワソワしていて、
でも、現実味がなくて、でもドキドキして。
そんな不思議な感覚のまま会場へ。

"初"ライブ。っというコトで、周りのお客さんたちの熱もすごい。
みんな「ドキドキスルー」とか、「キンチョウスルー」とか、
「ステージチカッ」とか、ソワソワ感がたくさん聞こえてきました。
もちろん私も。


そして登場。熱がすごい。

「街」からスタート。
ずっとずっとUSTで声だけ聴いてきた彼がすぐ目の前に。
そしてうたっている。ギター弾いている。
夢みたいなはじまり。
そして「リビングデッドユース」へ。

過去2枚のアルバムの一曲目を冒頭に。


それから立て続けにたくさんの曲たちを。
盛り上がる楽しい曲たちをラインナップしてくださったように感じます。

めちゃくちゃ熱かったし、暑かった。笑。

MCでは、これまでの作品のつくりかたとか、
今の曲作りへの考え方とか、ライブまでの心持ちとかを、
丁寧に話してくれました。
そのひとことひとことが、とてもうれしかった。

最後の方の彼の表情が、うたう感じが、
登場の頃と、変わったような感じがして、なんというか、
このライブに来れて、ほんとうによかった。という気分になりました。


海と山椒魚とか、乾涸びたバスひとつとかが、よかった。

ゴーゴー幽霊船とかTOXIC BOYとかで騒げたのが、よかった。

サンタマリアが聴けたのが、うれしかった。

遊園市街のラストにびっくりした。

単刀直入に言うと、楽しいです。が、うれしかった。
とてもうれしかった。


そんな風。


なんやかんやありまして、とてもいい日になりました。
2014年6月27日。


おわりー。

andymori復活!そして、解散。
というコトで。

復活。

解散までに6本のライブ。

です。


top_140624.jpg


いい夏にしましょう。


続。サッカーばっかー。
っというコトで。
平日も見れる範囲でサッカーばっかりです。

16日はフランス対ホンジュラスから見る予定だったのが、起きれず。
アルゼンチン対ボスニアヘルツェゴビナを。
とはいいつつ、後半は通勤時間。

日本対ギリシャ戦も同じ時間というコトで、ワンセグで
どれくらい見れるか試しながら通勤。
が、全然見れない。とぎれ途切れ。で、メッシのゴールも見逃す始末。
ナンテコッタ。

日本戦はおじさんみたいですが、ラジオで聴戦の予定。あとは想像で。笑。


その次はドイツ対ポルトガル。
PK!!ではじまった得点から、高い、つよいドイツの攻勢。
まさかのスペインの初戦とおなじく4点差。
取り戻せる?のかな?

それにしてもドイツが。ね。


で、ブラジル対メキシコ。
スコアレスドローでしたけど、素晴らしくおもしろい試合でした。
さすがワールドカップ。
平日の朝4時に起きて、ひとりでやいやい言いながら(もしくはつぶやきながら)、
ステキな時間を過ごしました。笑。


オランダ対オーストラリア。
その後の試合を本格的にみる予定だったので、前半だけ。
ひとりで全部やってしまえるんじゃないかというような速度で、
ゴールまで持って行ったロッベンのゴールに驚いた直後。
あのケーヒルのダイレクトボレー。
トリハダです。リアルに。
前半だけの予定を覆して後半も見る気分になっていたのですが、
ハーフタイムに寝落ち。

みなさんご存知の点の取り合いの魅力的な後半を見逃しました。あぁ。


それもこれも。
スペイン対チリ。を見たかったが為。

あの初戦からのスペインを。

・・・・が。


前半で2失点。
チリが素晴らしいのはもちろん。
ですが、ゴール前でのスペインの動きよ。なによ。

なんだかしっくりこない。
リズムが"よくない"というより、"ない"。
そして、これが運命ですか。っというようなゴールからの嫌われ方。

あぁ、グループリーグ敗退。

前回王者の運命か。
(イタリアやフランスもそうだったらしいです)

それでも楽しいワールドカップ。
そんなこんなで、私は日中、睡魔さんと試合です。
キビシイ試合が続きますが、今のトコロ負けなし。笑。

この先、連戦が続くので、少し不安ですが、
いい準備をして、試合に臨みたいと思っています。笑。



とりあえず、明日。
日本。勝ちましょう。


おーわり。

サッカー。ずっとサッカー。
っというコトで。
先週金曜にはじまりました、ワールドカップ!!

週末というコトもあって、まぁまぁ見れる試合は、
早起きしてみてます。幸せです。


開幕戦となった、ブラジル対クロアチア。
笛の非・公正さに、むー。っとなりつつも、さすがのブラジル。
あと、オリッチ選手(たぶん)が、軍人か!っというような
いかつさで、迫力がありました。笑。


そして、騒然のスペイン対オランダ。
中盤でガチガチの攻防の中、PKでスペインが得点。
その後の展開がドーナルかな?っと思っていたトコロ、
前半44分のファンペルシー。
うわー。っと思いつつも、素晴らしいゴールでした。

・・で、悪夢?の後半。

残り2戦。取り戻せるかな。


スペインの大敗でBグループの動向が気になってしまって、
立て続けに、チリ対オーストラリア。
チリの試合は、おそらく初めてみたと思うのですが、
サイドを走るサッカーはとても楽しくて、見ていてワクワクする試合でした。
でも。ケーヒル選手のつよさは、ほんとう、ワールドクラス。
オーストラリア典型のパターンは、彼がいるから成立するんでしょう。


コロンビア対ギリシャ。
日本と同じグループだけに見たかったのですが、
早起きしたせいか、気づいたら、ねてました。笑。

ウルグアイ対コスタリカをちらっと見つつ、でも睡眠。

で、イングランド対イタリア戦。
一振り一閃、素晴らしいゴールのあと、
ルーニー選手のナイスアシストからの得点。
後半に続き、イタリアの巧みな試合運びが勝因かな。と。
しらんけど。笑。
兎に角、みていてたのしかった。

そして、

日本対コートジボワール。

。。。

「ワールドカップ」で先制したあとの戦い方っていうのは、
「ワールドカップ」でしか、実践できないから、
なかなかムズカシイんでしょうねー。

次に期待!


っというふうなワールドカップテレビ観戦記録。

サッカーって、ほんとう楽しい。


おわりー。


渋谷でライブ!!
っというコトで。行ってきました!
ASIAN KUNG-FU GENERATIONのヴォーカル、
後藤正文さんのソロ。Gotch Bandです。

10本のツアーのうちの、9本目。
どんな風になるのか想像もしないまま、平日の渋谷へ。定時ダッシュで。

オープニングアクトは岩崎愛さん。
(彼女とそのメンバーが出てくるまで、オープニングアクトの存在を
忘れていて、ゴッチ来るー!ってドキドキしてました。笑。)

素敵な声と、フワフワした感じの音楽がとても素敵でした。
あと、コールアンドレスポンスに"アスピリン"を使ってくるあたり、
さすがだな。と。笑。
いい感じに会場をあたためてくれました。


そして、登場。Gotch Band。
メインヴォーカルに、ギターふたり、ベースにドラム、
コーラスさんに、コーラスとかピアニカとかをやる人ひとり。
7人編成。豪華です。

どこを見てたらいいんだ?とか、迷いつつも、
やっぱりゴッチさんに魅せられてました。

ライブで聴く1曲1曲は、当たり前ですが、CDとは全然ちがくて。

ライブの高揚感と、ゴッチさんがソコでうたっている!というウレシス的なニヤニヤと、
バンドのみなさんの楽しそうな演奏の感じと、あと、もっと。
なんやかんやで、もう。

ステキでした。なにをどうしたって、ステキでした。

Nervous Breakdown / 軽いノイローゼ。が、
とってもよくて、CDだけでも大好きだったのですが、もっともっと好きになりました。

A Girl in Love / 恋する乙女。は、
バンドでライブで奏でるとこんなにもか!っと、オドロキました。
めちゃくちゃカッチョよかった。

あとは、Wonderland / 不思議の国
the chef cooks meから、ホーン隊も加わって、10人編成。
ゴッチさん曰く、これが完成形。
これが、とてもよかった。たのしかった。小学生みたいな感想だけど。


終わってからもなぜかずっとソワソワしているという、
謎のココロモチをくれたGotch Band。

また行きたいです。

昨日が最初で最後になりませんように!


おわりー。





上野の森で展覧会!!?
っというコトで。木梨憲武展。

・・・に行きたかったのですが、この雨でもまさかの待ち時間40分。

雨の中40分待つコトと比較して、断念。笑。
記念に写真だけ撮っておわり。
KIMG0938 - コピー

ひさしぶりに浅草でも散歩しようかとも思っていたけど、
雨の感じでこれも断念。笑。

そもそも映画を観に行こうとしていたのに、
時間が間に合わない感じで断念して、散歩兼展覧会にむかっていました。

断念続きの土曜日。でしたけども、
家に帰って、先週末断念していた衣替えを決行!

無事完了!


あぁ、雨の季節。

なぜか、左足だけビショビショになる歩き方を改善して、
いい夏をむかえたいな。と。

そんな風な、6月最初の土曜日です。


おわーり。


オ―!ファーザー。
っというコトで。観に行ってきました。
映画「オ―!ファーザー」を、5月のおわりに。

キャラの全く異なる4人のお父さんと息子のハナシ。

正直ストーリー的には、原作からのショートカットが
すごい感じ(映像作品ではふつう)でしたけども、
まぁたのしかったです。

キャラの全く異なる4人のお父さん。が素敵。

ギャンブラーの鷹さんが好きな感じでした。
現実から遠すぎて、いい。そんな風。


あと、クライマックス?的なトコの逃げるシーンが
もったいない。笑。

感想以上。


あっというまに、5月が終わってしまいました。


6月はたぶん、今年いちばんに楽しみなライブが、
控えていて、それでもう十分です。たぶん。

嘘。笑。


行けそうなフェスを探すことと、出かける計画を練る。実行する。が、
目標です。


梅雨を超えて、夏を待ちましょう!

おわりー。


copyright © 2017 ふつうのブログ。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.