ふつうのブログ。
好きなもの、スキナコト、たのしい、うれしいを。いつも。ふつうに。
おしまい。7月。
っというコトで。あっという間に7月の終わり。

梅雨明けしまして、大好きな灼熱の夏がやってきました!

そして、夏休み!がやってきます!

もう夏休みのコトばっかりです。笑。

あっという間に過ぎ去る夏においてかれないように、
なんやかんや、遊んでいきたいと思います!


本日以上!
おわり!


スポンサーサイト
27時間テレビ。
っというコトで。
毎年恒例の夏のテレビが終わりました。

今年のMCは国民的スター、SMAPさん。

実は、半分くらい見れていなかったのですが、
日曜日の午後から、チャンスが巡ってきて、
テレビの前に。

タモリさんとのなんやかんやと、
さんまさんとのなんやかんやと、
サザエさんとのなんやかんやを経て。

27曲立て続けのライブ。を。

中居さんのへとへと感に心配になり、
木村さんのスター感に感心を超えた感心をし、
くさなぎさんの感情に共鳴し、
稲垣さんのふつう感にさすがと思い、
香取さんの25時間越えのテレビでの、
高音に驚愕しました。

それからのなんやかんやにも感動したテレビ。



・・・だけど。
今日イチで、ビックリしたのは。
大好きな、ASIAN KUNG-FU GENERATIONのヴォーカル
後藤さんと、SMAPの香取さんが同じ年。というコト。です。



えー!まじか!と。笑。



それをキロクしたかった今日。笑。


SMAPさんの素晴らしさは、
他の誰もがキロクしていらっしゃるので、
それ以外にしてみました。よ。


本日以上。です。

おわり。




ゲリラ豪雨の巻。
っということで。
ついに。出逢っちゃいました。ゲリラ豪雨。

仕事帰りの最寄駅で。

まぁ、少し待てば止むだろうと。
そんな風に思って、雨宿り。

豪雨。カミナリ。
ほんとうにすごい。
今までちゃんと見たコトがなかったので(笑)、
結構夢中で眺めてました。


カミナリの音で驚くリアクションをとるのは、
中年くらいの女性が多いな。とか。
(数秒前に光って、音が鳴るのはわかってるはずなのに、
他人にわかるくらいビク!って肩を震わせるとか。)

ライブの照明みたいにカッコイイ光をだすな、カミナリ。とか。

なんとかして、エネルギーに変えられたら、
代替エネルギーの新しい候補になれるんじゃないか。とか。

そんなとりとめのないことをずっと考えていました。笑。

通り雨と思ってたけど、なかなか通り過ぎなくて、
なんやかんやの思いつきも飽きた頃。
ようやく、走ればなんとかなる。程度の雨量に。

で、走りました。そして、買い物。
買い物終わりには、歩いてもなんとかなる。程度に。

止まない雨はない!の気分で、帰宅。(少し濡れてますけど。)
家に着く前には完全にやみました。

GOUU NO OWARI。

勝利。です。笑。


家についてなんやかんや。

あれ、また雨音。雷。

やっぱり、勝った。ニヤリ。



そんな風。

いい気分です。



Fin.

福井県の旅。
っというコトで。
久しぶりに白地図を塗りつぶす旅に行ってきました。

東尋坊と永平寺を手掛かりに福井県へ。
それ以外は行ったらなんらかあるだろうと
あまり調査しないで行ってみました。

いちばん最初に向かった先はもちろんコチラ。
IMG_20140719_122235.jpg KIMG0977 - コピー
日本一有名な崖。東尋坊さんです。
晴れて、青がきれいで、そんなに混んでいなくて(笑)、
よかったです。

あと、崖を見ると火曜サスペンス劇場をなんとなく思い出しますが、
「火曜」のイメージってすごいなと。
土曜日にも月曜日にもサスペンスドラマってあるはずなのに、
「火曜」がくるって。
テレビの影響というか、ネーミングの印象というか(火サスとかね)って
すごいな。っと。
そんなどーでもいいコトを考えながら、崖観光を終了。

街に戻って、さて何をしようかとふらついてみるも、
ピンとくるものがなく。
本屋さんに入って、ガイドブック的なものを眺めても、
なんだかな。と。
結果。読書の時間に決定。
静かで涼しい部屋で、夢中に本を読んで一日目を終了。笑。


翌日は、もう一つの手がかり。永平寺さんへ。
KIMG0996 - コピー IMG_20140720_125219.jpg
緑と、傘松閣(さんしょうかく)という場所の天井に感動してきました。

あと、修行僧さんたちがなんらかの行の練習みたいなことをしていて、
それが普通に観光客たちの前で行われていて、それがとても新鮮で、
夢中でみてきました。
練習している行為の意味とかはわからんかったけれども。笑。


そんなこんなで手掛かりであった2つを終了。
また街に戻って、どうしようかと悩んでみるも、
全体的にすこし距離があるのと、バスや電車の時間が不安定で、
帰りの時間までに戻ってこれるか不安だったので、観光終了。


東尋坊と永平寺を手掛かりに行って、
東尋坊と永平寺と広大な田んぼのイメージを持ち帰ってきました。
勉強になりました。笑。
ありがとう、福井県。



さて、次はどこへ行きましょうか。


おしまい。
新横浜でナノムゲン!!その2。
っというコトで、忘れないうちに続きです。

休憩をはさんで、ユニコーンさん。
エネルギッシュ。っという表現が浮かぶようなステージ。
点在するユニコーンファンのみなさんが、
なにやら光るグッズを振り回していて、準備がすごい!と驚きました。とさ。


そして、THE RENTALSさん。
初めて。見ます。聴きます。
(ナノムゲンコンピアルバムに収録されている1曲だけは知っている)
だけど、1曲目から。いや、登場から、なんだかすごく魅力的で、気づいたら、夢中でした。
そもそもうたっているマット・シャープさんが、ステージ上を縦横無尽に動きまわり、
飛び跳ね、めちゃくちゃ楽しそうで、とてもステキでした。
その空気感が客席にまで届いたような、そんな風でした。
あと、ASHのティムさんのギターがかっこよかった。
聴いてみようと思います。ASHも。

新しいトビラ、開いたー!


続きまして、THE YOUNG PUNXさん。
DISCO MUSIC的なあのノリは、絶対です。
ノラないはずないし、ノレないはずないリズム。
なんにも考えずにただただ楽しい。
そんなステージでした。
SOIL&"PIMP"SESSIONSさんとの共鳴もさすがに楽しかった。です。


そして、the HIATUSさん。
CDでずっと聴いているバンドだけれど、ライブを見るのは初めて。
どきどきしている中、サウンドチェックで、メンバー登場。そして1曲。
もう、ワー!です。笑。
細美さん、うたってるー!ワー!です。笑。

で、本編。
もう、完璧。にカッコイイ。
あと、勝手なイメージで、淡々とうたい、MCなんてほぼなくて、
さらっと帰ってしまうんだろうと思っていたのですが、
そんなことは全然なくて。
客席をちゃんと(?)みてたり、たくさん話してくれたり、おもしろかったり。
そういう全部が、勝手なイメージと違って、ビックリして、だけどめちゃくちゃうれしくて。

ナノムゲンを開催し続けているアジカンさんや、
THE FUTURE TIMESを発行し続けている後藤さんへのコメントとか、
めちゃくちゃいいバンド見つけたね。一生ついて(行)った方がいいよ。っという
ファンへのコメントとか。
そういう全部がとてもかっこよくて、うれしくて。
完全に心掴まれちゃいました。
楽しかった。うれしかった。というステージでした。
次のツアーは行こう!


そんなこんなで終盤。
OWL CITYさんの登場です。
ナノムゲンコンピで、1曲聴いて、あっという間にはまっちゃって、
過去の2枚のアルバムをほどほどに聴いてたので、期待もカナリ高く。
そして、スタート。
THE RENTALSさんでも思ったのですが、
海外のアーティストさんは、(照明が点く前の)薄暗い中を
それぞれの立ち位置につくまでの振る舞いが妙にカッコイイ。
あれってなんなんでしょうね。笑。

そんなことを思ってる間に、知ってる曲たちが続々と。
自分が思ってる以上に、ピョンピョン跳ねて、腕ふって、遊んでました。
ステキにカッコよかったー。


ラストはもちろん。ASIAN KUNG-FU GENERATIONさん。
客席の熱もさすがにすごい。
わー!って、ひゃー!って言ってる間に結構終わりました。
嘘です。笑。
うれしくて、すばらしく楽しくて、いい空間でした。
(全部おんなじようなことばっかりですけど。笑。でも、ほんとう)

アンコールで、マットさんとティムさんとアジカンのコラボ。
さらにスカパラ兄さんと再度コラボ。
なんちゅう贅沢。さいごまで贅沢。


MCで、後藤さんがたくさんありがとうを言ってくれていましたけれど、
こんな機会をずっと作り続けているみなさんにもありがとう。と言いたかった。
言ってたかも。

最初から最後まで全部。たのしかった。
完全燃焼でへとへとで帰宅しました。とさ。


また来年!



おしまい!

新横浜でナノムゲン!!
というコトで、行ってきました!!
ASIAN KUNG-FU GENERATION presents NANO-MUGEN FES.2014です。
初!

トップバッターは、NICO Touches the Wallsさん。
アコースティックセットです。
たしか、1・2回みたライブの記憶と変わらず、声量がものすごかったです。
あと、ハーモニカがとても上手でした。

続きまして、スカパラさん。
一発目からめちゃくちゃ楽しい曲で会場が盛り上がりました。
立て続けに鳴らす曲たちがすごすぎて、
心の中での呼び方が、"スカパラさん"から、"スカパラ兄さん"になってました。笑。

そして、登場。ASIAN KUNG-FU GENERATION。
コラボしたWake Up!を演ってくれました。

超ステキ。
しかも初演だそうです。うれしい。

これでおしまいかと思ったら。アジカンの曲をもう一曲。
山田さんのベースで始まる曲が!遥か彼方!!!!
トリハダ!!
そんなこんなで終了。やばいです。ナノムゲン。


それから、It's A Musicalさん、TEGAN AND SARAさんが続けて。
ふわふわ聴いていて楽しい音楽でした。
TEGAN AND SARAさんのハイキック!が、なんだかおもしろかったです。


そして、the chef cooks me。
サウンドチェックからチラッとうたってくれたり、ワクワクが募ります。
メンバー、サポートメンバーみんなでおそろいのステージ衣装で登場。
ヴォーカルのシモさんの熱量がのっけから半端なかったです。

客席のリアクションに納得いっていないかのように怒っているようにも見えたし、
大勢の観客の前で、テンパっているようにも見えたし、
全部込みで演技かも?っとも思えるようなステージでの振る舞いは、
なんだか不安定で、笑。それでいてとても楽しかったです。


回転体の曲たちもとても好きですけど、
私は何だか「ハローアンセム」が非常に好きなんだろう。と、自覚してきました。
おもしろかった。


集中力が切れたので、続きはまた明日。


朝から晩まではしゃいだ日曜日の後。
月曜早朝のワールドカップ決勝でもはしゃいじゃって、
おそろしく強敵な睡魔さんと戦った月曜日でした。

覚えておきたい、2014年の7月13日と、14日。

そんな風。


おわりー。

人形町あたりで落語!
っということで。
昨年の8月以来およそ11か月ぶりの落語へ。

またも。っというか、初めての落語がおもしろかったので、
桂三四郎さんです。

前説的に、一席話してくださった落語家さんが、
身近にいるおじさん(おじさんこどもみたいな顔)に似ていて、
おもしろかったですけど、オチがなんだかピンとこなくて、
フシギな感じで終わりました。笑。

それから、三四郎さんの登場。
端っこに座っちゃったため、左右(上下:かみしも)を分けて、
人物を表現し、話す、三四郎さんの顔が頻繁に
こっち見てる!的な感じになって、勝手にドキドキしてました。笑。

時事ネタや三四郎さんの経験やらを、おもしろおかしく導入にして、
スッと入るお噺は、やっぱり、さすがに楽しく、おもしろかったです。
カミカミなトコロもあったような感じもしますが(笑)、
それも流してしまえるくらいの勢いがありました。

合間に鏡味初音さん(太神楽)という方が
なんやらかんやら魅せてくれました。
(アゴあたりになんらかをたくさん重ねてバランスをとったり、
傘を回して、おめでとうございます的なやつとか)
すごいな!っと思いつつも、何故、彼女はこの世界に入ったのか?っという
ギモンが終始アタマに残っていました。とさ。

三四郎さんの終わりの一席。
めちゃくちゃ早口で、お噺の勢いをまんま魅せてくださいました。
すごかった。


探しに行かないとなかなか逢わない分野ですけれど、
見たら、めちゃくちゃおもしろい。です。
落語。

他の人のも行った方がいいような気がしていますけれども、
三四郎さんのお噺が、なんとなく、今の私にぴったりな気もしています。


また行きたいと思いますよ。


お・わりー。


世界報道写真展。へ。
っというコトで、行ってきました!
夏。恒例。

知るべき、見るべき、世界に逢いに。

行くたび、自分の視野のせまさとか、
世界のひろさとか、つよく思い知らされます。


ガザ地区のインフラ不安、停電の写真で、
戦闘地区でのエネルギー供給、
ひいては日本の今後のさまざま(戦闘とか原発とか)を
ふかく考えさせられましたし、
バングラディシュで起きた、(欧米ブランドの)繊維工場の倒壊事故で、
たくさんの人の命が失われたことと、その補償の薄さというか、少なさに
愕然。驚き、何故。というようなさまざまな気持ちを感じてきました。

あとはダマスカスでの戦闘の写真。の生々しさに釘づけになってきました。


1404547270847.jpg
おなじ時代、おなじ空の下に。
8月3日まで。

おしまい。

copyright © 2017 ふつうのブログ。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.