ふつうのブログ。
好きなもの、スキナコト、たのしい、うれしいを。いつも。ふつうに。
お台場でNO NUKES!! 2日目!!
っというコトで、2日目も行ってきました!
NO NUKES!!

当初は、NAMBA69さんと、ASIAN KUNG-FU GENERATIONさんの2バンドの
公演予定だったのですが、NAMBA69、難波さんの喉の損傷という予期せぬ事故により、
ASIAN KUNG-FU GENERATIONさんの2ステージに。

どんなステージになるのかな!?っというワクワクと、
アジカンたくさん!っというフワフワで、とても浮足立って、会場入り。笑。
もちろん、後藤さんがどんなことを話すのかも気になります。

最初のステージ。
新世紀のラブソングのイントロで、安定の登場。

まぁまぁ前の方に位置していたので、メンバーの表情が
ちゃんと見えました。
建さんに近い方で、なんだか安心感?安定感みたいなのがありました。笑。
穏やかさの象徴。勝手に。笑。

大好きな「迷子犬と雨のビート」が聴けてうれしかったし、
このステージでは鳴らしてくれるだろうと思っていた、
さらに大好きな「1980」や、「スタンダード」、「今を生きて」などを演ってくれました。
とてもうれしかった。

そしてMCでは、後藤さんが(やっぱり。笑。)たくさん話してくれました。

一点的な"原発"への提言というよりか、
これからの"暮らし方""生き方"としての取組みや姿勢、
"それに関する選択"みたいな内容の話しをしてくれて、
それが(ひいては)NO NUKESに繋がるんじゃないか。というような。
うまくまとめられないですけれど、そんな風なコトを話してくれました。


そして、2ステージ目。

めちゃくちゃカッコイイアレンジの「サイレン」からスタート。
ほんとう、かっこよかった。アレンジ。

それから、わちゃー!ってなる感じの曲をたくさん。

最初のステージからずっと、
(なんやかんや)ムズカシイことはあるけれど、音楽は楽しむものだよ。って
この時間は楽しんでいってよ。と言ってくれていて、
それを体現するかのように、ワー!!っていう感じの曲たちを。

単純に楽しかった。すごくいい時間でした。


それから、2ステージ目もMCをたくさん。笑。
その中で、
来年もNO NUKESやることが決まったみたいです。と。
坂本さんが回復しなくても、やります。と。
これからも続けていきます。と。

そんな話しをしてくれていて。
その話しの後、1日目の細美さんのコトバを思い浮かべてました。

1日目のthe HIATUS 細美さんは、
こんなイベント早くなくなってしまえばいいのに。
(≒やる必要のない社会になればいいのに)っと言っていました。

真逆。

でも。

表現方法は違うけれど、めざすトコロ、向かうトコロは同じ。

こういうのも全部で、NO NUKESなのかもな。と。
そんな風に思えました。

まぁ、わちゃー!って、ワー!!ってなっているときはもちろんそんなこと考えてませんでしたけど。笑。


でも、なんだか、考えるところがあるなぁ。という感じでした。
2日間。行けてよかったです。



冷笑を殺して、ちゃんと考えていきます。

KIMG1124 - コピー



まんまと、長くなっちゃっいました。

おわりー。

スポンサーサイト
お台場でNO NUKES!!
っということで、行ってきました!
NO NUKES 2014 1日目です!


ライブを楽しみたいのはもちろん、
このイベントのテーマについて、
大好きなミュージシャンがどんなコトバで話すのか、を
聞きたかったので。

「誰に言ってんの?」とか、「誰に伝えたくて話してんの?」って
思ってしまうような、エライっぽい人のコトバではなく、
毎日の通勤や、休日の散歩とかで聴いている音楽を創っている、
その人のコトバを。聞きたくて。その人の声で。目の前で。


1日目は斉藤和義さんと、the HIATUSさん。


その前にナント!元首相の細川さんと小泉さんらが登壇。
原発のない社会を。というコメント。


そして、ライブです。
斉藤和義さん。

なんらかのフェスで、MANNISH BOYSをチラリと見た
記憶はありますが、ちゃんと見るのは初。

最初っからギターの鳴りがカッコよくて、
わー!ってなりました。笑。

それから、ほんとう、シンガーソングライターだな!っていう感想。
バンドマンではなくて。

ギター弾くのが大好きで、主張を高らかにうたう。
そんな様子を見て、自然と"シンガーソングライター"っという
コトバが浮かんでいました。


NO NUKESに対する表現を歌詞に織り交ぜたり、
MCの中で話したりしてくれました。
話し方は柔らかいけれど、コトバはつよかった。



続いて、the HIATUSさん。
今年のNANO-MUGENで、初!ライブアクトを見てから、
まんまと心持ってかれています。ずっと。笑。


やっぱり素敵にカッコイイ。
そして、細美さん、めちゃくちゃ楽しそうにうたうんだな!っというのが、
今回のハッケン。前回よりも近くで見れたので。

とても楽しそうに跳ねる姿に影響されて、
私も普段ではありえない跳躍力で跳んでいました。笑。


今回のイベントのように政治的な主旨を掲げると、
やはり引いちゃう音楽ファンがいるけれど、
ビビらずに来てくれてありがとう。と。

そして、今日、元首相らがステージに来てくれたように、
テレビの中で起きていることは、
自分の目の前とつながっているんだよ。と。

小さな力かもしれないけれど、たたかうよ。と。
負ける気なんてないよ。と。

下を向いている時間なんて持ち合わせていないよ。と。

そんな風なコトを、力強く話してくれました。




いい時間でした。

そして、自分もちゃんと考えようと。
そんな風。


明日はASIAN KUNG-FU GENERATIONで2ステージ!!



おわり。

海岸線で散歩。
っというコトで。
定期的に行きたくなる場所、海。に行ってきました!

特に目的もなく。ただふらり。と。


KIMG1101.jpg 
出発は江の島あたり。
天気がよくて、海で遊ぶ人々も結構いました。

IMG_20140921_160643.jpg
少し進むと海のキラキラがまぶしいくらいに。

サーフィン的なスポーツをしてる人が広い範囲でいて、
波に乗ってる感じがとても楽しそうで、少し見入っていたりしました。
一回くらいやってみたいなぁ。って思うくらいに。


KIMG1111 (2)
それからしばらく歩くと、遠くにウィンドサーフィンが見えるくらいで、
誰もいない凪の景色が。

どこかへ行ってしまいたくなるような気分をくれる、水平線。
(すこし曲がっています。笑。)

最近閉店したらしい、海辺のファーストキッチン(「七里ヶ浜スカイウォーク」より)とか、
江ノ電とかを横目に見ながら、さらに歩くと、
チラホラと釣りをする人がいるエリアに。

なにが釣れるのかな?っと、海面を覗きつつ進むと、
海面に異変?何か飛んでる?

じっと観察すると、なにやらお魚が跳ねている。
しかもけっこうたくさん。

鯵だな。っと、勝手に判断。
今夜は活きのいい鯵をたべたい!っと思いながら、散歩を継続。


また、海水浴までいかないにしても、海遊びをしているエリアが登場。
そのあたりで、海岸線散歩を終了。

にぎやか・おだやか・にぎやか。

海はやっぱりいいです。
楽しかった。



そんな休日。




おしまい。


渋谷でライブ!!
っというコトで行ってきました!
NHKホールです。クリープハイプさんです。

ホールツアー、八枚目でやっと!九枚目でもっと!
東京公演の初日。


会場のざわざわ感が、ドキドキをあおります。

ホールツアーに向けてのそれぞれの思いが映像で。
そして登場。

なにから始まるのだろう?っと思ってたところに、大好きなイントロ。
まさかの「寝癖
マジか!っというのと、ヒャッホイ!というのとで、
あっというまに、トリハダ。

それからなんやかんや。
めちゃくちゃニヤニヤするラインナップ。


あいかわらず、尾崎さんのMCはちょっとずつおもしろい感じと、
まじめにありがとうを伝えてくれる感じとがまぜこぜ。

あと、今回は「エロ」にちなんだ?
思い出の話しなんかも。笑。


それから。

カオナシさんのかえるの唄が聴けました。うれしかった。

小川さんのギターがやっぱりめちゃくちゃかっこよかった。

小泉さんはやっぱりしゃべることはなかったけど、
ドラムを夢中になって見てたら、勝手に楽しめました。笑。


左耳も、オレンジも、おやすみ泣き声、さよなら歌姫も
ホテルのベッドに飛び込んだらもう一瞬で朝だも
二十九、三十も、バブル、弾けるも
それから、それから、もう全部。楽しかったです。全部。

グレーマンのせいにするの曲前で、尾崎さんがタイトルを
言った直後に、お客さんのだれかが「うぉっ!」的な声
(やった!なのか、まさか演ってくれるのか!なのか、ここで?なのか、その他なのか意図はわかりませんが)
が響いたのもなんだか印象的なシーンでした。笑。


”あっという間”というには、濃密な、
でも、もっとこの時間が続けばいいと思うような、
めちゃくちゃ楽しい時間でした。


ほんとう。もうただただ、楽しかった。


これからも、もっとずっと楽しみにしています。


いい夜でした。





おしまい。





山に行く。
っというコトで。
久しぶりに山に行ってきました!

三連休のくせになんも予定のない(泣)のと、
運動不足解消と、大自然の癒し?をもとめて。笑。


で。行ってみたらビックリ。
駅前から混雑。

まぁ、駅前はね。
待ち合わせだとか、テンションあがってるから、食べなくてもいいものとか
食べちゃうよね。とか、そういう理由でしょうと。


が。しかし。


山道入口あたりに着いてもひとがすごい。
登る方も下る方も。

ナンテコッタ。と思いつつ、とりあえず進みます。


そして。
ケーブルカー的な?、リフト的なものの到着地点辺りから
さらに混雑。

もうなんだか、やるせないくらいの混雑。
なんのために山にやってきたのか!っと、思うくらいの。


何とか登頂してみたものの、混雑からは逃げ出せず。笑。

KIMG1091.jpg
くもりのお天気の山々を撮って終了。


どこに行っても混んでいるなら、遠出した方がええかもね。っと、
ガクシュウした週末でした。笑。



おわりー。



水道橋でライブ!!
っというコトで。
行ってきました。amazarashiさんの一夜限りのライブイベント。
千分の一夜物語「スターライト」です。

amazarashiさんの特設ページで紡がれた5章のストーリーと音楽が、構成。

まさかの朗読で始まったステージですが、あっという間に引き込まれて、
夢中な時間を駆け抜けました。


久しぶりに聴く、生の声は、うたは、やはりとても素晴らしくて。
そして、とてもつよくて、さまざまな感情をくれました。
ほんとう、さまざまな。


なんらか共感していたり、同じイメージを抱いていたり、
言葉にできなかったことを表現してくれていたり、
ただただかっこよかったり、ただただ楽しかったり。
あとは、その時の自分の感情に近い音やコトバをくれていたり。

そうした理由なんかで、音楽を聴く(コトが多い)ような気がしているのですが、
amazarashiさんは、というか、昨日のステージは、
なんだかそれと少しちがう感覚がありました。


彼が見ている景色を一緒に見ているような、
彼の感覚している気持ちをトナリで想像しているような。
そんな風。

そして、それがなぜかとてもリアルで。


なんだかとてもフシギな感覚でした。
そして、とてもいい一夜でした。




新しいアルバム「夕日信仰ヒガシズム」の発売と
それに伴うツアーが発表されているので、
今回の一夜のステージとはまたちがう
amazarashiさんに出逢えるのを期待して、次を待ちたいと思います。



ほんとう、いい夜でした。


9月9日。夏惜しむ。蝉しぐれ(は、なかったかな。笑。)の只中にて。


おわりー。

あっという間に。
一週間です。

9月7日。


はやいね。


copyright © 2017 ふつうのブログ。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.