ふつうのブログ。
好きなもの、スキナコト、たのしい、うれしいを。いつも。ふつうに。
渋谷でライブ!!
っというコトで。行ってきました!
帰りの会」以来の米津玄師さんのライブ、「花ゆり落ちる」へ。
楽しみ過ぎて、その日一日へらへらするくらいに。笑。


そんな期待絶大!な中で、開演。

登場による"爆発的"な拍手で、
ここにいるみんなの、"期待感"すら共有できたような気がしました。
そんなはじまり。


素敵な照明を駆使したドーナツホールでスタート。

続く楽曲が、まさかのパンダヒーロー。
ボカロ曲!
まじか!っというのと、ひゃー!っていうのと、
うれしい!っていうのとで、テンションがすごい。

その後もいくつかボカロ曲。
「沙上の夢喰い少女」が鳴った時のテンションは、
文章で表現できません。笑。

それからのたくさんの楽曲たちを聴きながら、
うたう声の、太さというのか、つよさというのかが、
完全に増していて、ライブをたくさんやってきたからなのかなぁ。
とか、
唯一ギターを置いてハンドマイクでうたった
「駄菓子屋商売」のときの観客へ向けた姿を見て、
ステージ上での振る舞いが素敵だな。とか、
オマエ誰だよ。って感じの感想を抱いてきました。笑。


あの、「マトリョシカ」も聴けました。

USTでしか聴けなかった曲たちが、盛り込まれ、
CDとはちがう勢いや強弱のある曲たちをたくさん鳴らしてくれた、
素晴らしいライブでした。


そして「Flowerwall」での終わり。

終わらせ方も完璧。


想像していた遥か上をゆく、さすがのステージ。


そして、
終盤のMCで話してくれた、
「(前略)・・・ライブは一生やっていく。から、また逢いましょう。」
が、めちゃくちゃうれしかったです。


またライブに行きます。



素晴らしい夜でした。
ありがとうございます。



おしまい。


スポンサーサイト
ひさしぶりに学生。
っということで。

ぐうぜんに出逢った公開講座へ。
多摩美術大学芸術学科21世紀文化論。
「死者とともに生きる」
講師はいとうせいこうさんです。

ちょっと前に「想像ラジオ」を読んでいたのがすこし、
そして、せいこうさんが、"今"どのような話をするのかが
きになって。行ってきました。

内容はほんとうに多方面で、
死者と生者の関係性をとっかかりとして、
せいこうさんの表現してきているすべてとの関連と、
その基になる表現・現象・実在的ななんらかについて、
たくさん話を聞いてきました。


文章に起こすことによる虚構 とか、
死者と生者の「1対1」 とか、
引用と翻訳 とか、
それからもっともっと。

とても興味深い話をたくさん聞くことができました。


知りたいことがたくさんできたので、
それを知って、また新しい何かに出逢えたいと思います。


学生ってすばらしいな。


眠っている(ほんとうの)学生たちもいて、モッタイナイ!って
思ってしまったけれど、きっと自分もそんな学生時代だったのだ。と思うと。
苦笑いと共に、モッタイナカッタ!と思ったりもしました。


そんな、春の昼下がり。




おわり。


新木場でライブ!!
っというコトで。行ってきました!
WHITE ASHさんの”DARK EXHIBITION”ツアーファイナル!
スタジオコーストです。

アルバム発売からおよそひと月半。
カナリ聴きこんで、かつ。この音がライブでどう鳴るのか?っと、
めちゃくちゃ楽しみにしていた日です。

会場へ向かう電車からドキドキが止まらない。
心臓が口から出そう。笑。なくらいに。


で。
はじまり。


入場のSEもなく、暗転し、開演。「Orpheus」でスタート。
ドラムに並んで響くの鍵の音まで、鳴ってる。すごい。

期待があったのかどうかもわからないけれど、
とにかく素晴らしくカッコイイ!楽しい!

最新アルバム「THE DARK BLACK GROOVE」の楽曲も
少し前の曲たちも、混ざり合って、とてもいい空間がたくさん流れました。

なんどもライブを見てきたWHITE ASHさんですが、
今回、「THE DARK BLACK GROOVE」の収録曲を生で聴いて
トリハダ!がたつような局面がとてもたくさんありました。

今作の「度」を超えたかっこよさ。というか、
"前作を超える"。というと語弊があるかもしれないけれど、
永遠に「今」が一番素晴らしい、カッコイイバンドなんだ。と実感してきました。

上手いコトバが見つからないけれど、ほんとうによかった。です。笑。


ラップ寄り?の英詞をうたうのび太さんがめちゃくちゃかっこよかったです。

あいかわらず?平静な彩さんが安定していて、ステキでした。

ステージが広くて、(おそらくはじめて。笑。)ちゃんとドラムシーンが見えて、
剛さんの叩く感じに、なんというか、理性感みたいな丁寧さを垣間見れて、
楽しかったです。とても。

ギターに加えて、ドラム(仮)・キーボードを奏でる山さんは、
器用で素晴らしいな!っと思う一方で、
MCの持っていき方に彼の人らしさみたいなものが窺えて、
なんだか笑えました。


そんな全部で、よかった。と。
このバンドに出逢えて、ライブに行ける環境でと。


素晴らしくいい夜でした。

IMG_20150417_205847.jpg



おわり。





宮城県の旅!!
っというコトで。
行先がふたつの新幹線に乗って、宮城県へ。
IMG_20150411_080917.jpg
行ってきました!おそらく、およそ、2年ぶり。くらい。


新幹線と電車を乗り継ぎ、乗り継ぎ。

IMG_20150411_124215.jpg
石巻!です。

いつぶりか?の石ノ森萬画館です。
石巻には行きたかったものの、萬画館以外の情報を
持ち合わせずに出発していて。笑。

兎にも角にもここへ。まっすぐ。
攻殻機動隊に関する企画展をやっていて、
アニメーションができるまでの背景をたくさん見てきました。

あと、サイボーグ009のキャラクターたちの詳細が
知れるコーナーがあって、002を紹介するストーリーが素敵で、
勝手にファンになりました。
いつか、全部読んでみたいと思います。いつか。笑。


それから、4年と1か月の街の様子を見て来ました。

ふつうの街のようだけれど、ふつうの街と違うところ、
まだまだたくさんあって、やっぱり、見なくちゃ、来なくちゃわからないことって、
たくさんあるなぁ。と。


それから、松島にも行ってきました。
IMG_20150412_103645.jpg KIMG1312.jpg
きらきら光る海面、波音や鳥のなく声と、遊覧船から響く汽笛みたいなものたちに
かこまれて、「松島や あぁ松島や 松島や」っという気分を味わってきました。笑。


そして、東京では終わってしまった春。
IMG_20150412_125808.jpg
美しかった。です。



とてもいい休日でした。

また来ます。




おわり。
恵比寿でライブ!!
っというコトで。行ってきました!

元andymoriの壮平くんをはじめ、健二くんや、大樹くんなどが所属するレーベル、
Sparkling Recordsさんのイベントです。

初めの1曲目は、まさかの全員登場で、セッション。
続いて、壮平くんの弾き語り。

解散発表後のライブはチケットがとれなかったので、カナリ久しぶりの壮平くんのうた声。

ただただうれしかったです。
ニヤニヤが止まりませんでした。笑。


それから、ゲートボーラーズというバンド。
ベースの人の動きがめちゃくちゃ独特で、おもしろかったです。
帽子とサングラスをつけて登場したと思ったら、
あっというまにサングラスを外していて、また別の瞬間にみたら、
帽子も脱げていて、一体何のための装飾だったんだろうとも。笑。

それから、健二くんのバンド。
以前に一度だけ、弾き語りの健二くんをみたことがあったけれど、
バンド体制はまたちがって。そして、その時も思ったのかもしれないけれど、
うたう健二くん好きだなって。
とてもよかったです。

続いて、レーベル所属の谷口貴洋さん。
弾き語り体制とバンド編成を混ぜつつ。
バンド編成で登場した大樹くんのドラムがめちゃくちゃすごかった。
大樹くん時代のandymoriは、音源しか知らなくて、
ライブを見たコトがなかったのだけれど、夢中でした。
もっと見ていたかった。聴いていたかった。素晴らしかった。また見たい。
そんな風。


それから、AL。(壮平くん+長澤知之さん+寛くん)
「ワレワレハALデアル。」という、謎の(おそらくテキーラによる酔っ払いのいきおい。笑。)テンションで、
登場したのも束の間。
夢みたいな素晴らしい曲たちを聴かせてくれました。



そして、アンコール?だったのか、どうか。

再度みんな登場して、セッション。
健二くんと大樹くんのツインドラムはすごかった。


あと壮平くんのはしゃぎっぷりが、すごかったです。笑。



音楽はただただ、楽しく、素晴らしいものだ。っという感じを全面で受け取ってきました。



また来たいです。



おわり。

中野でライブ!!
っというコトで。
行ってきました!tacicaさんの結成10年ライブ「烏兎」です。

この前行ったのが、ドラムの坂井さんのおしまいのライブで、
それ以来。
その後のツアーは、なんだか行けなかったので、だいぶひさしぶり。

どんな感じかな!?っというのと、初のホールライブ!っというので、
ワクワクソワソワ。

で、開演。
「HERO」でスタート。

これまで何度も行ってきたtacicaさんのライブと変わらず、
目線がドラムに行きます。ちょうど真ん中に位置しているし。ね。

そこにいるのは、中畑大樹さん。

当たり前なのだけれど、叩く人が変われば、
景色も変わり、音も変わり。
それを目の当たりにして、なんだか、うわぁー!って。ウワー!って。
もうそこに坂井さんがいることはないんだな。って思って、うわぁー。って。

それでもやっぱり、鳴ってる音は、とてもカッコイイ。


うわぁー!っていう感情と、ただただ目の前で鳴る音の素晴らしさがくれる
テンションが交錯しながら、「今」のtacicaさんを見てきました。
そして、受け入れられました。

よかった。



全編通して、猪狩さんは、やっぱり、いつも通りで、
まさかのグッズ紹介が小西さんになっていて、
「小西さんがしゃべった!」って、驚いたり、笑。
ライブらしい新しい感覚の音を聴くことができたりして、
とても楽しかったです。うれしかったです。


いろいろあるけど、シンプルに素晴らしいバンドに出逢えたなぁ。と。

そして、これからも見続けて、聴き続けていきたいなぁ。と。

そんな風に思えました。



いい夜です。


おわり。









春。
っというコトで、4月も4日。

春です。

ウソをついたり、つかなかったり、
通勤電車の混雑と連続する遅延に、新生活を感じたり、
街ですれ違う新卒たちのスーツの黒さやシャツの白さに目を奪われたり。

なんやかんや。


そして、ようやっとサクラへ。
電車や徒歩で、公園の隅や道路沿いにある木を、
横目に見てはいたけれど、本格的には今日が今季初。

行ってきました!!

IMG_20150404_164104 (1)
・・・・え。。あぁ。


春が。おわる。

そんな景色。



もう少しだけ、待っていて。


おしまい。



copyright © 2017 ふつうのブログ。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.