ふつうのブログ。
好きなもの、スキナコト、たのしい、うれしいを。いつも。ふつうに。
おしまい。7月。
っというコトで、7月のおわり。

さまざまなライブに参加して、
そのすべてが大好きだ!っと、感じられた、
充実した7月でした。
サイコウ。


さて、8月。
まずはロッキン!です。
というか、それがすべて。
くらいに楽しみにしています。超!

友人による、まさかの直前キャンセルで、
初参加なのにひとり(泣)ですけども、
米津玄師さんの夏フェスのステージを
ゼヒ見たい!っというキモチがすごいので、行きます!

ひたちなかで逢いましょう。
よろしくお願いします!


あとは、夏休み!
なんやかんや、そのときどきに、更新します。


本日以上。
ありがとうございました。

スポンサーサイト
お台場でライブ!今週2度目の!!
っというコトで、今週2回目のお台場へ。
前回はZepp Tokyoでしたけれども、今回はZepp DiverCityの方です!

ちょうど1年2か月ぶりのSAKANAMONさんのライブです。

アルバム「あくたもくた」のツアーファイナル。
このアルバムがとてもよくて、カナリおもしろくて、ライブがとても楽しみでした。

大好きな曲”ケセラセラ”からスタート。

たのしい。

”TACHNOMUSIC”でおどったり、
ゲストボーカルを迎えた”アナログラブ”がステキだったり、
「修学旅行!」とか、「運動会!」とか叫んだりする、
そういう全部がたのしかったです。

ただただ、たのしい。
それだけであることが、最高なライブでした。

あと、
「音楽って、人を応援するとか、元気づけるみたいなチカラが
あると思うんですけれど、そういうのではない曲をつくりたかった」的な1曲。
”肉体改造ビフォーアフター”がさすがでした。笑。

みんなでありったけの「つまんねぇよ!」のキモチを投げたのも。
このくだりがサイコウに好きでした。


それから、森野さんの盛り上げとか、MCがすこし上手になったなぁ。とか、
藤森くんやっぱり、ギター上手いなとかー。丁寧だなーとか。
さまざま感じてきました。(誰?笑。)

藤森くんの身の回りの世界をおもしろく楽曲にしていく、
類稀な(笑)音楽を鳴らす、このバンドがとてもすきだな。と。
改めて。


まだ名前もないという新曲も演ってくれて、それがとてもよくて、
なんだかうれしかったです。


とてもいい夜でした。


あ、ベーシスト明るいくんの曲もきけてうれしかったです。




おわりー。
お台場でライブ!
っというコトで、行ってきました!
ツタロック×Kenji Furuya Presents “Dances With Wolves”です。

Schroeder-Headzさん、金子ノブアキさん、
WHITE ASHさんに、 降谷建志さんという、
おもしろそうなメンツです。
WHITE ASHさん以外は、みなさん初!ライブ!

Schroeder-Headzさんからスタート。
キーボード的な人とドラムとベースの3人編成のインストバンド。

まったくの初聴きでしたけれども、
どんどん熱を帯びていくように、跳ねるように、
盛り上がる曲が多くて、すてきでした。

なんらか1曲のフレーズが
どこかで聞いたような感じがしたけれども、
それがどこだったか?は、引っぱり出せないまま、
その瞬間はすぎ去りました。
どこだったんだろうか。知ってる?


つづいて、金子ノブアキさん。
こちらも完全に初。
ドラムのイメージだけれど、うたうのだろうか?っと思って、
セットの転換を見ていると、ドラムが真ん中。
やっぱり、ドラムなんだ。っと、確認。
続いて、そのドラムが、客席に向かって、
横向きにセットされて、びっくり。

はじまってみると、夢中。
こんなにも(あんなにも?)、ドラムに集中して見ることも、
ここまで(あそこまで?)、耳の真ん中でドラムを意識して、
聴くことも、なかなかない。そんな感覚で、1曲、1曲がおもしろかったです。

後半、客席にほぼ背中を向けて叩くシーンの連続で、
それもちょっとおもしろかったです。笑。


そして、WHITE ASHさん。
まさかの「Orpheus」はじまりで、びっくり。
アルバム"THE DARK BLACK GROOVE"の1曲目で、
めちゃくちゃカッコいいのだけれど、
その時のツアーでしか、聴けなくなっちゃうような、
そんなイメージの曲だったので、ココで聴けて、
うれしかったです。とても。

それから、盛り上がる曲たちが次つぎと。
あいかわらず、うたうのび太さんがかっこよかったです。すごく。
新曲「Insight」も聴けて、発売が待ち遠しくなりました。
(8月5日発売!)


そして、ついに登場。
降谷建志さん!

あっというまに会場内が熱狂!
エネルギーがすごい。

そして、楽曲が!すごい!めちゃくちゃカッコイイ!

CDと全然インパクトがちがうのはもちろん、
CD発売に合わせて、スタジオライブが生配信されたのを見たのですが、
(そのどちらも素敵にイイ!)
それとも印象がちがう。全然。


圧倒的な引力と、ちからづよさと、爆発力!的な、音。楽。

すごい。


ほんとう、来れてよかったと。見れてよかったと。
そう思えるステージでした。

さいごに、
「好きな音楽としてのジャンルはあるけれども、
こういう、さまざまな音楽に出逢えるイベントにもたくさん
足を運んでほしい」というような、ひろく音楽を聴いてもらえたら。的な、
コメントがすてきでした。



めちゃくちゃいい夜でした。
サイコウ。


おわり。



新横浜でライブ!
っというコトで、行ってきました!
ASIAN KUNG-FU GENERATIONさんのツアー
「Wonder Future」です。

落ち着いて(?)考えると、アルバムツアーは初。
どんなライブになるんだろう!?っと。

会場に入ると、さまざまな高さのセット。
真っ白なステージ。

このステージが、まさか
あんなコトや、こんなコトになるとは。
(ひみつ。もしくは、自粛。笑。)


内容はとてもシンプル。
アルバム「Wonder Future」の曲たちと、
それに内包されるような、というと、
少しちがうのかも知れないけれど、
その世界観に合うような曲たちが。
続々。

ただただカッコイイステージでした。


自分の席の前が、少し背の高い人で、
後藤さんとかぶる位置に動くたびに、
自分の位置を変えるくらい、後藤さんが、
結構、いや、かなり好きだったんだなぁ。
と再確認してきました。笑。

それから、サポートのシモリョーさんが、
なんらかの弦楽器を弾いているのに、
びっくりしました。
the chef cooks meでは、
見るコトのなかった光景だったので。
さいごまで、ギターなのか、ベースなのかは
わからなかったけれども。笑。


もちろん建さんも、山さんも、潔さんも、
めちゃくちゃ素敵でした。
建さんのギター、ステキスギでした。

あと、後藤さんによるメンバー紹介が
おもしろかったです。
愛のあるかんじで。笑。


素晴らしくいい夜でした。


あと何本行けるかしら。
次は正面から見たいよ。笑。


おわりー。
下北沢でライブ!
っというコトで。
DENIMSというバンドのライブを観たくて、
Ken Yokoyamaの出演するMステを録画して、
下北沢へ!

DENIMSさんのほかに、
音の旅crewさん、わがままカレッジさん、楽団 象のダンスさん
という4組のイベントです。

ぜんぶ初めて。

開場後に行ったのに、フロアにほとんど人がいなくて、
関係者しかイナイー!っていう恐怖感に見舞われつつ(笑)、開演。

開演後は徐々に人が入ってきたのですこし安心。
でもすみっこに位置。

音の旅crewさん、わがままカレッジさんの順でライブ。
どちらもええ感じでした。

そして、DENIMSさん。
ここはさすがに、すみっこ脱却して、前へ。

1曲目が前身のAWAYOKUBA時代の曲で、びっくり。
そして、ニヤリ。

それから、初の全国流通版「Daily use」の曲たち。
さすがにライブ。音がとてもカッコイイ。
CDで大好きだったけれど、いっそう好きになりました。

活動拠点が大阪なので、なかなかライブを見る機会は
少ないと思うけれど、見れるときは観に来よう、聴きに来ようと、
思いました。とさ。


帰り際、トビラの外にDENIMSのギターの人がいたので、
ヒトコト感想を言ってかえってきました。



おもしろい夜でした。




おわり。



このMVで足を追っていた人はこの日も松葉杖姿でした。笑。


六本木でライブ!!
っというコトで、行ってきました!
初、六本木のライブハウスへ。

大好きなバンド、tacicaさんの2015ツアー、LOCUSです。

新し目のライブハウスは、やっぱり、とてもきれいで、
そして、ステージまでに何個フロアを下るのか?とかが
わからなかったりもして(笑)、
なんやかんや、ワクワク感を増幅させてくれました。


そして、開演。

当たり前ですけれども、
アルバム「LOCUS」からの曲たちがたくさん。
もちろん、それ以外のアルバムの曲たちも。

その中で、なんとなくですけれど、
「LOCUS」の曲たちがひときわ、明るく聴こえたような気がしました。
アルバムの印象か、照明の影響か。笑。

それが、とても心地よかったです。素晴らしく、楽しかったです。

「烏兎」では、このまま飛べそう(跳べそう)だ。という気分にも。笑。
あと、緊張とかではないのに、口から心臓が出そうな、
とても不思議な感覚にも。
それが、ドキドキ!によるものだと気づいて、勝手にうれしくなったり。


ドラムの中畑さんの力強さとか、見ていて、聴いていて、楽しい音にも、
今回は気付けました。よかった。


目の前に夢中すぎて、一曲前がどうだったのかが
おぼろげになるくらい、夢みたいな時間でした。


あと、「これからも、止まるつもりは全然ないので。」っと、
最後のさいごに猪狩さんが言ったコトバが、とても、すごく、うれしくて、
これからもずっと聴いてゆくし、ライブにも来続けようと思いました。



ほんとういいバンドです。出逢えて、よかったです。




おわり。

copyright © 2017 ふつうのブログ。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.