ふつうのブログ。
好きなもの、スキナコト、たのしい、うれしいを。いつも。ふつうに。
渋谷で弾き語り。
っというコトで。2日連続で渋谷。
小山田壮平くんの弾き語りツアーです。

満員のフロアの中に突如としてなる、炭坑節。
ざわついた空気のなか(笑)、壮平くん登場。

andymoriやALの曲たちをたくさん。

ほんとうに、もうほんとうに、
まっすぐな、まっすぐに届く声だなぁ。って。

ギター一本で、ていねいにきれいにうたう曲や、
フロアを湧かせるスピードある曲や、
みんなでくちずさむハッピーな曲たちを聴かせてくれました。
素晴らしい時間。


「ベースマン」が聴けて、とてもうれしかったし、
曲紹介もなくはじまった「インタビュー」で、
"アレ、これ知ってる。
え。これなんで知っているんだろう。"って、
自分の記憶に?がついたんだけれども、
そういえば、You Tubeで聴いていたことを
思い出して、記憶力に不安を感じたり(笑)、
最後のさいごに「兄弟」をうたってくれて、
まさか!感がすごいと同時に、聴き入って。

サラッと流れるような、
でもとても濃い瞬間の連続のような、
そんな貴重な体験でした。





「インタビュー」


昨日に続けて、ほんとうにいい夜になりました。。
最高。


おわり。

スポンサーサイト
渋谷でGood Time。
っというコトで。行ってきました!
Gotch & The Good New Timesのツアーファイナルです。

会場に入ると、すでに
ウェルカムミュージックのPeg & Awlが演奏中。
概ね初めて聴く曲や
なんとなく聴いたことがあるような曲が流れている中でぼんやり
時間を待ついつもの開演までの時間が
目の前で弾いたりうたったりしていると
こんなにも違う時間になるのかっという感じで、
あっという間に。開演。

7人編成のバンドは見どころがたくさん。

ギターの2人の弾きわけを知りたくて、ふたりの手元を見比べたり、
曲ごとに異なる楽器を使い分けるシモリョーとYeYeさんに
ひっぱられたり、音源とは異なるようなドラムに注目したり、
なんやかんや。
正直序盤は、ヴォーカルゴッチさんより、
メンバーさんに夢中でした。笑。

見どころがたくさんということは、
もちろん聴きどころもたくさん。

パーマあてたて。というゴッチさんのMCに
(まさか)影響されたのか、うっすらパーマ液臭を
感じる中で、たくさんの心地よい曲たちが聴けました。

途中、ゴッチさんがハンドマイクでうたう曲があって、
かつ、めちゃくちゃ踊りだして、
それがとてもめずらしくて(これまでみたことがないようなシーン)、
少し"えぇー!"とも思って(笑)、
でもそれがなんとも楽しそうで、
なんとなく、今日来てよかったな。って思いました。笑。

ちなみに、ハンドマイクゴッチは、2曲目で慣れました。笑。



話題急変。


ゴッチさん曰く、
今ソロで演っているタイプの音楽は、
10年くらい経てば、聴く人が今の10倍くらいにはなろうか。と、
想像して、いま、種を蒔いているそうです。


なんか、それ、いいな。って思って、
0に近くてもいいので、キロクしようって思いました。

そういうなんやかんや全部で、
とてもいい夜でした。



花を植えよう 種を蒔こう




2016.09.29.



おしまい。




世界報道写真展。
っということで。
今年も行ってきました!

世界報道写真展」2016へ。
Fotor_147470583054094.jpg

毎年ブログにキロクしてるかと思っていたけれども、
してたりしてなかったり。
あいまい。よくない。

っというコトで、とりあえずキロク。


見に行かないと知らないこと、
知れないことばかりの世界なので、
兎に角、これだけは、この写真展だけは、行こう。と、
決意している重要な場です。

写真について文字で起こすのは、
無粋な感じがしますし、
適切に表現できる語彙も持ち合わせては
いないけれども、それでも。

"難民"について、思いを巡らす時間になったし、
学ぶ場となる学校的な場所が、非常に苛酷な
(苛酷という言葉では足りないくらい)環境である
国があることを知ったり、
大国中国の、日本には届かない事故や大気汚染が
写されていたりしました。
絶滅寸前の動物たちと、それを保護する人も。
抗えない自然現象と、その影響を受ける人々も。
中には、どんなに精巧に描いても、
創れないような、描けないような、雲もありました。


シャッターを切ったその前で起きている、
2016年の出来事に、
何を思うコトが適切かはわからないけれども、
それがあったことを、今日一日でも、
知れたことがよかったと思います。
知らないままの明日よりか。


そんな風。



おしまい。



祝日。雨。
雨の祝日は、予定通りに読書に終始。

読まないまま終わるかな。
と思っていたけれども、
世界観」がとてもよくて、
聴き続けるほどによすぎているので、
このタイミングで読んでみようと思った

1106682210_main_l.jpg
祐介」です。

あたりまえですけれども、世界観ではなくて。
祐介で。
世界観 前夜でも、前日でもなくて。

その中にちらばっている。というか、
ちりばめられているいくつかに世界観を
みつつ、でも祐介。

人間の、感情の、
どろどろした感じがすごかったです。
音にのらないと、こんなにもか。と思うくらいに。

でも。
"間違いだらけでも、間違いだらけだけど、
どうすることもできないから、走った。"
という一文は、そのシーンは、とてもすがすがしかったです。
たぶん。


それを経ての、
「今」がいいと思います。





アルバム「世界観」がめちゃくちゃいいから、
とりあえずみんなに聴いてほしいです。
とりあえずみんなに。



おわり。




誕生日。
そういえば。の昨日の続きで、
なんとなく思い出した話。

ふと。
"今日誰かの誕生日だったような気がする。"
と思うコトがあります。

でも、記憶を遡ってみても、
知り合いの誰の誕生日でもないことに気づく。
という謎の時間。


時間や感覚によって取捨選択されて、
記憶は一定量、もしくは、
減ってきてしまうのは、わかっているけれども、
その謎の時間に、
引っ掛かりを覚えます。

忘れてしまった、
思い出せなくなってしまった、
誰か。かもしれない。
かもしれなくはないかもしれないけれども。


いつまで、誰を覚えていられるだろう。
誰をおぼえていられなくなるだろう。



なんとなく。
そんなことを思った、21日。



明日は祝日。

雨が降ったら、本を読もう。

晴れたら、もし晴天だったら、
なにをしよう。かなぁ。
たのしみ。


おわり。




そういえば。
っというコトで。そういえば、と。
思い出した3連休おわり頃の話し。

連休中、東京のいくつかの場所で
開催されてたサーキットイベント、
「TOKYO CALLING」の最終日19日に、
ヒトリエさんが出演していて、
そのライブが配信されていました。

ちょうど。でもないけれども
そういえば。と思い出して、
わりとそろそろ。くらいの時間だったので、
待機。
視聴。

画面の向こうで、鳴ってる音。
画像めっちゃ荒い。笑。
なのに、めちゃくちゃかっこよくて。
まさかの新曲も。それもまた。もう。

なかでも「ワンミーツハー」が
大好きなんだな。って、自覚。
うっすら気がついていたけれども。再。発見。




あと、「MIRROR」が聴けたのもうれしかった。です。
そういえば。



台風による雨音に支配される室内から、
逃れるべく、そういえば。の記憶を呼び出しています。

火曜日の夜。


停電にならないうちに、
ねます。
ねましょう。



おしまい。



3連休が。
おわる。

なにもしてない。

どこにもいっていない。


雨の予報と、降らなかった雨と、
降り始めた雨のせいにしよう。
そうしよう。



あと、行ってしまった夏のせいにもしよう。
そうしよう。



おわり。


わすれがち。ブログ。
っというコトで。
タイトル通り、忘れがちです。更新。

ものすごい台風がやってくるよ!
っというお知らせに脅されるわりに、
平穏で、肩透かしされる一方で、
遠くの被害がとても気がかりだったり、
文庫になって出版された「村上海賊の娘」に
夢中になっている間に、
とっぴんぱらりの風太郎」の文庫が出ていて、
めっちゃくちゃ気になるけれども、
こんがらないように、自制したり、
少し伸ばしっぱなしだけれども、
散髪するまでではないな。という、
曖昧な髪型の期間が突如として消えて、
明日にでも切らなければ!
っという焦燥感というか、不満感が生じて、
あっという間に散髪したり、
SNSでキニナル人たち
しおひがりさん、アリスムカイデさん、フクモトエミさん、タススさん)の
トークショーの情報を入手して、
どんな人らかは、詳しくは知らないけれども、
なんとなくオモシロソウ!っというコトで、
観に行って、結果めちゃくちゃおもしろかったけれども、
結局みんなどんな人か。は、謎だったな。と、
確認したり、
近所のお祭りの音を聴いて、
季節を感じつつ、それがほぼ1日中続くことに、
えぇー、ちょっと。。。って、引いたり。

そんな風に、なんやらかんやらして過ごしています。
9月。

そして、目下の課題というか、
検討事項は、3連休。

さて、どうしましょうか。

どうしているでしょうか。


乞うご期待(仮)



おわり。





copyright © 2017 ふつうのブログ。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.