ふつうのブログ。
好きなもの、スキナコト、たのしい、うれしいを。いつも。ふつうに。
人生生涯小僧のこころ。
という本を読みました。

著者は塩沼亮潤さんというお坊さんです。
奈良県は吉野の山を9年の歳月をかけて、
大変な距離歩くという行を達成されて
「大阿闍梨」と呼ばれていらっしゃる方です。


今、出会えてほんとうによかった、と思える本でした。

とても大切なことをたくさん教えていただきました。

すべてに対して”させていただく”という考え方、
すべてまわりが”与えてくださる”という捉え方、
心を込めるということ、生きること。


ほんとうの意味で「感謝」するということを理解できたような気がしています。
だから、きちんと実践できそうな気もしています。


うまくコトバをつなげられなくて、もどかしいところもありますが
ほんとうに、本当に出会えてよかったです。


ありがとうございました。

人生生涯小僧のこころ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 ふつうのブログ。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.