ふつうのブログ。
好きなもの、スキナコト、たのしい、うれしいを。いつも。ふつうに。
「ギフト」。
日明恩。

ということで2011年最後の読了本。


現世をさまよう死者が見えてしまうガクセイと
過去にナニかがあって、さまざまな意味で静かに暮らす
元ケイカン。

フタリが出逢い、さまよう死者たちの謎を解いていくストーリー。


さまざまなピースを集めて、
適切に読みとると人が見えてくるという。
好きな感じの作品でした。

自分が見えないものや聞こえないものを
信用するのはムズカシイけれど、
だからといって、
すべてを否定するのではなく、遠ざけるのではなく、
受け入れようと試みる姿勢はもっていたいと思いました。

そんな感想にて、2011を締めくくります。


Twitterの引力に負けて、ブログ更新が減っておりますが
来年もちょいちょい書いていきたいと思います。

ありがとうございます。

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 ふつうのブログ。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.