ふつうのブログ。
好きなもの、スキナコト、たのしい、うれしいを。いつも。ふつうに。
ワイルド・ソウル
という本を読みました。
作者は、垣根涼介氏。

これすごいです。

作品との出会いは、電車に乗る間の時間を潰すために立ち寄った駅の本屋さん。
他の本屋さんでも見かけていて、でも特に気にならなかった、最近の文庫新刊。
ほかに気になるものもなく、まあ、なんとなく。で、手にとって、電車へ(ちゃんと購入して)。

が。


のっけから、なんかすごい。出会ったことのない世界。
怖い・恐ろしい空気感。
でも、先を知りたい。

そんな場面の連続です。

ほんとうにすごい。



読み終えた今の感想は。
うーん。。なんと表現したらいいか。難しい。
でも、たくさんの人に知って、読んでもらえるといいなぁ。と思う作品です。

まちがいなく。

"笑える"という意味じゃない方の「おもしろさ」があります。





あと、事実を基に。っというところが衝撃です。
日本をもっと知らないと。勉強しないと。

知っておきたいことは、なくなりません。

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 ふつうのブログ。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.