ふつうのブログ。
好きなもの、スキナコト、たのしい、うれしいを。いつも。ふつうに。
凍りのくじら。
という本をついさっき読み終えました
作者は辻村深月さん。

ちょっと前に「スロウハイツの神様」という作品を読んで、それが非常に楽しかったので、別タイトルに挑戦。

興味深かったけど、怖かった。っというのが正直なところです。
主人公が、自分を語るときの個性、"Sukoshi Fuzai(スコシ不在)"の感覚が、きっと自分にもあって。
でもその思考が行き着くところは正しくなくて、きっと痛い結論が待っているんだろうなっと、想定できました。
それがわかるから非常に怖かった。

そして案の定、イタイ

だけどそれ以上に、読んでよかったと思えるコトバが。表現がたくさんありました

だから、やっぱりよかったと。
なんで、今まで読んで来なかったのかっと不思議なくらいに。

これからもたくさん既刊作品を読むことになるでしょう

楽しみです。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 ふつうのブログ。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.