ふつうのブログ。
好きなもの、スキナコト、たのしい、うれしいを。いつも。ふつうに。
渋谷でライブ!?
っというコトで行ってきました!!

7日の水曜日、渋谷。『Take-Jammer Dancing to blues guitar』です。
Take-Jammer のTakeは、竹内朋康さん。JammerはKenji Jammerさんです。

開催一週間前くらいに知ったイベントです(遅)
竹内さんのTwitterとか、ブログとかで告知されてて、
ゲストにMummy-Dさん!っというコトで、マボロシか幻を見たくて、
参戦決定。

早速のぶっちゃけですけど、Kenji Jammerさんは、それまでは知らない人でした(すいません。)

登場は、Kenji Jammerさんひとり。
コトバよりもギター!!っと言わんばかりに、早速スタート。

開始何分かもわからないくらい、急激に夢中になりました。
弾きながら、足元のなんらかの機会を操作して、
たった今弾いていた音をサンプリング?して、それをどんどん重ねていきます。

ギターでここまで広いコトができるんだ!!っというのと、
初めて見る世界観に、まんまと夢中です。
そして、Kenji Jammerさんが、とても楽しそうに弾いていて、それも素敵でした。

途中から、SWING-Oさんが登場。ピアニカ的な音がプラス。
オンガクが重なるってすごい!を、ゼロから見たような気がしました。

それから、竹内さん登場。セッションのはじまりです。
竹内さん、客席から見ててもわかるくらい、めちゃくちゃテンション高かったです(笑)

でも、そういうのも含めて、全部。楽しかった。
カッイイ音が聴けました。

途中。まさかの!?休憩をはさんで、Mummy-Dさん登場です。


謎なKenji Jammerさんの紹介を経て、Mummy-Dさんがステージへ。

(超ステキな!)フリースタイル的なラップをかましてくれた後、
「なにやるのか全然決まってないんだよー」的なコメント。
Mummy-Dさんが困ってるのをはじめて見ました。マボロシ1。

ステージのリードがKenji Jammerさんに戻って、竹内さん、SWING-Oさんらとセッション。
Mummy-Dさんは、スネアドラムを叩いてました。他では絶対見れない。マボロシ2。

続いて、Kenji Jammerさんからの要望もあって、
本当のマボロシが!
竹内さんギター、Mummy-Dさんマイクで、曲を演ってくれました。
ふたりが集ったのが、およそ4年ぶりらしいです。
マボロシ3。

そんな二人のアクトをみて、Kenji Jammerさんは何故かすこし涙を流している。
爆笑1。(全員)


それからまた、Kenji Jammerさんリードで、ギター&ピアノのセッション。
参加しているすべての人たちが鳴らす音がすごいので、結果、超スゴイ音になります。
文面では、単純な表現にしかできないですが、
あの時、私の耳は、脳は、細胞は、踊っていました。

さらに、竹内さんがうたう。マボロシ4。

この辺からKenji Jammerさんの集中力が、あからさま?に、切れて(?)っというか、
〝弾く″より、〝聴く″か〝踊る(笑)″の時間が増えてました。

それでも、最後までみなさんカッチョよい音を聴かせてくれました。
とてもたのしかった。

その後は、SWING-Oさんがうたったり(マボロシ5)、
もう一度、本当の!マボロシでうたってくれたり(マボロシn)


これまで体験したことのない、初めての、かつ、非常にたのしいライブでした。

そして、期待通り、さまざまなマボロシに逢えました。


オンガクは広くて、深い。
楽しみは尽きない。

うれしい。たのしい。だいすき。
そんな気分です。

本日以上。ありがとうございました。


スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 ふつうのブログ。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.