ふつうのブログ。
好きなもの、スキナコト、たのしい、うれしいを。いつも。ふつうに。
自己の哲学。
という本を読み終えました。
(正式表示は「<自己>の哲学」)
著者は、成城大学名誉教授である黒崎宏氏。

哲学は、学生時代に出会い、でも、授業を受けた限りでは、
宗教的だな!?っという印象のみで、ほとんどよくわからず終いでした。。

それから、社会人になり、「爆問学問」というNHKの番組で、
東京大学の野矢茂樹教授の出演されている回に出会い、単純におもしろく、
なんだか気になる分野に変わりました。

その後、野矢教授が書かれたいくつかの本を読み、その世界に
“笑える”とは異なる方の「おもしろさ」を見出しました。

ただ、完全初心者なので、なかなか没頭もせず、気の向いたときに、
哲学っぽい本を読むような程度で過ごしてきている。
そんな感じです。

掲題の本も、今年の夏くらいに買って、読みかけてほったらかしでした。。
でもなぜか、読みたくなって昨日今日で一気に読み終えました。
年末なので、やり残したことを少しでもへらしたかったのかな?


まあ。そんなこんなで。


で。
やっぱりおもしろいなぁ。っと。
もちろん、わかりきれた!っと言えるほどではないですが、
所々、イメージが掴めるところがあって。
それが非常におもしろい、楽しい。うれしい。

ただ、過去のさまざまな哲学者の文献や記録に対する、
“著者の解釈”が書かれているものなので、
その対象であり、基となる方の、思想や傾向を知りたくなっています。


これから、より広く知るための「きっかけ本」のになりそうです。


…もっと勉強しなくちゃ!

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 ふつうのブログ。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.