ふつうのブログ。
好きなもの、スキナコト、たのしい、うれしいを。いつも。ふつうに。
勘三郎、荒ぶる。
小松成美。

大好きだった、サッカー中田選手に関する書籍をいくつか書いている
著者の本に偶然出会いました。


本書の中村勘九郎、現・勘三郎氏については、
歌舞伎役者であることやその顔、ふたりの息子の親、
というようなことくらいしか知りませんでした。

が。
出会ってみるものです。

そこには、素晴らしく魅力的で、熱意ある役者さんの心・魂と、
まわりを取りまく温かな想いがありました。

強い心意気と意思、人との繋がりと、そのひとつひとつを大切にする感情がありました。

想いの、思いの、伝達がありました。



…いくらコトバを並べても、表現しきれない“素敵”が詰まっていました。


うまく語れないのが、もどかしいですけど、歌舞伎を見てみたくなりました。



人を信じてみたくなりました。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 ふつうのブログ。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.