ふつうのブログ。
好きなもの、スキナコト、たのしい、うれしいを。いつも。ふつうに。
新横浜でナノムゲン!!その2。
っというコトで、忘れないうちに続きです。

休憩をはさんで、ユニコーンさん。
エネルギッシュ。っという表現が浮かぶようなステージ。
点在するユニコーンファンのみなさんが、
なにやら光るグッズを振り回していて、準備がすごい!と驚きました。とさ。


そして、THE RENTALSさん。
初めて。見ます。聴きます。
(ナノムゲンコンピアルバムに収録されている1曲だけは知っている)
だけど、1曲目から。いや、登場から、なんだかすごく魅力的で、気づいたら、夢中でした。
そもそもうたっているマット・シャープさんが、ステージ上を縦横無尽に動きまわり、
飛び跳ね、めちゃくちゃ楽しそうで、とてもステキでした。
その空気感が客席にまで届いたような、そんな風でした。
あと、ASHのティムさんのギターがかっこよかった。
聴いてみようと思います。ASHも。

新しいトビラ、開いたー!


続きまして、THE YOUNG PUNXさん。
DISCO MUSIC的なあのノリは、絶対です。
ノラないはずないし、ノレないはずないリズム。
なんにも考えずにただただ楽しい。
そんなステージでした。
SOIL&"PIMP"SESSIONSさんとの共鳴もさすがに楽しかった。です。


そして、the HIATUSさん。
CDでずっと聴いているバンドだけれど、ライブを見るのは初めて。
どきどきしている中、サウンドチェックで、メンバー登場。そして1曲。
もう、ワー!です。笑。
細美さん、うたってるー!ワー!です。笑。

で、本編。
もう、完璧。にカッコイイ。
あと、勝手なイメージで、淡々とうたい、MCなんてほぼなくて、
さらっと帰ってしまうんだろうと思っていたのですが、
そんなことは全然なくて。
客席をちゃんと(?)みてたり、たくさん話してくれたり、おもしろかったり。
そういう全部が、勝手なイメージと違って、ビックリして、だけどめちゃくちゃうれしくて。

ナノムゲンを開催し続けているアジカンさんや、
THE FUTURE TIMESを発行し続けている後藤さんへのコメントとか、
めちゃくちゃいいバンド見つけたね。一生ついて(行)った方がいいよ。っという
ファンへのコメントとか。
そういう全部がとてもかっこよくて、うれしくて。
完全に心掴まれちゃいました。
楽しかった。うれしかった。というステージでした。
次のツアーは行こう!


そんなこんなで終盤。
OWL CITYさんの登場です。
ナノムゲンコンピで、1曲聴いて、あっという間にはまっちゃって、
過去の2枚のアルバムをほどほどに聴いてたので、期待もカナリ高く。
そして、スタート。
THE RENTALSさんでも思ったのですが、
海外のアーティストさんは、(照明が点く前の)薄暗い中を
それぞれの立ち位置につくまでの振る舞いが妙にカッコイイ。
あれってなんなんでしょうね。笑。

そんなことを思ってる間に、知ってる曲たちが続々と。
自分が思ってる以上に、ピョンピョン跳ねて、腕ふって、遊んでました。
ステキにカッコよかったー。


ラストはもちろん。ASIAN KUNG-FU GENERATIONさん。
客席の熱もさすがにすごい。
わー!って、ひゃー!って言ってる間に結構終わりました。
嘘です。笑。
うれしくて、すばらしく楽しくて、いい空間でした。
(全部おんなじようなことばっかりですけど。笑。でも、ほんとう)

アンコールで、マットさんとティムさんとアジカンのコラボ。
さらにスカパラ兄さんと再度コラボ。
なんちゅう贅沢。さいごまで贅沢。


MCで、後藤さんがたくさんありがとうを言ってくれていましたけれど、
こんな機会をずっと作り続けているみなさんにもありがとう。と言いたかった。
言ってたかも。

最初から最後まで全部。たのしかった。
完全燃焼でへとへとで帰宅しました。とさ。


また来年!



おしまい!

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 ふつうのブログ。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.