ふつうのブログ。
好きなもの、スキナコト、たのしい、うれしいを。いつも。ふつうに。
インプット・デイ。
っというコトで。
ゴールデンなウィークのはじまりの1日は、
インプットデイ。にしました。

まずは、気になっていた「SWITCH」で、スタート。
switch.jpg
さまざま、しっくりくる表現が満載でした。
マツコ・デラックスさんと編集者さんの世間話。


それから、これまた気になっていた本。
bokura.jpg
ぼくらは未来にどうこたえるか」です。
2013年に開催されたシンポジウムを文書化した作品。

大澤さんの講演で、
比喩で使われた"半沢直樹"や"あまちゃん"の内容が、
思った以上の情報量で、若干びっくりしたり(笑)、
木村さんの講演内容で知った
自民党改憲案の内容の感じにびっくりしたり、
中島さんの死者とのつながりに係る表現に、
気付くことがあったり。
(今日はここまで。)
興味深かったです。とても。


それから、映像作品へ。
能動ばっかりだったので、受動です。

pieta.jpg
トイレのピエタ
これまで、まったく聴かなかった、聴けなかった
RADWIMPSさんが、この春から、
まさに4月から聴けるようになって、
急に急激に夢中になっていて。
なので。この作品を。

登場する高校生がめちゃくちゃ魅力的でした。
永遠に"怒って"いるエネルギー。
感情むきだし。熱。
それがとても。

あと、主人公が窓ふきの仕事ができなくなってから以降の、
窓ふきのシーンが、とてもよかったです。
なんだか。グッと。


ほいで、撮りためてたドラマ
「ゆとりですがなにか」の第1話。遅。笑。

ゆとりかどうか微妙らしい世代が
キレたり集ったりするのにも、
ザ・ゆとり社員の言動にも、
"これだからゆとりは"って、言っちゃうような、
管理職あたりの人にも、
老齢の取引先の人にも、
近しい感情がないなぁ。って
観終わって思ったけれども、
そのどれもが自分の世代ではないのだから、
それはそうか。と。
第2話はまた後日。


そんな連休のはじまり。


さすがに家にこもりっぱなしはよくない。
ということで、はじまりのおわりに、散髪。

こればっかりは、永遠にしっくりいくことがない。

アウトプットの練習ってどうすりゃいんだろう。。。。





おしまい。




スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 ふつうのブログ。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.