ふつうのブログ。
好きなもの、スキナコト、たのしい、うれしいを。いつも。ふつうに。
絵と漫才を観に行くの巻。
っというコトで。
イロイロ観に行ってきました!


まずはコチラ。
IMG_-8i39ck.jpg
羽海野チカさんの原画展です。

入るとすぐに、
コミックの表紙画だったり、タイトルページだったりの
カラーイラストがたくさんならんでいて、
とても鮮やか。
で、ふと気づいたのが、"塗らない"白。
画用紙そのままの白の使い方が、すごいな。って。

でも、会場中をまわるうちに、わかりました。
マンガって、基本白黒だわ。って。笑。

線を引くか、引かないか、
黒を塗るか、塗らないか、
トーンを貼るか、貼らないか。
そういうシンプルな世界。

そのなかで、あらゆるシーンを
描きだすのだから、白という表現が重要となるのは、
わかるなぁ。と。
なんとなくだけれども。

あと、マンガとして読むときには、
(印刷によって)感じられなくなっている
黒塗りや、線の強弱が、当たり前だけれど、
はっきり見えて、ほんとうに、手で、書いているんだな。っと。
その質感によって、生み出されている現実感が、
伝わりました。

すごかった。

もう終わってしまったけれども、
もし機会があったならば、どうぞゼヒに。



それから、漫才を観に、東京キネマ倶楽部へ。
ツッコミの西野さんが独演会と銘打って、
8月12日~19日まで、毎日公演。
そして、この日は"独"演会の名の下の
キングコングライブです。
相方梶原さんをよんでの漫才です。

キングコングとして、漫才をした後、
独演会としての西野さんひとりしゃべりが
あるのかな?っと思っていたけれども、
時間全部で漫才でした。
およそ1時間30分。

ものすごいエネルギーの中、
めちゃくちゃ笑ってきました。
まじで最高。
笑い過ぎて涙。みたいな経験を
たぶんおそらく初めて体験しました。笑。

それくらいすごかったです。

その空間にいる人たちみんなで、
ただただ笑ってるってすごいです。
平和。

またきたい。そう思います。



いい1日でした。
8月15日。


おわり。

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 ふつうのブログ。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.