ふつうのブログ。
好きなもの、スキナコト、たのしい、うれしいを。いつも。ふつうに。
「君の名は。」
っというコトで。
観に行ってきました!!早速!

予告編で、「何者」が入っていて、
主題歌“NANIMONO(feat. 米津玄師)”が聴けて、
勝手にうれしくなって、
さらに"はじめまして。"って、うたってる声が聴こえて、
はじめましてだねぇ。って、勝手にうかれました。笑。

本編はじまって1~2分くらいは、
「米津さんの曲聴けたー」っていう、
うれしみが漂っていました。長い。笑。

でもすぐにお話に入って。


画の綺麗さとキャラクタの面白みに惹かれた導入。
グゥワァ。って、まだ言語化できない、でもとてもつよい感情に
包まれた発見。
続く、ハッとするような、すれちがい。
(それまでとその先を想像して、
俯きたくなったくらいの心持ちと反対に、
あごをあげるくらいに上を見て、さいごまで。)
繋がりと途切れを繰り返す後半。
そして、すれちがい。
手のとどく瞬間。
空白。
そして。


めちゃくちゃおもしろかったです。
そして、美しかったです。
物語も。画も。

あるシーンで、背景が"滲む"というか、
"ぼやけて"いるトコロがあって、
それが自分の視界として、滲んでいるの(泣いているせい)か、
効果として滲んでいるのか、
判別つかないような瞬間があって
これすごいな。って。絶妙か。って。

あと、ぐうぜんとなりに座ったおじさんが、
両手を組み合わせて、
祈るように見ていたのがチラチラ視界に入って、
そうしたくなるのもわかるわー。とか思ったりも。笑。


いい時間でした。とても。

RADWIMPSさんの曲たちそれぞれも素敵でした。
さすが、映画と共に時間をかけて創ってきた楽曲たち。
アルバムの引力がすごいです。


機会があれば、ゼヒ。
映画も、音楽も。



おわり。




そういえば。

エンドロールで、RADさんメンバー3人の名前が
流れた気がして、えっ?て思ったのですが、
気のせいですかね。笑。
山口さんも、武田さんも、桑原さんも、
苗字的には、いるにはいますよね。



おしまい。

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 ふつうのブログ。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.