ふつうのブログ。
好きなもの、スキナコト、たのしい、うれしいを。いつも。ふつうに。
「エルネスト」へ。
ひさしぶりに映画館。

テレビを見ていたら、ナニきっかけだったのかは
忘れてしまったのだけれども、
この作品のお知らせがあって、
これはみなくちゃ!と。

あと、阪本監督×オダギリジョーの過去の作品、
この世の外へ クラブ進駐軍」が
大好きすぎたので、それも手伝って。

で。
ドキュメンタリに近いようなキューバ・ボリビアでの
革命戦線のストーリ。

チェ・ゲバラが日本で見たかもしれない景色や、
交わしたかもしれない言葉、
エルネスト(フレディ)が、ゲバラやカストロと
交わしたかもしれない言葉のひとつひとつが
重かったというか、強かった。と。
伝わりました。

あんなにもつよく在る、生きるということについて、
どう思ったらいいのか。とも。
まだ的確なコトバがつかめないのだけれども、
あの在り方と今の自分の生き方と。
もちろん全然環境がちがうのはわかっていて、
それでも。
この感覚をどうにかコトバを見つけたいなと思っています。
いつになってでも。


とにかく、観に行ってよかったと思えたし、
たくさんの人に、この作品を見てほしいな。と思いました。

ほんとうに。心から。
ゼヒ。映画館へ。

エルネスト

あと、キューバやその時代の背景を
知らなさすぎるコトに気付いたので、
ガクシュウしようと思います。


おわり。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 ふつうのブログ。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.