ふつうのブログ。
好きなもの、スキナコト、たのしい、うれしいを。いつも。ふつうに。
日比谷野外音楽堂へ!
ぼくのりりっくのぼうよみ野外公演です!

「遺失物取扱所」と題したステージは、
これまでの音楽活動のなかで、
つくってきた作品たちを、
失くしたり、忘れたりしないように、
すでにそうしているかもしれないけれども、
それをもう一度取り戻そうとするように、と。

薄暗くなり始めた頃の開演。
はじまりは軽やかに"after that"。
それから「hollow world」の曲たちをいくつか。
"CITI"で、今回参加した須藤さんのベースが
うなって響いて、めっちゃかっこよかったです。

ほいで、「Noah’s Ark」を再構築。というか、
別のストーリーに仕立てて、5曲。
この勢いがすごかった。
シングルカットの方の"Be Noble"を
ライブではじめて聴いたのだけれども、
それがとても美しかったです。
詞がよく響いたように受け取りました。
素晴らしかった。

で、一旦チルアウトして、復活。
「SKY's the limit」でワー!ってなったけれども、
この後畳みかけるワー!って曲ないよなぁ。って、
こっそり思っていたのだけれども、
新曲!が来ました!
音がたくさん入っているなぁ。って。感想です。笑。

その後にも別の新曲を。
くらいうた(≒暗い詞を使って、でもどっか前をみるような、
いや、結局絶望するような曲)好きだよなぁ。って思う。
真骨頂。

この後だったかは定かではないのだけれども、
たくさんの人たちが関わってつくられたステージについてや、
聴いてくれる人たちについて、という、
これまでになかなか触れられてこなかったことをMCで。
それらを踏まえて進んでゆく所存。という一言。
これを聞けたのはなんというか、ほんとう、うれしかったな。と。

正直なところ、このステージまで、ぼくりりくんが
ほんとうに音楽を続けているのか、ぼんやり不安だった
トコロがありました。やめちゃっててもおかしくはないかもな。的な。
でも、あの、このMCで、なんかよかったな。って。単純に。
そう言えるようになったんだな。と。

そんな風に終わって、アンコール。

前日のtwitterで、「クビナワやりたいなー」って
つぶやいていたけれども、それがほんとうになるとは!
電波少女ハシシさん登場。
ササノマリイ氏は、不在だったけれども、
とても貴重でおもしろい時間でした。
インターネット先輩。っていうのね。とかね。笑。

ほんとうのラストにもう1曲新曲。
JAZZより好きだねー!が解放された曲。

さまざまなフェーズが圧縮されたような、
おもしろくて、興味深くて、楽しかったライブでした。

さぁ。これから!ですよね。
キタイガスゴイ!!!

アルバム「Fruits Decaying」より、
"罠"配信中!!


おわりー!



スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 ふつうのブログ。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.