FC2ブログ
ふつうのブログ。
好きなもの、スキナコト、たのしい、うれしいを。いつも。ふつうに。
渋谷で弾き語り!!
2年連続通算2回目。
小山田壮平弾き語りツアー東京公演へ。

ゲストは折坂悠太さん。
この公演のちょっと前、ひと月半くらい前に、
アジカン後藤さんがTwitterで、めちゃくちゃいいよ。的な
紹介をしてくれていて、それきっかけで、
youtubeでいくつか聴いて、なんだかよくて、
どんどん聴いていたミュージシャン。
思い出したのは、Sparkling Records
発足イベント的なときに、客席から呼び出されて、
ダイバーという曲をうたっていたこと。
そういえば。あの人だ!と。

で、認識して初めてのステージ。
が、めちゃくちゃ素晴らしくて。
満員御礼のフロアは、なかなか視界が狭くて、
うたうその表情や、ギターを弾く手元なんかは、
きちんと見れなかったのだけれども、
それでも届くうた声が、素晴らしかったです。
どんな風に音を出しているのか、
謎な感じの声のエフェクトが気になりすぎたので、
また聴きに行こうと思います。近いうちに。

で、壮平くんの番。軽快に登場。
"グロリアス軽トラ"ではじまって次々と。
"青い空"でトリハダ。
目の前でうたっているのに、
嘘みたいだって感じてしまうくらいの
まっすぐな声。届く声。
そういう瞬間がいくつも。

"Stand By Me"が素敵だったし、
やっぱりどうにも大好きな
"ベースマン"がうれしかった。
アカペラの"愛して止まない音楽を"が楽しかったし、
折坂さんとともにうたった"遠くへ行きたい"が
素晴らしく美しかった。

アンコールでの
"16"、"兄弟"はもう、言葉もない。
"投げKISSをあげるよ"から"革命"
というめちゃくちゃにハッピーな流れで
おわり。

アルバム「革命」を聴きながら、
大濠公園をランニングしていた時期を
思い出したりするエモい瞬間も。
あの頃も、今も、音楽が支え。


期待を募らせて行ったけれども、
それをとおく超えていくあのうた声を
これからも。と思います。
また来ます。ありがとう。
そんな夜。


おわり。


あ。そういえば。

折坂悠太さんのひっかかりは、これ。

からの


で、好きなのはこれ。です。




いつか、ライブハウスで逢いましょう。


ほんとうにおわり。






スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 ふつうのブログ。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.