ふつうのブログ。
好きなもの、スキナコト、たのしい、うれしいを。いつも。ふつうに。
バンドのお祭り。
ACIDMAN presents SAITAMA ROCK FESTIVAL "SAI"へ。
行ってきました!
Fotor_151140163277467.jpg


はじまりは10-FEET。
ぜいたく過ぎるメンツの中のトップバッター。
盛大な幕開けにふさわしい勢いとエネルギー全開のステージ。
さすが。
フロアも応えて、朝イチ(10時!)からでも人が飛ぶ。
サークルができる。午前中のあの光景は貴重。笑。
ACIDMANに扮して鳴らされた「赤橙」も貴重。
スクリーンに映された大木さんの笑顔が素敵でした。

続いて、MAN WITH A MISSION。
ここもまた熱がすごい。
全部みんな知っているでしょう!くらいの
駆け抜けるようなセットリストで、
会場の熱気を一層上げて去っていきました。
「My Hero」での終わりがなんだかよかったです。

ここで、早めの休憩。
IMG_20171123_143835_798.jpg


で、ASIAN KUNG-FU GENERATION。
なつかしくも新しい「サイレン」や「Re:Re:」が素晴らしかったです。
あと、山田さんが楽しそうでうれしかった。
それから、選曲も、ステージ上での雰囲気というか
振る舞いというか、そういうものも、MCも、
客席との距離感なんかも含めて、
その空間を構成するすべてで、ロックスターだなぁ。って
感じました。
ふつうで、ふつうに、スターでした。それを実感。

the HIATUS。
仮にどんな曲が鳴っても、目の前で楽曲が聴けることに、
うれしみが高まってしまうバンドなのだけれど、
ピアノ一本でうたってくれた「Little Odyssey」は、
素晴らしいとか貴重とかを超えた1曲でした。
美しいのだけれども、それでは足りない。
大切にしたい歌声で、音楽でした。
あとはやっぱりうれしみとよろこびが強烈で、楽しかったです。
最高。

BRAHMAN。
これまで何度かステージを見たことがあるのだけれども、
今日このライブで、めちゃくちゃカッコイイじゃないか!に、
ようやく気付けました。遅。笑。
つよさの中のやさしさみたいなものとか、
強烈な感情の発露みたいな音とか、
客席と"1対1"というのは比喩だけれども、
そのくらい真正面で表現していく姿が
めちゃくちゃにかっこよかったです。もうめちゃくちゃに。
終わって、スマホのロック画面を
TOSHI-LOWさんにしちゃうくらいに。笑。

RADWINPS。
「夢灯篭」から「前前前世」で会場の空気を
完全に掴み切ってからがはじまり。くらいの感じで、
その後の流れがすごかったです。
4月に行ったワンマンくらいのホーム感。
RADWINPSのための時間でした。
それをここで感じるってすごいな。と。
天才。

Dragon Ash。
特有の空気の中で、目立ったというか、
ものすごく記憶に残ったのは、kjの笑顔。
こんなに演奏しながら、うたいながら、笑うんだ。
って、びっくりするくらいの表情を何度もしていました。
さらに、曲中にはさんで鳴らした「ある証明」。
本当にほんとうにACIDMANへの、
20年続けたバンドへの敬意というか、
祝福が溢れていたステージでした。
強い。


STRAIGHTENER。
ここはもう夢かと思うくらいに大好きな曲ばっかりで、
「ROCKSTEADY」ではじまりなんてアツい!とか、
「シーグラス」キター!とか、超絶大好き「DAY TO DAY」を
演奏してくれるんですか!とか、ただただ目の前で鳴らされる
次々の曲たちを楽しんでいたら、
あっという間におわってしまいました。笑。
こんなにも好きなバンドなんだねぇ。って自分で再確認。

最後にACIDMAN。
あぁこの声だ。この声を聴きに来たんだ。がすごい。
新しいアルバム「Λ」(ラムダ)の曲も、
「赤橙」も「ある証明」も、それから鳴らされた全部で、
今のACIDMANでした。
これまでもあったしこれからもあるんだろうけれど、
今日の、その鳴っている時間だけで。
(大木さんのMCの影響を多分に受けています。)

はじまりで逢って、ちょっと離れたり、
また出逢いなおしたり、
また離れたりしているバンドなのだけれども、
こんな素晴らしいタイミングで、また逢えるなんて最高です。
「Λ」を待ちましょう。


バンドのすごさを、かっこよさを聴きつくした
最高の1日でした。
2017年11月23日。



手を伸ばして掴んだ星は、
脆くも破れてしまったけれども、
物理ではなく、心理の方では掴んでいたいと思います。
Fotor_151144042843666.jpg


おわり。


スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 ふつうのブログ。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.