ふつうのブログ。
好きなもの、スキナコト、たのしい、うれしいを。いつも。ふつうに。
ビッグなお知らせ。そして、合奏がすごい。
Twitterで本日正午、ビッグなお知らせがあります。
と流れてきたのを見たのが、正午数分過ぎ。

そのビッグなお知らせとは。と、追ってみると、
新作リリース!とのこと。
これは!と、思い立って、ライブを見に行ってきました!

このライブについては、行こうかどうしようか
どうにも迷っていて、行ったら楽しいことはわかっていて、
でも水曜日だしな。とか、もっと別な機会があるかもな。とか、
そういうなんやかんやで、決めきれずにいました。

でもビッグなお知らせがあって、
もうおめでとうの気分がすごくて、
それが今日なら。ということで、決断。

下北沢440
折坂悠太(合奏)さんと、馬喰町バンドの2マンへ。

ライブハウスかと思って行った下北沢440は、
お酒やごはんとともに音楽を愉しむ感じの
着席スタイル。
ステージにはバンドセットが組まれていて、
いつかみたギターと、
左足をのせるようの台座みたいなものがあって、
折坂さんからはじまりだ!ってうれしくなりました。

で、はじまり。これがすごい。
いままで2回は弾き語りで、今回初の合奏。
雰囲気が全然ちがくて、でもそれもめちゃくちゃよくて。

弾き語りが"素晴らしい"だとしたら、
合奏は"楽しい"。
そんな感じ。(あくまで、"感じ"。適切な語彙がほしい。)

当たり前なんだけれども、
たくさん音が鳴っているっていうのは、
楽しいし、感覚も変わってくるし、新しい。

それが全部いい方向にあって、
めちゃくちゃによかったです。

ハンドマイクでうたう姿と、
弾き語りとはちがう風に弾く(ようにみえる)
手の動きが新鮮でした。

あとベースを弾かない曲で、ベースの人が、
隅っこに体育座りしちゃうのがおもしろかったのと、
さらにそのベースの人が最近マンガを描いていて、
ピアノの人が、本職は編集さんらしく、ダメ出しをしています。
みたいな、メンバーとの空気感というか距離感みたいなものが
素敵でした。


まぁなんていうか、完全によかったです。
合奏。

また行きます。独奏も合奏にも。


とりあえず2018年1月17日を待ち遠しく思います。

そんな水曜日。


おわり。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 ふつうのブログ。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.