ふつうのブログ。
好きなもの、スキナコト、たのしい、うれしいを。いつも。ふつうに。
寒さに飽きる。
辛いものを食べて、味覚的には大丈夫なのだけれど、
胃がどうにかしちゃって参る。
でも食べたくてまた食べる。という妙なサイクルを
繰り返しています。
みなさんいかがお過ごしでしょうか。

毎年思っているような気がしますけれども、
さすがに飽きましたね。冬。
朝起きて、「寒っ」って感じる時間がなんだかなぁ。って。
もったいない。

話は変わって、
先週に折坂悠太さんのレコ発に行ってきました。
半年に1回くらいやってくる、かなしみの休日出勤が
あったので金曜日に記録できませんでした。
なのでいまさらですが、振り返り。

ステージにたくさんの楽器が並んで
期待感抜群の中、
はじまりは、あだち麗三郎クワルテッットさん。
ギターを抱えつつ、トランペットを鳴らす方がいて、
その光景がはじめてすぎてびっくりしました。笑。
曲がすすむにつれエネルギーが増して、
会場が温まってゆく感じがメキメキにあって、
素敵でした。

次いで一人で鳴らす井出さん登場。
いろいろあるけど、ハートつよいな。ってずっと。
笑。

そしてついに折坂さん。
クワルテッットさんよりもさらに楽器数が増して、
なにが起こるのか。とさらに期待感増幅。

ギターを持たずにハンドマイクで数曲。
ギターを弾いて数曲。
勢い。と表現するのがただしいかどうか
わからないのだけれども、そういう感じがすごい。
自信。みたいなものも。
ステージ上で鳴るたくさんの楽器の音とうたごえ。
それらを1個ずつ耳でさがしたり追ったり、
合奏として聴いたりしていて忙しかったけれども、
おもしろかったです。夢中な時間。

一番最後に演奏された「芍薬」が最高でした。


また聴きに来ます。


2月は早い。



おわり。



スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 ふつうのブログ。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.