ふつうのブログ。
好きなもの、スキナコト、たのしい、うれしいを。いつも。ふつうに。
ぼうよみではない音楽を聴きに。
まいにちまいにち生きているだけなのに、
おなかが空くなぁ。とよく思います。
飽きもせずにまいにち空くねぇ。と。
最近は特にその感覚が多くあって、
その燃費の悪さに困っております。
みなさんいかがお過ごしでしょうか。


ついに、待ちに待ってた、
ようやくこの日が来た!と、
期待感のすごい3月15日をむかえました。
ぼくのりりっくのぼうよみ TOUR 2018 Fruits Decaying
ファイナル東京公演です。

「罠」ではじまり、もうたのしい。
『Fruits Decaying』からも、それ以前の曲も続々。

野音のときも思ったのだけれど、
ベースの須藤さんのまわりにある楽器の数がすごい。
曲ごとにそれらをとりかえて合わせて、
それで鳴るそれぞれの音が、
めちゃくちゃにかっこよくて
耳と目がしあわせでした。
音のカッコイイ!がすごい。

あと、ぼくりりくんがMCの度に
にこにこして話しているのとか、
左手を自由に、華麗に動かして表現したり、
客席をのぞいたりしつつ、楽しそうにうたっているのが
とてもうれしかったです。
時折、マイクにエフェクトがかかって聞こえる声や
ハモりの音声とともに響くうた声も素敵でした。とても。

中盤、
「朝焼けと熱帯魚」から「つきとさなぎ」
ほいで「Be Noble」と続いて、
これら楽曲の共通点はなんでしょう?って
問われて気付く、大好きな曲ばっかり。
ササノマリイ氏の楽曲たち。

今日どこかに来てます―!ってぼくりりくんが言うと、
客席みんなで振り返ってうしろの座席を探す。
すごい端っこの席で手を振るササノマリイ氏。
客席みんなで手を振り返す。みたいなくだりがあって
その時思ったのが、細っ!って。笑。
距離があったから小さく見えるのはわかるんだけれども、
その距離があっても"細っ!"って思っちゃうくらいには、
細かったです。(なんの感想ですかね。笑)

そんなやり取り終わりで、「CITI」へ。
このつくり方、この流れすごい良い。

そのあともたくさん。

メンバーみんなの"めっちゃカッコイイソロ"を
盛り込んだ「playin'」が、最高。
"ぼくりりバンド"が完成してました。
あのセッションはすごい。アツい。
その熱量を発した後に
「たのしいせいかつ」で締める。
っていうのもぼくりりっぽくてさすがでした。笑。


アンコールで、「Noah's Ark」「Collapse」を
続けてうたってくれているとき、
"あぁ、終わってしまうんだ"という、なかなか
感じたことのない感覚がきました。

ライブでは概ね、
"楽しい"とか"素晴らしい"とかが全部で、
最後まではしゃぐことが多いのですが、
そうではなくて、"終わっちゃうんだな"って。
"終わってほしくない"ともちがうような、
でもそんなような。フシギな感覚でした。

で、最後に「罠」をやって、わーい!って
締まるはずが、ぼくりりくんの要望で、もう1回
「Butterfly came to an end」!!!!
バンドのみんなも、え!?やるの?どの曲?みたいに
ざわざわしたりして(笑)、でもはじまったら完璧で。
客席も、え!?演ってくれるの?
ヒャッホイ!みたいなエネルギーが放出されてて、
とてもしあわせとたのしいで満ちた最後でした。


楽しさで満ち過ぎていて、
急いでもないのに小走りで帰ってきました。笑。
しあわせですね。
春の1日。

明後日また聴けるなんて夢みたいです。



おわり。







どちらも素敵でしょう?


スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 ふつうのブログ。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.