FC2ブログ
ふつうのブログ。
好きなもの、スキナコト、たのしい、うれしいを。いつも。ふつうに。
ヒトリエを聴きにゆく
ai/SOlate」が発売された12月から
年末のCDJをはさんで、3か月。
待ちに待ちすぎて、季節も変わりました。春。

UNKNOWN-TOUR 2018 “Loveless”ファイナル公演へ!

" NAI."ではじまり。
MC少なく曲が次々。
カッコイイがすごい。
イントロが鳴った瞬間に!あ!って。
これを演ってくれるのか!ってびっくりした
"日常と地球の額縁"
ハンドマイクを手にしたwowakaさんが
ステージ上を縦横無尽に動き、
めちゃくちゃに踊る"Loveless"

目いっぱいにうたって
息切れ切れの中のMCは、
その口調も伴ってとてもつよく届きました。
ほんとうに言いたいことを言ってくれている。と
まっすぐに受け取れました。
人間と人間、そしてそれを超えた何かで、
今よりも先へ行きたいと。

そのあとの"目眩"
参りますよ。この選曲。
----------------------------------------
覚えてる
僕らはいつも間違っては
その度に世界から笑われて泣いてたよ
覚えてる
それでも眩しさに夢を見る
歪な姿でもそれが僕だと笑ってくれた
----------------------------------------
とか、たくさんの箇所の歌詞が
耳でちゃんと掴めて、聴きとれて、
こんなに届くのか。と勝手にたくさん
受け取ってきました。
この感覚がとてもつよく残っています。

そこからはエネルギー爆発。
「刺され!」ときこえたシノダさんの雄叫びから、
"センスレス・ワンダー"
シノダさん特有の謎のステップもちゃんと見れました。笑。
まだの方はゼヒ一度ライブへ。

そしてもう一度。あ!と驚く
"アンハッピーリフレイン"から
照明がガラッと変わって色付いた
"ソシアルクロック"" Namid[A]me"
さらに踊って、
"アンノウン・マザーグース"
おしまいに"絶対的"

この流れ完璧でした。
絶対的と名付けられた曲は
ライブで絶対的にカッコイイです。
かっこよくないはずがないです。
絶対的に。


アンコールで出てきてくれてからは、
MC少な目の本編からの反動。くらいの勢いで、
みんなでたくさん話してくれました。

wowakaさんの、中学生時代、
英語の弁論大会に出たくなさすぎて、泣いた。
のくだりとか、
イガラシさんがツアー中、1回笑った。
みたいなくだりとか、
どんどんメンバーのキャラクタを好きになっていくしかない。
みたいなエピソードが最高でした。


で"踊るマネキン、唄う阿呆"で騒いで
"リトルクライベイビー"でおしまい。

最後の"リトルクライベイビー"が
ほんとうに素晴らしくて、思い残すことはない。
くらい完璧。でした。


新しいお知らせで「neXusツアー」を発表してくれたので、
また待ち遠しい日々を過ごします。

最高の今日をありがとうございます。



"絶対的"

おわり。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 ふつうのブログ。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.