ふつうのブログ。
好きなもの、スキナコト、たのしい、うれしいを。いつも。ふつうに。
清州会議。
っというコトで。
ようやっと行ってきました。大好きな三谷作品です。

歴史上の清州会議についてはまったく知らなかったのですが、
なんとなく歴史上の重要点感はつかめました。


三谷作品恒例の豪華な演者さんたちが
やはりとても魅力的で、そしてそれがすべてでした(笑)
そこにその人か!っと、グッとくる感じと、
そこにその人?って、不思議に思うところと、
なんやかんや入り乱れました。


小日向さん演じる丹羽氏、
佐藤さん演じる池田氏が、まんまと素敵でした。
そして、1位は中谷さん演じる寧です。
ステキすぎました(笑)

あ、あと。
それとは別に、秀吉がすごい。です。さすが。です。
中学生の時、歴史を学んでいく中で、一番大好きだった(大好きという表現は違うかも?)、
豊臣秀吉。
その感じ、"巧く"平和な感じが、とてもよかったです。


これまでの三谷作品の感じとは、すこしちがう感覚でしたけれど、
観に行ってよかったです。


天下泰平。
そんな風。


本日以上。
ありがとうございます。

2013年、あと10日。
劇場版SPEC ~結~ 爻ノ篇。
っというコトで、観に行ってきました。
おしまいのSPEC。

「清州会議」を観る予定で出かけたのですが、
気づいたら「SPEC」と言っていました(笑)


で、その内容。は、止めときまして、感想だけ。

豪華。

つっこみどころ満載。

映画にまで引っ張っ(てしまった)た結果の映像たち。

ちょいちょいはさまれる笑い。


そんな風。

SPECシリーズを最後まで見届けた。ということが、大切。
と思っています。


あとは、やっぱり瀬文さん好き。


そんな風。です。

気になった方は劇場へ。


本日以上。
ありがとうございました。


2013年、あと30日。

劇場版SPEC ~結~ 漸ノ篇。
っというコトで、行ってきました。観に。
正直全然観に行く予定はなかったのですが。

ここ数週間で撮りためたテレビ、「翔」「零」「天」をまとめて
見てしまった結果、映画館に足が向いていました(笑)


途中なので、ストーリーには触れませんが、
なんやかんやビックリします(笑)

あとは、ぜいたく。なキャスティング。


さぁ、どんな風な結びになりますか。
楽しみです。

爻(コウ)ノ篇 を待ちましょう。



本日以上。
ありがとうございます。

地獄でなぜ悪い。
っというコトで。
ようやっと行ってきました!!

地獄でなぜ悪い」です。



滅茶苦茶で最高に面白かったです。

圧倒的にめちゃくちゃでサイコウでした。



緑のポロシャツが似合いすぎでした。源くん。

美しくて、かわいくて、男前でした。二階堂さん。

組長の娘にメロメロな感じが素敵でした。堤さん。

獄中での熱唱と面会室での熱演が非常におもしろかったです。友近さん。

平気に怖いコトするのはいつも通りでした。國村さん。

映画狂加減が突き抜けていて、憧れました。長谷川さん。



それから、その他のなんやかんや。

おもしろかった。笑いました。




映画館で観れてよかったです。

もう一回。。
行くかな??


本日以上。
ありがとうございました。
真夏の方程式。
っというコトで。
いまさらですけど、観に行ってきました!!

ガリレオ先生、湯川さん。です。
湯川先生、ガリレオさん。です。


美しい海へ続く電車からストーリーはスタート。

ふつうの少年と、
妙に頑なな、都内で出くわしたら、面倒な(笑)おじいさんのいざこざ。

そしてガリレオ先生。


シーンは変わって、何年か前かの殺人事件と、とある親子の謎な会話。

さらにシーンは変わって、ある地方での、海を守りたい地元民と、
海底に眠るエネルギーを探りたい開発業者の対立。そこに、湯川先生。


その、ある地方でガリレオ先生が宿泊する民宿の経営者が、
とある親子。


その辺からストーリーがグッと進んでいきます。


「容疑者Xの献身」を映画館で観たのかどうかは、曖昧ですが(笑)、
それを初めて観たときと同じように、ストーリーに引き込まれていました。



少年と湯川先生の距離感がいいです。好きです。


あとは、大好きなバンド、クリープハイプさんのPVをたくさん手がけている
松居大悟さんが、登場したときに、「あ、松居さん!」って気づけて、なんだかそれがうれしかったです。
(もちろんストーリーには、まったく関係ありません)





最後に。

家族愛。って、泣けるよね。



本日以上。
ありがとうございました。


さぼり気味、7月。
精進します。





copyright © 2017 ふつうのブログ。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.