ふつうのブログ。
好きなもの、スキナコト、たのしい、うれしいを。いつも。ふつうに。
初フレデリック!
アルバム「フレデリズム」で
グググっと楽しくなって、
TOGENKYO」でもっと好きになって、
ついにライブへ。ツアーファイナル!

ワクワクがすごい中、開演。
演出に会場が沸く中、メンバー登場。

オンリーワンダー。
知ってるー!うれしい!からの全開。
このリズムめちゃくちゃいいな。って、
好きだな。っていう曲たちが次々で、
楽しいがすごい。

こういうただただノれて、楽しい時間大切。
って、つよく思いました。つよく。

そして、要所要所に入ってくる
TOGENKYOの曲たちがまたいい。


あとは、健司くんの手の振りというか、
動きがなんか惹きつけられるな。と思ってみたり、
すきまに入ってくる
康司くんのうたごえが魅力的だなと思ってみたり、
ギターがめちゃくちゃかっこよかったりしました。
ドラムの高橋さんが加入したおかげで、
ギターの赤頭さんが、"双子の他人"から
"ギタリスト"に昇格したらしいです。笑。

そういうメンバーの関係性とか、
話す感じとかを初めて見れたのもよかったです。


それから、曲ごとに展開される演出がとても
凝っていて、一層楽しさが増す感じがしました。
レーザーめっちゃすごいやん。とか、
映像めっちゃぐるぐるするやん。とか、
けむりめちゃくちゃ出すやん。とか。
そういうさまざまがめずらしくて、
広範囲に感心がめぐるライブでした。すごい。


まぁ、なんやかんや書いてきましたけれども、
とにかく、楽しい!がつよいライブでした。

なんでこれまで来ていなかったんだ!って
思うほどに。

だから、また行きます。

とりあえず、次はCDJ!

またよろしくお願いします!

Fotor_151385801370578.jpg
キネンノキロク。



おわり。
はじまりにたちあう。
ストレイテナーのドラム
ナカヤマシンペイさんが新しいバンド
Zantöを結成して、
その1発目のライブイベントに、
THE LITTLE BLACKも出演するという
ニュースを目にして、
行かない。という選択肢はとれなくて、
行ってきました!

Life of Zantö v.01

ライブに来たのはたしか3回目。
3回目にして、ようやく曲とリズムの感覚が
少しづつだけれども掴めてきて、
ライブがどんどん楽しくなってきています。
THE LITTLE BLACK。
もう次がみたい。

そして、Zantö。
エネルギーの爆発がすごい。
あんなドラムをバチバチに叩く、
怒っているのでは、と思ってしまうくらいに
バチバチに叩くシンペイさんに
びっくりしつつ、次々に鳴る曲が
カッコよくて次第にワクワクが
オドロキを越えていきました。
あとギターがめちゃくちゃにカッコよかった。

あっという間に終わってしまったけれども、
いくつかのシーンがアタマに残っていて、
また聴きにきちゃうな。って、
なんとなく漠然と感じています。

とにかくとりあえず、2018年を待ちたいと思います。
なんらかたくさん準備しているらしいです。


早速1月15日行っちゃう?


おわり。








Fogbound 横浜公演へ。
fogboundではじまり。
この選曲に驚いたのだけれど、
ツアータイトルにもなっているんだし、
そりゃそうか。とも。

で、美しい曲たちが次々と。

ギターを持たず、歌唱に専念する曲が多くて、
左手をうしろにして佇みうたう姿とか、
身体をぐねらせて踊る姿とか、
それが右側のライトに照らされて、
左の壁に映る影とか、目に映るすべてが
うれしかったし、素晴らしかった。

ステージセットは鉄骨で組まれたオブジェっぽくて、
後ろに流れる映像をすこし阻む感じになっていて、
すこしもったいないな。と思っていたのだけれども、
かいじゅうのマーチで、背景がシンプルになって
ようやく気付いた。
かいじゅう(のような)フォルム。
トリケラトプスっぽくてでもちがう、
角がなくて、細身で、背中の丸いような。
グググッと意味が増して、グググッとライブの中へ。


そしておそらく後半戦。
LOSER・ゴーゴー幽霊船・ドーナツホール・爱丽丝あたりの
勢いがめちゃくちゃにかっこよくて。

LOSER終わりに会場内に響いた盛大な笑い声というか、
はっはっはっは。という発声がめちゃくちゃインパクトありました。

Nighthawksではカポの位置まちがえてて、
うたいだして数秒、曲をとめて「4カポでしたー!」って、
やり直すとか、めちゃくちゃに貴重なシーンにも逢えたりして、
そういうのもなんか楽しかったです。とても。


あとは、まさか聴くことができるとは
思ってもいなかったloveとそこに流れた映像が
とても素敵でした。あの映像はまたどこかで見たい。

そして最後のMCで、
このまま5分くらい黙ってたらどうなるかな。って
言ってみたり、えぇーと。あのー。みたいな声で
隙間を埋めつつ、ほんとうにそれを達成させようと
してるみたいな間が、彼自身を全然知らないのに、
なんか、らしいなぁ。と思ってみたりしました。

ほいで、Neighbourhoodでおわるのはずるい。よね。
完璧すぎる。よ。と。


声が、喉が、しんどそうな場面もあったけれども、
それでもライブで聴いた、ひとりでうたう
灰色と青は、最高に美しかったです。



またいつか。


どうかいつか。


この声をライブで聴けますように。




おわり。



Fotor_15132586093667.jpg
ガチャガチャのカプセルが
なかなかあけられないタイプです。
このまま保管。


ほんとうにおわり。


RO JACK 優勝!
Fotor_151281517949265.jpg
THE LITTLE BLACK が参加している
RO JACK for COUNTDOWN JAPAN 17/18の
最終結果発表に行ってきました。
優勝を信じて。

あとLAMP IN TERRENのライブも見たくて。

で、遅刻しつつ到着したら、
もうテレンがはじまってて、
それが緑閃光で、失敗した―って思ったけれども、
1曲目だったみたいで、そこからいくつも聴けました。
なんとなくひさしぶり。

で、今日も気負ってました。大さん。
バシバシに。
もうそれがデフォルトなんだと思うようになってきました。
あと地球儀の真ちゃんのギターソロがすてきでした。
なんかうれしみがたかまる感じ。成長したねぇ。って。笑。

で、入賞者たちに盾みたいなものをわたすくだりを経て、
Rhythmic Toy World さんのゲストライブも経て、
優勝発表。

わりとサッと発表。

優勝は、、THE LITTLE BLACK!!

わーい!がすごい。
のび太さんがステージへ駆け込む感じがよかったし、
彩さんが、ほんとうですか?的にゆっくり登場していくのも
よかったし、マットさんの耳とか顔とか赤くなっているのが
遠くからでもわかって、なんかエモくなりました。
この瞬間ここにいれてよかったな。と。

で、びっくりしたのが、
司会の人が続けた「2組目の優勝者は・・・」のコトバ。
えぇー!優勝たくさんのヤーツ!
(ハライチのヤーツ!笑。)

さらに「3組目の・・」も続いて。
で、全3組の優勝者登壇。

転んでもチャンスはある、そして
そのチャンスをくれた選考委員に感謝すると言った
のび太さんのコメントがさすがでした。


めちゃくちゃいい日になりました。


おわり。




そういえばテレンと話す流れのなかで、
"もう解散しませーん!"て声を上げたのは
結構すごいなと思いました。もう解散しないでね。


はじまり。



BOOTLEGについて。
ようやくこの作品について、自分なりに
咀嚼できたような感覚があったので、そのキロク。


聴き始めは、なんというか、充満した新しさに
ちょっとついていけない感じがして、
おいていかれていて、1周聴いておしまい。
どうにもぐるぐる聴きまわすことができなくて。

だけれども、ふとした時に、
飛燕のイントロだったり、
砂の惑星の"メルトショック"の発音が響いたり、
春雷の"落雷"の裏で鳴る高音を思い出したりとかして。
それから、
爱丽丝の歌詞の一部に気付くことがあったり、
かいじゅうのマーチの詞の引用みたいなものに
果たして10代の人は気付くのだろうかと思ってみたり、
灰色と青ばっかりきいてみたり、
なんやかんやひっかかっていて、
めっちゃいいんだよな。って気付いて、
ようやくぐるぐると。


それで、思ったのがおもちゃ箱みたいだな。と。
全力でつくったおもちゃ箱。
さまざまな色の詰まった箱。

大好きなマンガ「3月のライオン」に、
「ふたりがふたりとも、相手を全力でぶつか(りあ)っても
壊れないおもちゃだと思っている」
(宗谷名人と熊倉名人の話)
みたいなシーンがあって、なんとなくそれを思いだしました。


作品ができるまでの大変さとか、楽しさとか、
しんどさとか、つらさとかは計り知れないし、
知る由もないのだけれど、それでも出来上がった
この「BOOTLEG」は、
聴く人が全力で耳を傾けて聴いて素晴らしいし、
通勤中とかに混雑や雑音に混ざって聴いても、
素敵さはわかるし、
例えばある1曲のために聴いても十分楽しい。
そういう、許容量の大きい作品。
あと、何が出てくるかわからない。
そんなおもちゃ箱。

できるなら、この気持ちをもって、
もう1回、初めて聴く瞬間に戻りたい。まぁ無理だけれども。笑。


おいていかれてはじまったけれども、
ここまでおいついてこれたなぁって思えたので、うれしい。

そういう金曜日のおわり。



そして、来週はツアー Fogbound。
ギリギリ間に合いました。笑。

楽しみがすごい。
会場で逢いましょう。




おわり。

copyright © 2018 ふつうのブログ。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.